睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントだけを扱う

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争のサプリは、防腐

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

卵巣機能低下l卵巣機能 治療l

 

卵巣機能低下って一体何??

 

卵巣に集中する前に、先ず 脳と卵巣の関係を知ってみることが大切。卵巣機能低下症とは、簡単に言えば、卵巣の働きにが低下すること。生理があるからと言って油断しないことが大事。無排卵障害を逃さないこと。卵巣の働きと生理が毎月あることとは違う。無排卵を非常に見逃しやすいのでホルモンの変化に気がつけば即治療と改善をキャッチしましょう。卵巣の低下とは、見逃しやすい。そして知らぬ間に、更年期障害になったということがあるのでここで改善方法と原因を知って、予防して欲しい。アメリカのホルモンの名医が言う最近の研究は、ジノエストロゲンが問題でエストロゲンドミナンスがおきることが研究に揚がっている。

 

ジノエストゲンとは?

 

まず、卵巣とは電気のスイッチを考えてみればわかりやすい。

 

卵巣のスイッチを見てみる ←をクリック

 

図をみれば判りやすいと思うが、卵巣に送られるスイッチが脳から出てくる指令(電気のスイッチのように)がオンからオフになったり、卵製造を一旦中止しましたとか(ストレスとかで起きる症状による一時的なオフ)月経があるんだけど、無排卵の状態で起きる空回りの機械のような動き)或いは、卵の製造を終了しましたということのイメージを浮かべてみれば理解しやすいはず。多くの原因にアメリカのこの手の名医は、PCOSとの関連を語る医師が多い。(イースト菌とエストロゲンの関与)

 

PCOSとは、カンジダとの関連もあります。卵巣の周りに、皮膚が厚くなり卵子が外へ排卵できなくる状態。まるで、ドアが閉じた出口のなイメージです。卵巣が腫れてくる。日本では、卵胞が真珠のネックレスのように見えることから「ネックレスサイン」とも言われています。

卵巣機能が一時的不調であれば?

 

チャンスあるなら、改善法は、生活習慣を改善する。卵巣が一旦中止であればラッキー。(卵巣機能低下がストレスなどで起きた場合)もし、卵巣が排卵する能力を持っているなら(一時停止の低下)、日本では、こういった状態をゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群などといわれ、この場合は、卵巣に卵胞があれば治療薬で排卵を誘発することが可能。

 

卵巣ホルモン誘発剤は、きつい!体力なしでは大変

 

凄いパワーがいる治療です。元気体でないとこの治療はかなりキツイ。まずは、ストレス管理を習う。簡単にストレス管理を知りたいなら、下記にあるようにリンクをクリックして瞑想、これをメディテーションというので行なってみよう。また、これを機会にストレス管理を知ってみる

 

ストレス管理を知る方法1 ←目を閉じて、1分時間を与えて聞く

音量必要 + 大きく深呼吸して黙想してみる

Dr.ウエイン・W. ダイアー、先月5月2010年のカンファで流された1曲で、彼の友人でもあるCeciliaとクジラの声の合唱。沢山の参加者の女性の目から急に涙があふれていた・・・心落ち着くんだろう。更年期障害、卵巣低下のストレス度は大変危険。しかし、こういったストレス管理が出来ることを知ってマネージと言って、管理のツールを知ってみましょう。

 

 

 

低下が一時的であれば、改善チャンス。

      女性ホルモンのバランス改善に最大戦略を使う

 

 

まず、卵巣低下になった原因を探してみる。この原因をしっかり追求しておかないと、次にチャンスは、閉経ですということもなりかねないので真剣に対応しましょう。

卵巣低下症で出来る管理の方法5

 

1)ストレス管理

2)食事管理を入れた生活管理をまず変化することが大事

3)ホルモン検査で自分の女性ホルモンのレベルを知る

4)わたしの体調は、わたしがの改善を行う。その改善戦略を知る

5)ホルモンをバランスできるプログレードサプリメントでサポート

6)カンジダが増えてきていないか、確認する

 

 

