子宮摘出でも管理出来ることを知る

こんな障害ありますか?

ほてりがひどい
痛い、欝なのか、更年期なのか区別が付かない
リビドー(性欲)が減少
動悸、息切れ
睡眠が出来ない
とにかく疲れる事が多い
思考が明確にならない、朝起きても頭が起きれない
メタボ?太ってきた


今日まで、沢山の痛みを持って家事や子供の世話、ご主人の世話に掛かりきって自分の体を労わることさえ出来ずに頑張っていた女性が沢山いるはずです。婦人科の名医や医師を転々として、手術も1度ではなく、2回も3回も行なったひともいるはず。解決できずじまいでクスリも人口のホルモンも何を使っているか判らない人がいるはず。病院へ行っても様子は変化せず悪化してきて、次から次から疾患が出ているなら、この頁を読んで出来ることを知ってみてください。アメリカの女性ホルモン治療は、簡単には20-30年、先を進んでいます。改善と出来ることを知る、そんなお手伝いをしています。だから、諦めずに時間を使って、自分のために頑張って欲しい・・・

何処の医者に行けばわからない?その前にまず、子宮摘出前の人もいるので、なぜ子宮に急なエストロゲンの上昇が起きるのか、起きればどうすればいいのか?即、摘出ではなく、治療がある。そんな可能性も知ってみましょう。

すでに子宮を摘出した場合は、下記にアメリカの子宮摘出後の治療法がありますので、そこの欄で確認下さい。↓をクリック

 

 

 ←クリック

 

  • アメリカの女性ホルモンの名医が言います

     

    女性が、子宮を100%摘出しても女性の体には、女性ホルモンの動きが残っていると。貴方の脳は、子宮を摘出しても、女性の動きをしっかり覚えていると・・・

     

    焦らず、諦めらない出来ることをまず知ってみる。

     

    アメリカの名医が研究、治療している実態を知ってみる。上記のようにほてりや記憶や障害があるなら、その管理は十分に可能。その可能性と研究を知る。治療をする。日本の目栄でもこの子宮摘出後の治療法は、知らない。なぜ?

     

    日本では女性ホルモン治療が20年以上遅れている。自然ホルモン、バイオアイデンティカルホルモンも最近のこと。アメリカの抗加齢の名医の研究を追及。

     

    注意 ↓ 

     

    人口ホルモンに飛びつかない。アメリカでは、人口ホルモンのプロベラ、プリマリンは、がん、子宮がん、乳癌、心臓、血管の疾患、ピルのasmin Bayers社は、副作用が原因で心臓、血管の疾患、障害が起きて、米国でこの人口ホルモンの訴訟がすでに、5000件以上、ヤスミンのピルは、2000件進行中です。疾患の場合は、いつでもご連絡下さい。

     

まるで更年期障害の続き?

 

もし子宮筋腫があれば、摘出・・・が直答ではない。

 

 

「エストロゲンドミナンス」を管理する

 

東京でも大阪でも産婦人科の大学名医に行っても、この子宮筋腫とホルモンのバランスに関しては、日本は上記のように残念だけどかなりく遅れを取っている。もし貴女が、子宮筋腫ですと医師にいわれ、治療が摘出だけと思い込んでいても、今からはその治療だけではないことをここで知ってみる。

 

この子宮摘出とその後に出来る治療に関しては、音声で説明する準備中なので、待ってください。緊急の場合は、問い合わせ下さい。

 

「エストロゲンドミナンス」を絶対に見逃さない!

 

エストロゲンドミナンスを知る

 

一体エストロゲンドミナンスって何か?更年期に入る事前に、女性に変な症状が起きる。ドミナンスとは覆われる、圧制するという意味で、この女性ホルモンのE2 (E3,E1も3つある女性ホルモン)が、急に活発になる。エストロゲンが本当は、下降に入る閉経に近くなっているのだが、今までのホルモン(ストロゲンとプロゲステロン)の比例が急に反発するような動きになってくる。唾液検査では、レベルが計れる。このエストロゲンドミナス期には、エストロゲンが、通常レベルより高くなることが多い。頻繁にマシンが起動して、女性ホルモンを過剰に出して女性ホルモンのエストロゲンを上げ過ぎると乳癌に繋がることも少なくない。特にE1と言われるホルモンの過剰は、は危険信号でそく徹底した治療が必要。

 

アレッと思えば→即検査する 

          → 唾液検査は、直アメリカから可能 医師を待たない!

