50歳だから自信持って、もっとステキな女性になります

 

←をクリック

まずは、大切なアルツハイーマーと更年期障害の予防と改善を目指す!

2.ホルモンを知ってみる、、バランスとる方法、自然ホルモン補充、ドクターズグレードのサプリメントとハーブを入れて成人病の予防を行なう。

1.睡眠はどう?

2.ムードはどう?

3.体温はどう?

4.記憶はどう?

5.肌の乾燥はどう?

6.関節など痛みはどう?

7..消化?胃酸はどう?

8..膣の乾燥はどう?

9.ストレスはどう?

10.起床して疲れは残っていない?

11.週に3回は、運動はしてる?

12.お友達と出かける?

13.動悸がある?

 

育てから解放され、第二の人生を自分の趣味や今迄やりたっかた事へ一直線できる時期。そんなエネルギーは、若い女性にも負けないくらいです。そんな楽しみを保持するにはやはり健康のバランスが一番です。女性ホルモンを必ずチェックして、メタボもチェック、予防医学と言います。

女性ホルモンのバランスを上手く取る

なるべく合成ホルモンではなく、自然ホルモンで、女性ホルモンのバランスを上手く取って体に副作用なく、よりきれいに、よりハッピーに第2の人生を歩いて欲しいです。

予防、予防、予防医学

これからの医療とは、病気になってしまった後に通う病院うあクリニックとは異なって、貴方が今。健康な状態のときに、将来の疾病リスクを把握しながら、健康を維持するために通う施設だ。これがプリベンティブ予防医学と言います。 例えば、私の娘には20歳、25歳、30歳、35歳でホルモンの検査をさせてその結果を残し後、更年期時が来た際に以前あった量、レベルを知ることが可能にしてあげる。こういった知識が私の20歳代で持ってればもっと沢山の女性が快適にプチ更年期や更年期障害など沢山の女性を助けることが可能であったと思います。

免疫、免疫をキープする

免疫が低下するということは、すでに免疫が低下した時点では手遅れ、遅いということです。ホルモンはピーク時期の20歳以後は、序々に低下しているのです。世界中で増えているがん細胞も5年10年と掛かって作られる間にとにかく早期発見して、私たちの免疫を強く守ることが先決。そして元気を望むなら、何より大事な医師選択です。

今までの内科だけでは不足?

今までの時代は、ちょっと近くの内科でOKです。しかし今日からは、貴方が本当に信頼できる腕を持った医師の選択が大変重要になってきます。御自身で選択して掛かる医者さんで人生が変わるのです。こういった医師たちも研究を続けて頑張っている医師です。通常のお医者さんは大学を終了した時点で勉強も急にSTOPしています。

環境は思うより早く変化しています

なぜ??と思ってください。時代は変化、環境はドンドン変化しています。この手のアンチエイジング、アメリカを代表する医師は、週末になれば甲状腺のセミナー、翌週はコンベンショナル(通常の内科さんへの指導)、翌週は、ホルモン講習会等、それも自己投資でこういった研究、勉強を必死で頑張っている方々です。例を揚げれば、

こんな医師が必要になってくる

* 米国先端医療会議会員

* 副腎皮質、甲状腺ホルモンの名医

* 日本抗加齢医学会認定医

* バイオアイデンティカルホルモン

* 日本臨床抗老化医学会認定医

* 米国先端医療学会キレーション認定医だけではなく、経験あるDr

* 日本脳神経科学会会員

* 東洋医学会会員などで頑張っている医師!