もし医師から簡単に卵巣廃止と言われても1件のDrの言い分はそれでおき、第2のセカンドオピニオンをアメリカのプロから取ってオピニオンを確認してみることも1つ。近くの医者に言われて検査結果でFSHが高く、ショックを受けもできる治療は十分にある。日本の脳外科やがん治療は、進んでいるがこのホルモンに関しては、アメリカは日本の20年先を行く。そんな名医から直接、第2のセカンドオピニオンを取ってみて出来る治療を確認してみる。貴女がこういった状態を長く放置することが一番最悪でアルツハイマーや女性の成人病の疾患になるリスクは益々増えるばかり。

 

脳は、子宮のレセプターを起動、停止することも可能と考えてよい。

 

悪い例 

 

月経が止まり、スキップして2ヶ月も放置しない。1ヶ月で気がつけば、即行動をとる。6ヶ月も放置すれば、閉経になる危険だけではなく、乳癌、子宮がん、いろんな疾患や免疫やメタボも低下する、アルツハイマーの危険性もあるので、この放置が一番危険とアメリカのホルモン名医は唱える。

 

卵巣機能低下でも改善のチャンスは、十分にある。しかし手段は早ければ早いほうが良い。体重が落ちたり、脳を痛めたり、心を痛めたり、体調が変動、体力や勢力が減退は、サイン。その反応が体にあるので見逃さない。その気付きが逆にラッキーを持ってくることが多い。大きいサインは、睡眠、月経の量の変化、体重減増や急激な減量で体重が減ることで起きる場合もある。

 

症状は、更年期の障害のページで症状を見てみる。 

 

 

PCOS=「多嚢胞性卵巣症候群」 ピーシーオーエスという

ポリ システィック オーヴァリーシンドローム

 

アメリカで近来流行り、日本人にも急増中・・・

 

「多嚢胞性卵巣症候群」の原因は、不明と言われている。日本から頂く依頼には、肥満という声を聞きますが、私の研究では、肥満が問題ではなく、肥満になる元の要素の食事法が問題といわれている。やせようがポチャリしていても関係なし。イースト菌の繁殖が多い食事法の原因の指摘です。

 

もし、貴女の食事が、うどん、ドンブリ、外食、ファーストフード、コンビにが多いならこのイースト菌は、体にドンドン増えて、イースト菌体になっていて、免疫を低下、卵巣低下症ではなく、ホルモン低下症の生活を行なっていると観ます。

 

フードに気をつける!

 

白パン、白ごはん白クッキー、白ケーキや白チップやうどんなど、易い現代そばとは、小麦が80%でそば子が20%などが増えている。こういった白フーどは、イースト菌がドンドン体内で繁殖して、炎症、ホルモン低下、免疫低下などを作っていく。イースト菌は、SUGARを思いっきり好み、SUGARがあれば、もっとドンドン繁殖する。

 

仮に今、ヘモグロビンの検査でインシュリンに問題なくても、予防数値という値があるので甘く見ない。インシュリン抵抗性の傾向あれば、糖尿にもなりかねないのでイースト菌ダイエットをしましょう。ダイエットとは、食べる量を減らすことだけではなく、イースト菌を省いた食事でがんばってみることも、ダイエットという。このイースト菌食事と糖類のコントロールなしでは、イーストはもっと増えまくる。そこで、卵巣が出口を探せないドアになることは判りりきった要因であると考えられる大きな原因の1つなので改善を今日から初めて下さい。詳しくは、ビデオで説明します。

 

PCOS=「砂糖、白ご飯は大敵」

 

砂糖とは、クッキーだけが、砂糖ではない。白ごはんは、意味もない→ダメSUGARに変化する

砂糖のオオサマになる。「白」とつく食事は、体をファーストフードのジャンクにしていると考えても現代ではおかしくない。いまのSUGARは、昔のように栄養素などちっぽけもない。脳には良いというが、SUGARもリファインと言われる安い全く価値のない砂糖分ではなく、瞬間にダメ砂糖に変える砂糖ではなく、スマートシュガーを使ってみる。昔20年前の砂糖は栄養素があった。しかし今日の砂糖は、アメリカや中国から輸入されグローバル化になり、白いフードの一種で、ダメシュガーになってしまった。必要で素晴らしい栄養素は、みぎとられるように捨てられ、白砂糖は、何の意味のないがん患者さんは、特に気をつけて砂糖選びをする。ダメシュガーは、免疫の的と考えてちょうど良い。

 

