k ストレス管理lストレス女性l女性の健康l女性の病気l女性ホルモンをストレス緩和でサポートでウェルネスする

ストレス管理lストレスと疾患

←をクリック

 

ストレスは健康の敵です。女性には30代、40代の女性に美、脳、ホルモンの敵です・・・

 

ストレス=免疫低下、痛み、ムード低下、炎症高進・・・・

 

疲れ?不眠?欝っぽいならこのページを読んでストレス管理をがんばりましょう

 

ストレスはホルモンへの多き影響があることも知りましょう。

 

自分のストレスの原因、ストレッサーを知る

 

ストレッサーって何?:ストレスの原因の意味です。

 

例えば、過剰な仕事、大きな心(頭)の事件、災害、事故や、離婚、別居、ペットの死別、xxさんが何かした、家族や友人との死別、事故の遭遇、ファイナンスー負債、子供とのの関係が上手くいかない、姑がうるさい、夫が浮気、夫の解雇、会社の上司が嫌がらせする、同僚と上手くいかない、スポーツの試合で負けた、オリンピックに行けなかった、怪我、捻挫、引越し・・・暑い、寒い、うるさい、これらはあなたのストレッサーになります。

女性である貴女、今・・・「会社の仕事が溜まっている、残業が多い、上司が嫌い、彼氏と別れた・・・姑が耐えられない、離婚を考えている、夫の浮気、ファイナンスの返済に追われている、子供が上手く育ってくれない、ペットが死んじゃった・・・書けば限がないストレッサー(ストレス)を持っていたとすれば、そのストレスが卵巣にも深い関係があるのです。脳とつながっている卵巣機能を低下させないことはまずは、ストレス管理が元気な卵巣を保護してくれることも1つです。

 

すでにストレスがあるのでこのサイトへ到着したと感じます。まずは、1分間 メディテーションを行い先に進むことをお勧めいたします。このテクニークが、予防医学のDrやアメリカのセラピのトレンドです。

 

心拍数も、血圧もこの1分でバランスが落ちつき効果あるさはずです。

 

Medidation ストレス管理を知る←を目を閉じて1分間 大きく深呼吸.....

 

 音量必要

アメリカを代表するコーチングの一人にDr.ウエイン・W. ダイアーという男性のカンファレンスで流された1曲です。彼の友人でもあるCeciliaとクジラの声の合唱のきれいな音楽です。 数分時間を与えてみて、もしこのクジラの声と音楽の合奏があなたの心を落ち着かせてくれるなら、これがメディテーションになる基本です。このカンファレンスには、NYのウオール街のエグエクティブ、アメリカの沢山のエリートたちがの参加する中、参加者の目から一瞬にして涙があふれていました。この脳の休息、ブレインに空気を入れてあげ、心を落ち着かせるツールこそがアドレナルのサポートであり、脳の神経を緩和させてくれます。アドレナルがどれだけ大事か?特に過去に運動選手であったなら、このアドレナルの管理は非常に大切になっていきます。アドレナルはホルモンの王様です。

こうっいったご自分で作る、メディテーションを生活へいれてあげることがいまの生活には必要です。気がつけばがんになっていた、脳梗塞で倒れた、パーキンソン、糖尿、アルツハイマー、いろんな障害があるなら益々、このメディテーション=呼吸をして脳、セルへ酸素を送ってあげることが大事です。NYでは過去にないヨガブームです。日ごろあなたの生活が多忙な嵐のようなスケジュールに追われている、息を吸うことも忘れるような生活であなたが家庭を支え、仕事を1日に10時間以上も行い、パーソナルも・・・と守っていくためにには、まず資本の健康体を見つめなおすことです。健康体がなければ、仕事も家庭も何も出来なくなります。健康の資本があるからこそ、基本を忘れてはならないということです。