 

唾液検査の販売は、家庭で出来る安全キットで、ツバをピューピューッとチューブに入れるだけである。Wウェルネスは、アメリカが本社で運営されているので、この唾液検査は販売可能である。沢山のうつの患者さん、女性、男性を含めてサポートさせて頂いています。医師があなたの治療に何も行動を起こさないのであれば、待つなという指導法をここでする。或いは医師を変えて、最低でも第3まで持つ。これが現代の医師選びである。

 

いままでこの検査で役立ったこととは、乳癌や子宮がんの予防を指摘、幸いにも早くホルモンの動きを察知、行動が出来て助かった人が何人では済まない。日本語の訳付いて丁寧に送られてきて、簡単なテスト結果のコメントも日本語で理解できるように届けられる。95%のうつの患者さんもこの性ホルモンが原因でうつの勘違いという結果も見ている。

 

第2にうつの患者さんがうつではないことが多いということ。女性や男性のホルモンが崩れて起きる症状が、こういった更年期とそっくりである。その症状を精神科に1件言っただけで、そのクリニックでは即、アメリカのSSRIというクスリを処方される人が多い。しかしこういった精密検査もd家いることすら知らない医師が多い。

 

検査とは、アメリカのトップ脳名医、ホルモンDrを抱える。女性ホルモンに関してもかなりリサーチされている検査会社でそういった会社からこの唾液検査や他の検査も受けられる。しかし残念は、日本の医師は、詳細のホルモン代謝結果は読めない。理解できない医師が殆どである。なぜか?医学大学での教科書にこんなことは乗っていない。習わない。これが、予防医学やホルモンと言われる、アメリカのプロである教育で抗加齢のワザでもある。

 

例1:乳癌も予防可能な代謝の検査

 

2アルファハイドロクシーと16アルファハイドロクシという検査では、乳癌の指摘も早くに出来る。こういった検査もしないで、急いで子宮筋腫だからといって子宮を簡単に摘出しない。すでに子宮を摘出した場合は、先序を読んで出来る治療法と管理を知ってみる。アメリカにはこの手の治療でも改善、管理して元気に過ごしている女性が山ほどいる。いま、貴女が、ほてり、記憶、ムードなどの女性障害で苦しんでいるなら、この改善を求めて欲しい。願いは、いまの時期から出来る改善とウェルネスが目標である。

 

プチ更年期、閉経、子宮摘出→自然ホルモンを知ってみる

 

このエストロゲンドミナンスを私の医師、8人は見逃した。その時間、丸2年。なぜか?血液検査しかしないで判断する。血液検査では、全体の代謝レベルは計れない。この時間、通常1−2年−3年或いはもっとある人もいる。絶対に見逃がしてはいけない。この見逃しをすると、子宮がん、乳癌につながる研究がアメリカには沢山出ている。

 

子宮筋腫とは、このエスtゴロゲンドミナスで起きる症状で、この放出しているエストロゲンを休場させる手段が必要になる。或いは、プロジェストロンのバランスを取ることが大事。

 

一旦、こういった行為は自然の法則に関して、偽り行為のように見えるが、ここが一番大事な、プチ更年期であり、更年期の危ない場所。

 

ここを見逃さない。予防も治療も十分に可能。

 

この時間とは、1,2日ではなく、症状は普通の月経のように見える。しかし、急に月経の両が多くなったり、少なくなったりする。

 

実際に女性の閉経に近付くにつれて急降下することもあるエストロゲンは、急降下を防ぎ、ホルモンバランスをエストロゲンとプロジェストロンのバランスを戻してあげる(アイディアとしてはこういったイメージ)治療をホルモン名医から自然のバイオアイデンティカルホルモンで行なう。

 

これは、銀座や六本木のクリニックへに行ってボートックスの感覚と同じ感覚で30-50万円払って、治療をしろということを言っているのではない。わたしは、アメリカのこのホルモンの名医を知り尽くし、日本人の医師がどこのクリニックや研究でどんな訓練をアメリカで受けてきているかよく知っている一人である。

 

そのために、外だけで、いいところかじりする、医師は絶対に薦めない。危険が多い。

この自然ホルモン治療とは、ヨーロッパをはじめ、アメリカがリーダーである。日本人でラテンに堪能な医師は少ない。その為にみなアメリカへ研修に来る。その学会とは、2,3でその名医は限りがあり、そのホルモンレッスンを行うカンファとは私も参加していて非常に狭い。