ジュースやケーキも勿論このイーストの好きな砂糖。なので、食事管理もなし、運動しない、糖類やファット関係なしで、野菜嫌い人にとっては、このPCOSは菌が嬉しい、環境や貴方の食事が生んでいると思っても過言ではない。ふさわしくない食事からこういった疾患が生まれる。

 

イースト菌の摂りすぎとは、また説明しているので詳細を知ってみる。

 

PCOS=「多嚢胞性卵巣症候群」の改善

 

PCOSの改善とは、食事法、カンジダ菌を体内から排出して、このPCOSは改善されることも多い。通常のPCOSの多くには、このインシュリン問題(糖尿のかなり手前でも)やカンジダを持ったひとが多く持つ。カンジダのサプリメントは、ドクターズグレードのサプリの質でないと困難と見て良い。時間、投資、体が繁殖する時間も無駄になるので良いものを摂取する。意味のない市販のカンジダサプリは、プログレードをまねて上手く作り上げているが、スターチで丸められた錠剤や、細菌が多く、返ってこういったイースト菌を繁殖する可能が沢山あるので気をつける。カンジダは、このイースト菌の塊。カンジダは、カンジダの頁で読みましょう。

 

AMHが高くなって症状が出る。PCOS : Polycystic Ovary Syndrome (多嚢胞性卵巣症候群)と呼ばれ、アメリカではこのPCOSが増えている。この研究の中には、PCOSとインシュリンと関連も揚がっている。インシュリン+すい臓から分泌されるホルモンから関与される、グルコースが体にエネルギーが与えられる。

 

それと→食事方法、イースト菌の過剰からもこのPCOSがみられる研究も多い。(うどん、そば(最近のばはそば粉が少なく小麦が増えている、白ご飯、白パン、白クッキー、白い小麦で作られたものを食べすぎると「イースト菌」が繁殖して、カンジダ体質になり、このPCOSはドンドン増えるとも言われている。

 

PCOSのサプリメント  ←購入

 

 

卵巣の機能低下は、最近若い女性にも多く見られ、稀な疾患ではないという医師もいる。英語では、「Ovary Dysfunction = オバリーディスファンクション」と言われ、ディスファンクションの意味は、ファンクションとは、正しく機能することの反対。ディス(否)ファンクションとは、機能しないという意味。アメリカでは、セラピの1種にも使われる言葉。マザーや家族に対しても言える言葉の1つです。I came from dysfunctional family...とか、My Ovary is dysfunctioned ...とか言う。

 

他のホルモン検査内容:

 

エストロゲンの全てE1、E2、E3とプロゲステロン。テストステロンも検査する。(遊離性)、甲状腺もT3、T4の(遊離性)、CPR,CPKは絶対欠かせない。このホルモン検査は、月経があれば、生理から11日目か12日目。或いは、22-23日目に検査する。

 

ホルモンも血液検査だけではなく、ホルモン検査は、唾液検査か尿検査、日本にいるなら唾液検査がベスト。簡単でアメリカに郵送してできる。ホルモンは、水溶性ではないので、ホルモン値の正確なレベルを図ることはこの唾液検査が大事。ちなみにストレスの副腎皮質ホルモンのコーチゾルを計ってみる。このコーチゾルが元気でないと何をやっても性ホルモンはうまく作られない。

 

コレステロールは、おそらく卵巣機能低下では上がるはず。おそらくコレステロールの総合検査も上がっていても、コレステロールの薬、スタテティンといわれる、アメリカの製薬会社の薬を医師に勧められてもすぐに飛びつかない。原因を探してからでないとクスリが疾患を持ってきて、飲んでも効かない。なぜ、コレステロールが上がったのか?それと総合コレステロールではなく、HDLとLDLの総日が凄く大切。

 

このスタティンのコレステロールは、また副作用が半端になく強い。この場合、LDLとHDLの比重が大切。計算式も用意するので少々お待ちください。エストロゲンが、減少するときにホルモンは、女性の代謝は、守りに入りコレロールは通常、プチ更年期、更年期障害時には上がる。アドレナル(副腎皮質)も疲れているはずなので、副腎皮質ホルモンのサプリメント(ストレス管理の1つ)とストレス管理で、まず脳を改善、休めて労わってあげる。そして勿論、食事法と運動とストレス管理のプロになる。

 