いくら大きく素晴らしいフォーチュンな会社を設計して雇用者が1万人居られても、もしあなたの健康が失われる生活は本当の成功とはいえません。私達のチームには実際に日本を代表する会社の会長、社長がお見えになります。そして有難きアメリカの本当の50を切る、フォーチュンエグゼクティブの生活を肉眼で見てきています。いくら資産を多く作ることが出来ても、健康はお金で買えません。リカバリーがラッキーにも出来るなら有難い素晴らしいチャンスです。遅かった、ということがないように、今からこのご自身のライフスタイルを改善して、1日に5分でもメディテーションを加えてください。これがまずの健康改善方法の始まりです。

深呼吸タイムを1日に1回最低5分間取り入れる

好きな音楽を聴く、マッサージに行く、リッツのアロマのマッサージへ行かなくても近くに何かこういった脳が休まるツールがあると信じております。宗教的ではなく日本にはお寺が非常に多いです。お金を出さずにしてもメディテーションは可能です。お茶を作法、お花を生ける、お香を香ってみることも立派なメディテーションのセラピです。最低、1日に5分。チェアー、座布団に座って、この音楽を聴くなり、目を閉じるなりして、呼吸を整え、脳、セルへ素晴らしい、深呼吸を行ってください。忙しく、多忙にしてもっとがんばりたいこそ、いま予防に力をいれて、いまある健康の財産をもっと素晴らしくキープください。これこそがアメリカのハリウッド、NYでも使われるメディテーションの実際です。

 

上記の深呼吸、息をする時間をもつこと・・・これらの環境をメディテーションすると言いいます

 

では、なぜこれらのストレスが危険性があるかを説明します。そしてストレス管理を知って、今日からストレスマネージメントをしてもっと健康を目指します。

ストレス=アドレナル=副腎皮質ホルモン、コーチゾルの働きを知る

副腎皮質は、ホルモンの王様と考えてもいいでしょう。この王様ホルモンの副腎皮質には、2つあるのですが、サイズはなんと、人差し指と親指でリングを作るサイズ、胡桃のサイズ大です。このクルミ大のホルモンが、あなたのストレスをずっと危険から守ってくれているのです。危険を救う神の役、コーチゾルと言います。下記の図を見れば、アドレナルがどんな役割をしてくれるか良くわかります。そしてある予防医学の医師の中には、このコーチゾルを守るために、DHEA-sのホルモンが減るといいます。そして代謝に必要な、甲状腺へも大きく影響します。この関連性とは、コーチゾルがストレスを受けた際に、DHEAは、抗ストレス役になるという。DHEAは、デヒドロエピアンドロステロンという、Dehydroepiandrosterone で DHEA-sのSは、Sulfated (DHEAS) でデヒドロエピアンドロステロンサルフェートと言われ、硫酸、アナログ(DHEAS)ホルモンを主に副腎皮質で作らステロイドのこと。

 

 

この図をみれば判りますが、コーチゾルとはあなたの救急隊で、上記の予防医学を研究する医師の考えは、コーチゾルホルモンが出すぎると、副腎がショボケて疲労感を生み出します。そしてこるちぞるが最終的に出ないようになることもあります。こうなれば、免疫低下、倦怠感の続き、8時間寝ても起きれば疲れている、痛い、こういった症状が出てきます。例:「さっき満タンにしたガソリンなのに、エンジンが掛からない車・・・」という考えでしょうか?これがコルチゾルの疲労でストレス体のシンボルです。このコーチゾルは、上がり過ぎても下がりすぎてもダメなのです。コルチゾルには、サケーディアンリウムのように、まるでお日様の昇りと共に上がっていき、夕方には、落ち着き、夜には静まるのです。しかしこの副腎が、夜にもガンガン高くなれば、寝れない、痛い、うつっぽいこういった症状が出てきます。(コルチゾルの疲れの1つに、朝は疲れ、昼飯を食べればクラッシュ、しかし夕方に元気が出てくる・・・・)非常にアドレナルの症状です。

            

また塩気のスナックがほしがる、甘みをほしがるようなリピートもこのアドレナルの疲れの1つともいえます。

 

コーチゾルが出過ぎることを防ぐために、DHEAが守る、の働きをしてくれるということを研究でお聞きしているので紹介しておきましょう。

 

