女性の30才-40才はバランスが崩れる時期

ストレスとホルモンのバランスを上手く取りながら生きていく

      

アレッ?何か変と思えば即検診。例えば、生理が軽かったりヘビーな月経を繰り返しているようであればチェックすることです。体重の増加、減少は、見逃さない。ストレスだわ〜では終わらず、しっかり自分の女性ホルモンのバランスと甲状腺。副腎皮質ホルモンなどホルモンのバランスを知る。(詳細は、女性ホルモンのチェックのリンクで学びましょう)。

まずは、ストレス管理を習う。

 

からだが感じる「危険信号」を絶対に見逃さない

アレッ?とと言う具体例は、睡眠の変化、寝れないは危険。続き、頭痛、偏頭痛、月経の量が減ったとか、増えたとか、生理が飛んだとか、肩や腰の痛みが2週間以上続くとか、排便の様子とかのことです。30歳を過ぎるとホルモンの分泌が減少して、急激に変化することもあります。そんなタイミングを見過ごさない。放っておかないこと!

20代〜30代の月経不順に起きるストレスと簡単に言いますが、この心身の不安定、は 大変ホルモンにはよくないもの。もしまだタバコなどをカッコー良いと思い吸っているひとがいれば一番の血管のダメージ

卵巣が元気であれば、女性のきれい、頭、皮膚、記憶、元気、リビドなどは簡単に衰えない。そしてこの女性ホルモンをファンクション(機能)させるためにはストレスフリーでいきましょう!

 

食べない、行かない、タッチしない アメリカ産ファーストフード

 

 

 

ストレスマネージメントは女性の命

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。 簡単なホルモンキットも販売しています。頭痛や月経の量、或いは甲状腺のバランスは、髪の毛が抜けたり何かサインを体が示します。そのサインを見逃すきっちりDrへ行ってチェックしましょう。ホルモンのそして子宮筋腫だからと言って簡単に子宮を取り除くようなことはしない。代替の方法や治療があります。 女性の宝と言われるこの子宮は、とても大事な女性ホルモンの軸と思っても過言ではないです。

まず「睡眠」

睡眠が変化したらアレッと思うべき。睡眠は何よりもだいじなバロメターです。通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

老化?されど「メディカルサプリメント」 大きな差があるサプリメント

睡眠が変化したらアレッと思うべき。睡眠は何よりもだいじなバロメターです。通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

正しい女性検査を必ず毎年行う

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

女性ホルモンは全ての女性バロメーター

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

体重の増減を無視しないこと

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

予防医学の出来るDrを選択

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

女性の脳、活性化もホルモンから

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

1にエクササイズ、2にエクササイズ、3にエクササイズ

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

お肌は、内面が先 外面のバランスをとってくれる

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

筋肉もホルモン活性してくれる

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

自分のハッピー環境づくり メディテーション

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

オーガニックライフ、自然派で生きていく

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

食事ケアをする

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

腸をケアする 

口からアナス(肛門出口)ケアが凄く大事、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

HPV STD検査を必ず行う

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

HPVは子宮頸がんにつながrので必ずプロテクトする

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

 

40才からの女性のサプリ

リポスフェリックビタミンC

市販のマーケットで最も優れたビタミンCの商品です。リポゾームと言われ、従来のビタミンの吸収率ではなく、吸収率が優れている臨床が出ています。このビタミンCは、非常に高い吸収率(体内で約100%)が期待可能。免疫サポート、日ごろの健康、高濃度ビタミンC点滴療法の代替などにお使い下さい。このビtマインCha,勿論ドクターズグレードで添加物や合成は含まれていません。リポゾームC、1gには通常のビタミンCの8gに相当します。

 

オメガ3もアラスカ産、天然サケ

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード

 


記憶サプリメント、脳を王様サプリ

ホスファチジルセリン(Phosphatidylserine)ー脳のサプリメントの代表選手ともいえる、PS.。集中力、記憶力など脳のエネルギーサポートの使われるサプリメント。 


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康