アドレナルが元気でないと、性ホルモンや甲状腺の管理や復帰はきつい。(このは、アドレナルのコーチゾルとは、24時間のリズムがある。このリズムも唾液検査で行える。日本では未検査、未販売。1日4回の副腎皮質の検査を行い、自分の大事なメインの(副腎)ホルモンのリズムがしっかり起動しているか確かめてみることも大きなこの問題を乗り越える際に見逃したくない、検査ツールの1つ。

 

 

アメリカの大訴訟が起きている ↓ 注意 ↓ 

 

卵巣低下で、即人口のピル、クスリに飛びつかない。アメリカでは、人口ホルモンのプロベラ、プリマリンは、がん、子宮がん、乳癌、心臓、血管の疾患、ピルのYasmin Bayers社は、副作用が原因で心臓発作、血管の疾患、障害が起きて、米国でこの人口ホルモンの訴訟がすでに、5000件以上、ヤスミンのピルは、2000件進行中。

 

 

卵巣の機能は、脳との関係がすごい深い

 

痛めつけるからだ、頭 →見えないホルモンや臓器は、ストレス脳、急な体重減少(短期でおきる)、家族やペット、友人との死別、解雇、事故、離別などのトラウマPTSDなどこういった環境の変化で脳や体に負担がかかりすぎて起きる。ストレスとは、見えない痛みを脳や体に与えていることと同じ。文句を言ったり、悪い考えのトクシックマインド=毒素的思考とは、こういった人間のセル、分子不活性化させる力をすごい勢いで衰えさせる力があることを知ってみる。免疫低下症とストレスの関係を研究をしているDr.モニカの声をビデオで上げるので楽しみに。

 

卵巣にとって、脳とは神さまの存在

 

どれほど女性に取ってこのストレス管理が大切か、バランスをとることがまず手を打つ方法。もし卵巣低下を診断されたら、多嚢胞性卵巣(PCOS)も検査してみること。カンジダなどもPCOSに対して研究で関与する見方もあるので、イースト、ファンゴスと言われる、砂糖や白のご飯、パンをバクバク食べない。バランスの食事や適度の運動で脳がヘルシーになる改善を望むことも1つ。 摂食障害(体重減少と体重増加)は女性には、禁物です。他に方法を書いております。

 

卵巣機能低下の原因??

 

この原因とは、まだ明確な原因ではなく、不明です。しかし、上記に示した「ストレスとの関連性」が非常に高いという見方をアメリカの名医は察しています。上記のストレスやいろんな個人の感情打撃?そのストレスが、原因でこの脳から出てくる大事なスイッチが狂うことあることも学会で言われている。

 

ストレスの関連性とは、ストレスに寄って、アドレナルホルモンや甲状腺が影響、ダメージを受ける。アドレナルとは、副腎皮質ホルモンで、通常リズムある。しかしストレスなどで受ける衝撃で、このコーチゾルと言われるアドレナルホルモンのコーチゾル量が、がんがん叩きつけられて噴火状態、或いは低下リズムなどが、このストレスの誘引に寄って起きる。

 

今までの研究の中には、過去にいわれる染色体異常のために早期卵巣不全など言われていることに追加してこの手のストレス研究の声を無視しない。甲状腺や副腎皮質ホルモンの崩れで性ホルモンが崩れることは多い。ピチュリタリーといわれる、鼻の真後ろあたりにある脳下垂体をMRIで取ってみることも大事。問題がなければ、上記のストレスや生活環境の打撃で起きた、心と脳をバランスとって生活改善とストレス管理をする。脳は、過剰に刺激されると守りに入る。その守り神が、アドレナルの副腎でもある。人間が使う電気のスイッチと同じで急に動かなくなることを想像すれば、ストレスとの要因が明らかに見えると思う。

 

スポーツを強化、過剰に行ってきたアスリートは早めにチェックをする

 

スポーツを強化してきたオリンピック選手の中で特に体操選手、新体操選手など過激で減量が多いスポーツ。スポーツ選手が過剰にトレーニングを積んだ人は、このアドレナルをチェックして倦怠感やうつなどあれば、まずこの脳、ホルモンのバランスを知る。過激な身体の使い方は、返ってフリーラジカルを増やすことも1つ。また、コーチゾルを痛める原因の大きな1つも考えられます。