もし貴方のこころが、この2,3年内に大きな心のトラウマ (PSTD)、ショック、例えば、災害、解雇、離婚、自己、病気、死別、負債、ペットの死、色んな強いショックが心におきて、脳にそのショックの影響を与えたかもしれないです。ストレスが起きれば、コーチゾルは破壊にかかります。この破壊は、甲状腺、性ホルモンのバランス、免疫をも失う力もあるのです。これがストレスの怖いところです。その破壊、アドレナルの疲れは、翌日にでることは稀です。通常、PSTDのように、6ヵ月後、1年後といったときに疲れがドッと出てくることは非常に多いです。

ホルモンのバランスは、昨日まで元気であったホルモンが、突然にガタンと落ちるような襲う攻撃もあります。急に痛い、おきれない、まるでリウマチの症状によくにたものから、更年期障害の女性のように気が狂うみたいな感覚をもつことも多いです。急激なストレスは、特に女性であれば、エストロゲンというホルモンが、一揆に1/10までに減少の可能性もあるということです。そうなれば、うつみたいな、考えられない、痛い、寝れない、色んな障害、症状が起きるのです。

寄って、ストレスの管理をまず、今日、今から知ってみること。ここで、3分ほど目を閉じて深呼吸です。考えから離れることが大事です。1日に3分、5分から開始ください。

 

身体的に疲れて果て、その疲れがひどくなってきて、忘れかけから思い出せない、考えられない寝れない人がいるなら、まずは唾液検査で、1日のコーチゾルを調べてみることが大事です。例えば、引き篭り、更年期障害で多い症状の1つですが、このホルモンのバランスの改善によって精神 心のバランスも良くなることが見られることが多いということです。

 

トラウマ → セラピはNYでは欠かせられません。更年期にも心の不安ある次期には非常に大事です。衝撃があれば、その衝撃とストレスで心が痛くなった日を書きだして、吐き出す。こういったツールは、セラピにつながる1ツールです。虐待、解雇、セクハラ、負債、色んなストレスや悲しいことの経験は、完治できなくても管理が十分に出来るということです。その管理は、後ほど説明したい。強い衝撃を脳が持ったなら、脳にある大事なホルモンも勿論、乱れることと、まるで信号機が動かなくなる反応が起きる。そしてコルチゾルを使いすぎれば、怖いアドレナルバーンアウトと言われる症状も起きます。あの小さいクルミ大のホルモンが破壊されるということです。この改善には、5年かかる人もいます。チームの代表が、このアドレナルバーナウトで2度目に死に掛けています。改善、リカバリーに丸5年かかっています。

 

質問:自分が以前思い出せる間の元気な自分は一体、いつだったのか?

もし、答えが・・???であれば

アドレナルのホルモン検査(唾液検査か尿検査)&血液検査でホルモンチェックをお奨めします

この期間が、長いほどホルモンの低下症が考えられます。その低下の理由が、脳の衝撃で卵巣に異常をおこしたのか、あるいは、コーチゾルが出すぎて、生のホルモンのバランスが乱れたのか?昔は、年齢が往くから、老化するという考えから、この予防医学の考えは、ホルモンが、オプティマル的に動かないのであれば、(元気でイキイキしい〜アイディア)が、思い出せないのなら、質のいいウェルネスの生活は、ムリと考える。きっと、思い出せないほどのダウンがあるなら、原因はどこかにある、その原因を徹底して探し、治療すれば、あなたの元気度は戻せると考えます。

 

コルチゾルが疲れのときは、甲状腺もグッタリ → 甲状腺低下を見逃さないことです

TSH,Ft3,FT4,リバース3の検査が出来るなら行う・・・・

 

ホルモン検査

 

ホルモン検査をしてみて、自分のホルモンのレベルがどんな動きをしているか知ってみる。

 

ストレステストを行う

 