 

そういった出来る医師を見てきている。あめりかから直接に研究の声も届く。ホルモン治療とはかなり億不快もので、マスターするまでに5-6年かかる。そして人間が100人いれば、100通りのホルモンケースがあるという、本当に奥深く、幅広いエリアで私は、この研究に入って丸6年を終えたところ。

 

研究している、本当に出来る医師を最高なレベルで当たって欲しい。外科であれば、がん科であれば日本には優れたDrがいる。しかしこのホルモンはまだ、バイオアイデンティカルも日本へ行ったばかりで、じっくりと煮詰める必要がある。

 

私たちはそういった情報を持っているので、無料でサポートします。遠慮なく直接、依頼下さい。

 

30歳でもこのエストロゲンドミナンスは起きる、見逃さない

 

日本では、一昔閉経も51歳といわれて、女性は世界を代表する長寿リーダー。アメリカのこの手の更年期の医師は早くも前から、このアジアで更年期障害で悩む女性が増えること。これは環境の変化であったり、ストレスや食事、生活が西欧化された要因もあると言っていた。

 

 

あなたのお弁当箱は、プラスチック製?

マイクロウェーブにかける度に、エストロゲンが含有される?

 

コンビニにある、おにぎりのラップ、ボトルの水、惣菜を買えば、プラスチック、モノを買えばプラスチック。水やジュースもプラスチックボトル、時には、牛乳からこういったホルモンが体内に入る。

なぜ、初潮が8歳で来るのか?疑問を持ってみるべき。女の子の子供を持っているなら、絶対に無農薬の100%の牛乳だけを子供に与え、このホルモン含有と環境には気をつける。最近では、肉、魚までいろんなエストロゲンという、女性のホルモンの分子と同じものが、こうやって環境的に(外的から、)ホルモンが知らないうちに体内に入っている。これは、アメリカでもかなり問題になっていて、未来を失った子供たちという本もベストセラーになった。医師であれば、母であれば、(特に女児を持っているなら読んでほしい)。

 

 

子宮摘出後の治療方法

 

 

体の変化に気が付けば、ただちにホルモン検査でチェック

 

 

エストロゲン自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

 

ストレスを予備することがホルモンのバランスも予備

 

こんな痛い経験をする前に予防してほしい。どれだけ、ストレス=頭=ストレス=脳下垂体=子宮や卵巣がつながっているのか。この脳が指令をだして卵巣に届くのです。もっと簡単に言えば、卵巣のスイッチは、脳下垂体、ピチュリタリーが起動しているので卵巣が動いているとイメージすれば、なんとなく理解しやすいはず。ストレスと関係あるか、大関係であって、是非この機会を自分の改善と予防に変えてほしい。

 

 

エストロゲン自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

 

 

ストレスは、怖い。ホルモンをダメにする。リラックス、ストレス管理を学ぶ

ストレスによる、怖い症状は、ある人の下垂体を刺激、たたき、痛めつけると製造中止しました。というような事態が起きるのです。この女性ホルモンは、すごくシビア、繊細です。ストレス大嫌い。30代でこういったホルモンが落ちて、うつの症状、不安定な感情、精神的バランスや上記のような、障害を経験することです。それを若年性更年期障害といいます。

 

ストレス自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

日本女性の大切は、食事とストレス管理

日本女性の平均閉経年齢が、50-51歳といわれていますが今は30歳から或いは、40歳から50歳の女性がこういった更年期障害を持っています。先ほども示したように、個人差。この個人差は大変大きい。この更年期障害の前に起きる症状をぺリメノポーズといいます。 プチ更年期と言います。

 

更年期障害の例

     

  • 寝れない
  • 痛い
  • 考えられない
  • 起きられない
  • 疲れている
  • 寝ても疲れが取れない
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 爪がもろい
  • 眠りが浅い
  • のぼせ
  • 冷え
  • 体重増加
  • 息切れ
  • 動悸
  • イライラ
  • 多汗
  • のどが渇く
  • 肌の乾燥
  • こむらがえり
  • 性交痛がある
  • リビド低下(性欲) 
  • 膣炎
  • 頻尿
  • 膀胱炎
  • 短気
  • むくむ
  • ムカムカ
  • 便秘や下痢
  • 月経異常
  • PMS
  • 月経量多・少
  • 月経期間長・短

と言った症状が3つあれば早めにチェック!しましょう。

 

もっと知りたい。女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。

 

 

 

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む