 

卵巣低下の原因として考えられる疾患とは、まず、甲状腺のT3,T4を検査する、総合ではない。自己免疫性疾患やアジソン病、クッション病、橋本症候群、ウィルソン症候群、ハイポ甲状腺(亢進症)、重症筋無力症など目立つことが研究されています。卵巣、卵巣などの手術、放射線、抗がん薬なども早期卵巣不全もこの卵巣機能の低下につながる可能性とがありといわれています。

 

代替、民間治療の1つとして取り上げます。

バイオアイデンティカルホルモンで治療も可能。詳細は、後日持ってきます。或いは、メールください。

 

卵巣機能低下っていつ、どうやって起きる?

 

 

最近では、20歳、30代、前半でも無排卵となる人が多い。

無排卵を避ける。これは大変気づきにくいのでホルモン検査を毎年、できれば2回。(ホルモンは、環境によって変化するので)。30歳過ぎれば行えばいい。通常、無月経になれば、可能性とは、さらに早期に無月経になることもあるので見えない部分を見逃さない。

生理があると排卵は、別。


一番、ここで大切なことが、 無月経になる前にキャッチする。月経が過剰、減少したり、周期が延長したり、いきなり、14日なのでスポットと呼ばれる、月経稀発などあば、即ホルモン検査を行いましょう。この時点でストレスが蓄積していたり、なにか兆候あれば、症状を改善することは可能性あり。無排卵になれば、月経周期に高温期もなく、低温期のまま経過するカレンダーなので、この辺りは、早くに自分の体とホルモンを知ってバランスをとることが大変大切です。

 

食べない、行かない、タッチしない アメリカ産ファーストフード

 

 

 

卵巣機能低下の検査

 

通常、日本で行われる卵巣機能低下の検査

卵巣刺激ホルモンFSH
黄体形成ホルモンLH
プロラクチンPRL
エストラジオールE2
プロゲステロンPg(黄体ホルモン)

テストステロン

 

FSH,LHと女性ホルモンのエストロゲンを検査する。内容としては、そしてホルモンのレベルと、脳下垂体から出る性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を検査。もし卵巣機能の低下が見られれば、脳下垂体とのフィードバックを受けなくなったゴナドトロピンは、この卵胞刺激ホルモン(FSH)が大きく上昇していることがすごい目安。

 

AMH数値 AMH:anti-mullerian hormone 卵巣予備能力検査

 

 

AMHとは、日本語で言えば「抗ミュラー管ホルモン」のことで、卵巣の発育過程にある小卵胞から分泌されるホルモンで、最近では女性の卵巣年齢を知る指標になると言われています。まだ新たしい検査で100頼れる研究ナンバーも少ないこと。 数値が大きければ卵巣年齢が若いと言わているようですが、基準値をうのみにしない。ただ、予防と改善はこのサイトでも触れているように、閉経といわれてもFSHが20を超えても90代でも、自然ホルモン補充方法があり、改善には可能性も改善も十分にあるということ。

 

抗ミュラー管ホルモン(AMH:anti-mullerian hormone)は、 トリ細胞と子宮の顆粒膜細胞で生産され、AMH は性の分化活動の過程で分泌され続けるホルモン。分泌レベルとは、思春期を境に減少するが、女性において、血清中のAMHは男性に比べて低レベルで維持されると言われている。そして、更年期にはほとんど検出できない量になる。AMH 低濃度では、採卵数、 受精卵数が有意に低下する事で、妊娠率も低下すると考えられているといわれる研究も出ている。


AMHは、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)と異なって、性周期にデータが左右されにくいと言われている。最近では、不妊女性の卵巣機能を評価する1つの検査として使うクリニックは増えている。


卵巣機能低下の検査と治療?