これからは、もっと日本にもホルモン検査が広がってきてホルモン治療も天然でできるようになってきています。血液検査は、女性、男性ホルモンなどには非常に大事です。しかしコrチゾルは尿検査、血液ではなく、唾液検査でリズムを見ることがベストです。唾液検査とは、どれだけの容量のホルモンがあるかという、レベルを教えてくれるアクティブです。例えば、私が、エストロゲンのホルモンをバイオアイデンティカルホルモンクリームを使って、1時間後この唾液検査をすれば、その唾液検査には、増量のチャートが見られる。→血液検査は、値 レンジが大きすぎるので、レベルを知りたいのであれば、このホルモン検査でも、唾液ホルモン検査 (尿検査でもOk)を行なって知ってみることです。日本では、非常に日本の遅れていますが、以前よりはこのエリアも改善しつつありです。このホルモンの検査こそが、乳癌のキャッチ、うつのバランス、更年期のサポートなどいろんな疾患、甲状腺なども入れて、元気になるミソの治療方法とツールであることを知っておくが大事です。

 

副腎皮質ホルモンは、唾液検査か尿検査で1日のリズムをみることが大事

 

血液検査も勿論同時に行なってみる。唾液検査、尿検査では、比較が可能でホルモンの値ではなく、ホルモンのレベルを計っていきましょう。

 

どれぐらいのレベルで戻せるかといえば、60歳の女性でも40才のころより、楽になったという人が入れば、最低でも10年は若返ったといえるひともこれも様々。

 

この最近、何か変・・・・ひょっとして私、鬱ではないかしら?」とか、なんだか最近欝っぽいとか、疲れがひどくて集中できない、ストレスかしら、寝れない、体力がない、翌朝も疲れがも残っているなどということがあれば、焦らずに今まで知らなくて良かったストレスが、んぜ大切で女性ホルモンに関与するかを知っておくことが大事。これは、乳癌を守ることからアルツハイマーの予防、子宮摘出しなくても良いエストロゲンのバランスを取り女性の健康の深軸まで関連する。女性の健康は、女性ホルモンなしでは、女性ウェルネスで色々と貴方の体を改善するために、学んでください。

 

Medidation ストレス管理を知る2←同じく目を閉じて1分間 大きく深呼吸.....

 

 音量必要

 

今、すでに起きれない、寝れないという辛い思いをしている人がいるなら、アメリカからセカンドオピニオンや検査などで自分の体の変化を知ることが可能です。落ち込みそうになっても一方的な独りよがりは、危険。日本でここまで深く、女性ホルモンの研究をしているチームも稀です。(医師を通じて、詳しくはサイトマップでリーダーの経歴や研究エリアの詳細をごらん下さい)。過去にいろんな病院へ行ってもムリだった人も、まず深呼吸をして、このサイトを知ってみる。きっと改善の足しになるはずです。

ストレスとは、カナダの生理学者Dr.ハンスが暑い、寒い、外傷、疾病、精神的緊張などが原因で起きる、「体が反応して生じる防御反応」と定義しています。そのストレスが起こす防御反応で起きる、或いは生まれる疾患が・・・

直接にはつながらなくても、ストレスでカンジダが増えたり、ホルモンのバランスが崩れて乳がん、アルツハイマー、糖尿病タイプ2、卵巣低下、成人病、高血圧、脳梗塞、心臓発作、心臓病、にきび、ハゲ、痛み、関節痛、うつ、ADD、ADHD、成人病、倦怠感、子宮疾患、不妊症、ホルモン不安定→疾患が起きる・・・書けばこれも限がない。

Medidation ストレス管理をる←を目を閉じて1分間 大きく深呼吸.....

 音量必要

   

ストレス→アドレナル→アドレナル疲れ→疾患→ホルモン不安定 をストレス → りムーブと言って、管理が大事です。その日、その週にストレスの発散をおきナウことが、キレイな女性を保てるツールです。

 

人間が危険と感じたときに、アラームのようにビンビンなり続ける守りに入って、音、サイレンが私たちのアドレナルが守りの神であります。例えといえば、ばあちゃんが、火事場の底力を見せるあの力こそが、アドレナリンという、クルミ大の副腎皮質ホルモンさまです。このホルモンで危険から守ってくれるのです。私たちが危険な目になると、火事場の底力が出るのはこのアドレナルのお陰です。