 

出来れば、医療大国世界先端を行くアメリカのアンチエイジングのA4M会員、ACAMメンバーなどが好ましいです。

ホルモンが低下ということは、体の変化、超えがあるはずです。動けない、痛い、考えられない、体温の調節が利かない、寝れないなど。こういった変化している体調や響く声を放置しないこと。免疫がきちんと処理していれば通常の病原体やウイルスなど、きっちり処理をしてくれて病気にもならないのです。しかし、たまたま、まあ〜良いわ〜というような油断と放置が、後々ガン細胞が少しずつ大きくなったり、血管がドンドン汚れて、爆発するようなことが起きるのです。

 

早期発見、早期発見、早期発見

PETではなくがん遺伝子を検査することが、早期発見のキー

ガンの早期発見に一番良いとされる検査はPET検査ではなく、体内で徐々に増えているガン細胞を見抜ける5年、10年前にガンが発症することがわかるの検査、「ガン遺伝子検査」です。

白血球の単核球(MNC)画分に含まれる細胞(がん細胞やがん細胞を取り込む貪食細胞が存在する場合、この画分に含まれます)について、がん関連遺伝子の発現レベルを検査することで、がんのリスクを評価する検査です。通常、発現解析の資料では、基準を超える遺伝子異常の発見。そこでもし発見したら、キレーションや治療も血液クレンジング療法や高濃度ビタミンC点滴療法などを行うことが大事。

主なサプリメントは、個人にも寄って異なりますが、グルタサイオン(アミノ酸の1種)や高濃度ビタミンCサプリメントなどが必要

メチル化解析

Free DNA のがん抑制遺伝子のプロモーター配列(DNA発現の制御の配列のこと)これをメチル化して検出することで、こういったがん抑制遺伝子や不活性化から来るがんのRiskを評価する検査です。

これが日本の一般抗加齢の料金です

入会金 5万円 治療費用40万円398,000 円 来院回数 毎回の来院費用が5万円平均5回が必要。 その内容とは、生活習慣病予防改善、ダイエット、遺伝子、血液検査、食事検査など。

それに加えて、サプリメントプログラムとかが10万円ざらに掛かります。

*アメリカへ直接来て治療するほうがズッと安く安全に確かに治療が行えます。

ストレスを開放する練習とマネージを頑張りましょう!

大事は、普段より多くイライラ、不安が出てきたら上記のホルモンバランスをチェックしましょう。このホルモンが女性にとって元気でいられる大事な役割です。

そして、これ以外にリラックスして生活できる環境を自分で作っていくことが大事です。1週間に最低でも3日は歩いたり、エアロで発汗したり、ヨガへ行ったり、スイミングをしたりして必ず適度な運動(やりすぎはダメ。フリーラジカルが増えて、返って毒素を体内で生産する形になります)を行いましょう。あとは、好きなものを思いきって行い、恋をすることです。

体調の変化が出れば、アレッ?なぜ??と思ってください。時代の変化、細胞の変化、ホルモンの変化、環境の変化(ドンドン汚染されています)しています。

食事と栄養もバランスを取る 

善玉を増やして、消化を良く上手く食事を取る。緑の多い野菜を増やし、糖と塩分のコントロール。50歳になればいろんなガタが出てくることもあります。しかしそんな場合、30歳と違って見逃さないこと。食事は、なるべく日に3回より、4−5回、数回に分けて、胃腸が上手く消化できる形を取ってあげることです。炭水化物(白ごはんではなく、なるべく玄米で栄養を取りましょう。玄米もしょうゆ、ごま油、こぶで炊けば美味しいです)。

ご飯と肉、魚を一緒に食べない  消化し易いように分けてあげる

プロテイン=肉や魚を食べる際には、ご飯をふんだんに一緒に食べることを避け、コンプレックス炭水化物の野菜やサラダを一緒に取るようにして食べます。お茶漬けを食べたい場合は、時間をそらす。こういった方法です。また、プロバイオティック=乳酸菌は、欠かせない食事の1つ。ピロリウイルスなどの退治をした場合は、善玉も全て殺されます。善玉が減ってくるとやはり疾病になりかねませんので善玉を増やすダイエット(漬物の場合は、減塩でいく。うどんやそばの場合は、つゆを残す。)こういった方法を取り入れて、胃腸から始まりケアをすることが大事。胃腸に善玉を増やしいつも元気を保つ習慣を作りましょう。

 

ドクターズサプリメント

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康