Wウェルネスが考える卵巣機能低下の検査

 

まず、検査では、上記のみが日本で行われるはず。FSHとLHを検査されると思います。そしてこの検査で、「やはりFSH、LHが高いですね〜」と医師は言ってくる。当たり前のことである。高い数値が出ても焦らない。しょげない。私は、十分に慌てて上記に書いた、やってはいけない、ストレスに反することを全て経験した人間の一人。ストレスを貯めて、しょげても焦っても解決できるわけでもないのでこういった日には、ヨガでも行って呼吸を整える。

 

検査は、甲状腺総合ではなく、T3&T4、そして5日間の体温平均、下垂体のMRI、そしてコーチゾルの唾液検査で、24時間のリズムを計ること。女性ホルモンを入れて、ホルモンのレベルを計ること。コレステロールもおそらく上昇しているはず。しかしLDLとHDLのレシオ、比重が大事であるので、合計が高くても焦らない。

 

そして、副腎資質ホルモンのリズムを唾液検査で、24時間のリズムを調べる。

そして、CRP、CPKは必ず採血しておく。

 

治療と研究に丸6年もかえて自分だけではなく、沢山の更年期障害やPMS,いろんな女性を見てきています。名医の中には、FSHやLHが卵巣機能の場合、勿論上昇することが当たり前だという。日本は、ここで終わるはず。毎回、日本の医師がレッスンを受けてこういった、卵巣低下の検査結果の値からリバースの検査結果を見たときのリバース値(この数値が全て戻ってくること)の医師の顔とは、目が飛び出る。

 

治療方法は、十分にあると見る。バイオアイデンティカルホルモン治療や自然のストレス管理のマネージメントと栄養の管理を改善した際に、月経も排卵も戻ることも十分にある。ホルモン補充や低量ピルは、合成ホルモンでやはり、危険と副作用が多い。そして何よりもレセプターが、狂う。その為にもしこのピルで長く使っていた場合には、この自然ホルモンに戻す場合、レセプターの発起に時間が掛かることもある。ピルが、肝臓を抜けて出て行くまで最低でも2ヶ月はかかるという医師がいる。焦らない、出来る医師に診察してもらうことが大事。

 

*バイオアイデンティカルホルモンもいくら自然と言ってもホルモンを補充すれば良いだけではない。日本ではマダマダ、この経験が残念だが、遅れている。浅い。医師が、いろんな研究や材料を知らないのでこのあたりは、医師選びに気をつけること。ホルモン治療もリズム方を取ったり、いずれここで説明するが、質問あるなら、直接に問い合わせから送ってください。


日本の今までの治療の方法

 

プチ更年期や閉経する人には、雑誌にも健康マガジンやTVでも同じ、低量ピルを叫んでいるがアメリカは、すでに危険と叫ぶ医師が沢山いる。上記に書いた訴訟ある低量ピルも100人飲んで100人の率のリスクはない、しかし、危険あるものをわざわざ投資して、体も痛めつけて何のトクもない。私もこの医師選びに昔失敗して、Yasminの摂取経験者。副作用が多いので本当に気をつけて使って欲しい。体に優しい、自然ホルモンがお薦め。しかし、この自然、バイオアイデンティカルというホルモンは、最近では、製薬会社が作るものもある。スマートに使う。ここでは、100%天然と言われるピュアを言う。この製造会社の自然ホルモンの問題は、どうしてか副作用がひどい。頭痛とは、偏頭痛だけで終われば良いが、吐きそうなひどい頭痛。

 

この日本に入った新たなクリーム状のフィンランド製のクリームとは、副作用にメニエールが出ている。このメニエールは、ヴァーティゴと英語で言われすでにアメリカでもこの副作用の問題が出ている。これは怖いでなく、恐ろしい。駅で待っていても、落ちてしまうようなことがないように気をつける。(日本の医師は、知っていても数人。残念ながらまだここまでの情報は、知らない)。自分で気をつけるしかない。

 

Wウェルネスの考える優しく、もっと安全を望む100%自然ホルモン治療

 

女性ホルモンの代表、エストロゲンが脱落、低減、これが急激に出ればまるで、うつになった症状が出る。痛い、寝れない、力ない、記憶低下、ほてり、書けば限が無い。このエストロゲンが欠如すれば勿論、骨粗鬆症に対する予防も必要である、そこで、日本が使っていた治療や薬剤とは、合成エストロゲンを補充する方法で、100%コンパウンド製造の自然ホルモン補充療法といわれるものである。この意味の理解を知っておこう。製薬会社ではなく、コンパウンドと言われる、アメリカのオリジナル、カスタムの処方で作られる製造方法のこと。

 

100%コンパウンド製造の自然ホルモン補充療方法は、日本でも可能。

 