卵巣低下の理由は、判っていないと日本の医師は言います。しかしこの手の名医は、患者さんの歴史をたどり、研究の声には、このストレスが原因であることが非常に多いといいます。アドレナル(特にコーチゾル)とホルモンの関係は、非常に強い。私たちの体には、ストレスの要因が持ってくる上記のストレッサーから守ってくれるのは、腎臓の上にあるクルミぐらいのサイズのアドレナルが、2つある。そんあ小さい姿でも助けの力は大きい。このアドレナリンのお陰で家事になったり自己になったり助かるのは、このアドレナル様のお陰なんです。ストレスや危険を感じれば、即守ってくれる。守護人のような存在。火事場の底力が出ると言われるが、その力もこのアドレナルがだhしてくれる。貴女のために必死で体を守ろうとしてくれるのです。

アドレナルを取り除けば24時間で人間は死んでしまうといわれている。アドレナルが貴女を悲鳴を聞いて助けてばかりいて、悲劇のヒロインになっている時間は、現実にはない。どうしてこのストエrスを改善出来るかに集中してみる。アドレナルが、「Dear 貴女。私は貴女の悲鳴を聞きすぎて働き、疲れきりました・・」ということになれば、これ又大変なことが起きる。よく聞く、アディソン症候群とか、クッション症候群、アドレナル症候群とは、慢性倦怠感や卵巣低下、更年期障害、閉経、年齢も30歳でも十分にこういった障害を起こす。勿論、卵巣低下も十分可能。卵巣は、ストレスを思いっきり嫌う。

Medidation ストレス管理を知る←を目を閉じて1分間 ....

 音量必要

 

更年期女性、プチ更年期の女性のアドレナルは、疲れきっています。

 

更年期時期を通過するばあいには、大半以上の女性がこのアドレナルの疲れが出て、副腎皮質ホルモンが、疲れた状態になっている。このアドレナルを叩き過ぎて、知らずに無視。その無視したまま生活を続けると、ホルモンのバランスは崩れる、女性ホルモン低下、卵巣低下、不妊、痛み、不眠、こういった症候群から完全復帰するのにもひどければ丸2−3年ざらに掛かる。精神的に弱い人手あれば、寝たきりになるぐらい、怖い症候群。本当に辛い。だから、いまストレスを無視して叩き続けた生活をしているなら、是非ともこの生活改善から初めて改善を頑張りましょう。

 

自分が大事になる時期です

 

女性には更年期とあります。一般には月経33年といわれていますが、最近の西欧かの文化、食事などが入ってきて日本女性の食事も過去の歴史的な食事法も異なります。寄って早くに更年期を迎える人が増えている実際です。中には若年性更年期障害といわれたり、卵巣機能の低下がストレスなどによっておきたり色んな疾患も起こります。この閉経が早かれ遅かれ、こういった更年期の時期に遭遇すれ女性同士のサポートを借りて、主人でも子供でもなく、他人でもなく、長年1つで頑張ってきた女性の体を守ってあげる意識も1つです。特にシングルマザー、いろんな女性が一生懸命がんばってきた過去を振り返れば、沢山のがけを越えてきたこともあるでしょう。しかしこれが貴女の今日であれば、ご自身の健康管理が非常に大事になってきます。

この更年期になれば、あの人ではなく、自分が非常に大切になってきます。これがキレイに閉経を迎えて、よく耳にする第2の人生といわれるエリアです・・・

サバイバルで、生き延びではなく、スライビングといって、マダマダキレイに生きれる糧を作ってくることです。この時期には、娘さん、女性友達、姉妹の力をお借りください。閉経時期、前のプチ更年期時期には女性のアドレナルは非常に疲れますので、副腎皮質のサポートが必要です。なぜアドレナルが大事かということを知って、アドレナルをサポートして、ストレス管理をうまく行ってください。アドレナルが、疲れると上記のように本当に痛い疾患が起きるということも知れたはずです。この先は、ストレス管理です。免疫低下、性のホルモン低下、不眠、体力低下、リビド低下(セックス力)、全てのホルモンに負担がかかります。特にこの副腎皮質ホルモンは、女性も男性の甲状腺のバランスへも大きく影響することですので、今日からストレス管理と改善を目指してください。この時期の症状は本当にうつに似た症状です。多くの日本Drが知らずにうつの治療をしているようですが、うつではなく、こういったホルモンのバランスを知ってみることが改善の1つです。