アメリカはこの手、日本の20年先を行く研究と治療を行っています。最近では、ホルモン剤以外の骨粗鬆症治療薬も開発して、アメリカから輸入されて日本で緒手に入る。この自然と言っても薬。クスリは、安全に私用する。微量から始めること。そして、製薬会社の保険の利く、薬はこの自然100%の意味ではない。医師がいうことは、薬品製造会社のセールスがいうマネが多いと思えば言い。すぐ飛び移らないこととホルモンの補充は、日本には少ないが出来る医者選びをすること。ホルモンと産婦人科は、違うことも知る


もし急に「更年期症状」が起きるて何らかの症状が出たときには、エストロゲン下降か、甲状腺か、アドレナル=副腎皮質ホルモンなどのバランスが、不安定、不足、エストロゲンの急降下か、ホルモンが低下していると見ればいいです。(勿論、身体には、腫瘍などないか、血管も問題ないかなど検査をしてみてのこと)。自然ホルモンは、自然ホルモンのバイーアイデンティカルホルモンのページで記していますので是非知って、卵巣機能低下に役立ててください。

 

合成ホルモン即、飛びつかない。医者に言われても押されても、金銭的に問題なければ、アメリカへ直接治療に来ることがベスト。金額も銀座にあるクリニックや六本木の東京のアンチエイジングクリニックよりやすくて安全。で薬代がまず全く違う。日本でもこの自然ホルモンの治療をできる医師が増えてきているので嬉しい。もっともっと頑張って欲しい。クスリが、アメリカから届くものなので、治療も薬代金も含めて渡米するほうが、安く安全に治療が可能であると読む。アメリカでの直接の問い合わせください。)

 

Wウェルネスが考える卵巣機能低下の治療方法

 

もしバイオアイデンティカルホルモンの治療が出来るなら、体には優しい。この改善を見ながら、コンベンショナル治療を望んではどうかと考える。この治療は、自然で回復されて体が元気になった状態で、誘発剤を使っても遅くない。誘発剤は、体力がないときに行えば、寝たきりになるぐらい、辛い。それに耐えられる力とスタミナ、エネルギーがあるかどうかということを考える。

もし、すでに閉経になっている場合でもそう簡単に諦めない。(6ヶ月以上、月経がない場合)は、レセプターと言って、先ほどのスイッチを起こす時間が掛かかるかもしれないが、この卵巣機能でリバース(改善)している人も沢山いる。それも自然方法とストレス管理と食事の管理からなどで。

女性ホルモンの代表、エストロゲンが脱落、低減、これが急激に出てくればまるで、うつになった症状と同じような疾患が出る。痛い、寝れない、力ない、記憶低下、ほてり、書けば限が無い。このエストロゲンが欠如すれば勿論、骨粗鬆症に対する予防も必要である、そこで、日本が使っていたピル治療や薬剤とは、合成エストロゲンを補充する方法で、なるべく自然ホルモン補充療法をお薦めする。


卵巣機能低下、妊娠を望むなら?

 

卵巣低下でも妊娠は、不可能100%ということは無い。妊娠を望む場合は、卵巣に卵胞が残存していることが第1条件。FSHのレベルを検査して、おそらくゴナドトロピン投与が日本では治療法で、同時に凄い強力な排卵誘発療法で卵巣誘発を行うであろうが、この場合はそう簡単ではないということ。

 

可能性としては、まず体をストレスない元の元気へ戻すことが何よりも大切。排卵、排卵と考えすぎれば、脳にはストレスが届く。この叱咤、スイッチとは、排卵を起こす、卵巣は、脳との関係であるということを知ることができたと思うので、このストレスをなくすことがまずの練習。


卵巣低下を簡単に言えば、こういったこと

脳のスイッチ(指令を出す元の場所)を押しても、電機(卵巣)が付かないことと同じ。

 

ストレスによる、怖い症状は、ある人の下垂体を刺激、たたき、痛めつけると製造中止しました。というような事態が起きるのです。これが、次に示す卵巣機能の低下のこと。女性ホルモンは、すごくシビア、繊細です。ストレス大嫌い。30代でこういったホルモンが低下、そしてsの低下の原因は、ストレスから来る原因が大変多い。このサイトの発起人がストレス生活でこの卵巣低下を経験しています。生活とは、若き頃スポーツも子供の頃から強化選手や試合の連続で休みなし。20代には、ニューヨークへ出て寝ずに勉強、寝ずに仕事、週末は遊び、こんな過激な知らぬ間にストレスを蓄積する生活を長く続けていたからこそ、こういった女性機能が、一時停止する事態が起きたのです。この卵巣機能のリバース(改善)は、本当に困難。女性の卵巣は、変えられない。1つだけ。この機能が低下すれば、女性の美は、低迷。