日本人の先天的うつのレベルは西欧に比べて非常に少ないといわれています。しかしうつっぽい場合は、アメリカから直に受けれる、うつの関与を知れる脳化学物質のレベルホルモン検査を組み合わせすべてをチェックが出来ます。寄って、うつと思い込むことをしないで、できる医師とベストフレンドになるぐらいのつもりで、出来る医師の選択が大事です。レベルが低下しているだけを補うことでは不足です。アメリカで20年間すでに続いている、アンチエイジング、予防医学のメインのなるプロトコールのバランスが非常に大事。この治療を出来る医師は日本でも弊社でもお世話させていただいていますので、必要であれば アメリカの予防医学からセカンドオピニオンを取るか、お問い合わせから連絡を願います。

 

ヨガ、メディテーション、生活改善がまず第1に大事

 

アドレナルは、本当に祭るぐらい大事なホルモンということです。しかし怖くなって動かずではなく、適度な運動、運動ができないなら、発汗、サウナ、風呂、日本人にとって行きやすい寺や神社、チャーチなどは、心休まる場所です。好きな音楽を聴き、好きな映画を見て、好きなことを思いっきりすることです。こういった心休まることとと逆に心休まらない環境はなるべく避ける。友人でも悪口しか言わない人間は、この時期はお休みを頂き、とにかく精一杯自分の体が、元気になることに集中することです。プラスになるのは、グチをこぼせる友人こそがこの更年期時期には、特に非常に大事になります。

 

Medidation ストレス管理を知る←を目を閉じて1分間 大きく深呼吸.....

 音量必要

 

自分のホルモンを知ってみる → これこそが、予防ツールです

 

まずは、ホルモンのレベルを知ってみる。卵巣低下、更年期障害の時期は、このアドレナルが非常に疲れている。甲状腺の影響でもこの副腎皮質は、疲れているはず。まず普通でもストレス生活をしている人(朝から晩まで働き、休みも取らず、弊社に依頼に来るクライアントの大半がエグゼクティブとかスポーツ選手、セレブです)。生活も外食も多く、時間に制限あったり、女性でも抜群なセールスウーマンとかです。卵巣低下、子宮筋腫、子宮摘出、更年期障害・・・この時期は、まずホルモンの調整に入る前にアドレナルを元気にすることが大切。このアドレナルと甲状腺が元気なければ、性ホルモンやHGSの成長ホルモンをうっても、症状は元気も出ないままで返って症状が悪化するといわれている。

 

医者に打たれるクスリは、1日考える。何でも飲めば、うてば良いのではなく、何かを知って投与すること。いままでの医師の選び方と違います。日本のホルモンができる医師はm、非常に少ない。20年遅れで合成のホルモンを一時的に治療で必要なる以外は、もらう薬も徹底にネットでしらべて、プレマリンなどであれば、アメリカで、すでに5000件を超える訴訟です。ので、発がん性などの危険があるので絶対に気をつけることです。

 

まず、唾液検査の前に、ストレス検査を行なってみよう。数字が多いようであれば、自分のコーチゾルを知ってみる。唾液検査か尿検査でしかおのリズムは測れない。プレ更年期、卵巣低下、更年期障害、月経の乱れ、ストレス時期には、もってこいのバランスを見れる。

ストレス自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

コーチゾルを落とす場合と挙げる場合の2手に分かれます。

詳細は、改善方法から

副腎皮質サプリメント1

副腎皮質サプリメント2

副腎皮質サプリメント3

コーチゾルについては、リズムのことも詳細を説明するが、簡単にいけば、コーチゾルは、疲れていれば、人生真っ暗と思えば良い。上がりすぎていてもダメ。下がりすぎていてもダメ。まずは、コーチゾルを元気にリズム調整して、他のホルモンを元気にさせる第1の改善がこのエリア。

 

ストレスに巻き込まれない、女性ホルモンは敏感

なるべく元気、健康で生活できるように、卵巣機能低下になるまえに、変化に気が付き、生活とウェルネスに対する考えの改善と準備が必要です。更年期障害とは、まさに30歳、40才で来るなんてことはない?なんて思わない。一般には、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし、最近のストレスや食事、環境汚染などで女性ホルモンに乱れが出て、卵巣に異常が起きることが多く見られています。早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足して出てくる症状とは、若くても更年期障害といわれます。そして、放置して、卵巣機能が戻らずに閉経に入ることを(若い年齢で更年期障害を迎える)若年性更年期障害と言います。

Medidation ストレス管理をる←を目を閉じて1分間 大きく深呼吸.....

 音量必要

卵巣の機能が衰え始める30才、40才が一番大事

卵巣の機能が衰え始める30才、40才が一番大事。昔でこそ40代後半から始まる人が多いと言われたこともいまでは20代〜30代で月経がスキップ、止まれば側にホルモン検査を行ない、治療するべきです。

ストレスだけで、更年期を迎えることはないです。例えば、病気や何らかの原因で一般より早く閉経してしまう「早発閉経」もあるが、なるべく避けたい。閉経になればそれだけ成人病のリスク、鬱、心臓病、アルツハイマーなど

ギリシャでは、紀元前600年ころ 医神と言われたアスクレピオスの子孫で医術と薬草の知識を伝授されたというアスクレピアドがコス島で最盛期を迎えているといわれています。
紀元前には、ヒポクラテス(有名なギリシャの医師)が約400ハーブを使われ、彼がハーブの煮出した液を飲むという、このスタイルがいまでも続く、ハーブティーの歴史です。

 

ドクターズサプリメント

ストレスは、5HTPで気分をサポート

鬱(うつ)やストレスの緩和をサポートするアミノ酸の1種です。5HTPは、緊張やイライラを抑制してするセロトニンサポート。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になり睡眠も困難が多い。癒しホルモン「セロトニン」を高めて、明るく前向きな気持ちにサポートしてくれます。

 

副腎・アドレナルを先ず改善する

Dr.ウィルソンはアドレナルの神とアメリカの医師から言われている存在。倦怠感の研究、副腎のマスターである。彼が開発した、アドレナルサポートを使い、アドレナル。ストレス改善に役立てましょう。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になっているはず。検査とは、唾液家名で24時間コーチゾルのレベルを計れる。         

 

 

ストレス緩和 B12は必須ビタミン

B12,5000mg。倦怠感が抜けない、だるい、疲れが取れない?プチ更年期、更年期障害時は、特にこのB12が消耗されるので補給が大事。ただ、B12を取ればいいのではなく、Bには2つの製造質がある。質の良いMethylcobalaminのB12。それも吸収を目指す。トレーニング中はこの吸収が、勝負。ストレスを管理にBは欠かせない必須ううビタミン。エネルギーアップの午後2時の疲れにケーキではなく、このB12で液体、吸収欲エネルギーアップにお役立てください。グレードは、メディカルサプリ。

 

コーチゾルをバランスするサプリ

「女性の更年期時期に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンではなく、副腎が疲れていれば何をやってもダメ。ホルモンを使っても無理。まずは、アドレナルを元気にする。ドクターズグレードサプリメント。アイソコートは、疲れた副腎のコーチゾルを出過ぎないようにサポートする研究から生まれたサプリメントです。

女性→神経→脳の強力オメガ3

 

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。小さい魚のオメガ、EPA,DHAはノーディックナチュラルズでもプログレードです

 

エネルギー朝ビタミンD3必須

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

PSは、アルツハイマー予防サプリ

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

毎朝エネルギー補給から

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       

 

女性の睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

女性サプリメントはドクターズグレード

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

主婦・母・女性のストレス管理

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ナチュラルストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む