 

こんな痛い経験をする前に予防してほしい。どれだけ、ストレス=頭=ストレス=脳下垂体=子宮や卵巣がつながっているのか。この脳が指令をだして卵巣に届くのです。もっと簡単に言えば、卵巣のスイッチは、脳下垂体、ピチュリタリーが起動しているので卵巣が動いているとイメージすれば、なんとなく理解しやすいはず。ストレスと関係あるか、大関係であって、是非この機会を自分の改善と予防に変えてほしい。

 

卵巣低下の発症で、うつの症状、不安定な感情、精神的バランスやこういった障害を持ってくるだけではなく、この卵巣がストップするば、更年期障害が起きること。その更年期障害とは、関節の痛み、セックスの痛み、利美度低下、記憶低下、うつ、ほてり、倦怠感、不妊どころか、無排卵を起こすことにもなるのです。だから、ストレス管理を行って見えないホルモンのバランスを保ってください。これが、本来の女性の美につながる。ヘルシー精神にも、ヘルシーボディーにもつながるのです。

 

日本で、急激に若い人に急激に増えている若年性更年期障害。30歳でもこういった経験をする可能性が十分にあります。若年性更年期障害は予防できる。絶対に避けてほしいストレスと体を無視して、いたわりのない生活。閉経が40歳で来て、放置しておくと免疫低下だけではなく、成人病になる(乳がん、心筋梗塞など)可能性の率が増える。是非、予防してほしい。

リバースと改善方法は、ビデオと音声で録画中。

 

ストレスで、卵巣機能低下?

 

急激なダイエットも卵巣機能、中止が十分に可能?

 

上記の例が、この卵巣機能低下症の例です。仕事を目標に、ドンドンノンストップで、ストレス過剰な生活をして、副腎皮質やとにかく体を痛めつけるような、睡眠も少ない、外食の毎日、残業で帰りが、12シ時もザラ、こんな方が、女性のエクゼクティブに多い生活です。そして気が付けば卵巣機能低下で女性の大切な、体の動きが停止してしまうことです。

 

 卵巣機能が早期に低下する病態で、早期卵巣不全(そうきらんそうふぜん)と呼ばれることもあります。極端な場合は、早期に閉経となる場合があり、43歳未満で閉経になるものは早発閉経(そうはつへいけい)と呼ばれています。

 

 一方、このような状態で卵巣が排卵する能力を完全に失っているかというと、必ずしもすべての人がそうではありません。卵巣に卵胞(らんぽう)が存在して排卵を誘発することが可能な場合と、卵巣に卵胞が残存していない場合とに分類され、前者をゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群、後者を早発閉経とする考え方もあります。

卵巣機能低下の改善方法1?

 

1.体と頭と心を休める

2.アドレナルをバランスとる治療

 

このアドレナルの治療なしでホルモン補充などしない。ストレス過剰で起きる、疾患で「アドレナルファティーグ」と言われる、疾患がある。この治療としては、副腎のリズムを知ることから始まります。Adrenal Fatigue=アドレナルファティーグと言って、詳しいことは、副腎皮質を女性とホルモンのページで読む)。副腎皮質ホルモンは、ホルモンの王様といわれ、この機能が低下、’バランスが崩れると’性ホルモンが崩れる'。アドナリンって聞いたことがあるはず。野球の試合やコンサートへ行って、興奮した人、あるいは自分でも興奮の経験あるはず。そんあ時に出るホルモンがアドレナル。スポーツ選手は、とくにこのアドレナルを出しすぎているので、アドレナルがダメージ受けることが大変多い。過剰な運動はフリーラジカルもたまりあまり良くない。もオリンピック選手や強化選手はこういったアドレナルを検査してリズムwまず知ってみましょう。この副腎皮質ホルモンには、24時間のリズムがある。これが崩れだけでも十分にうつや、障害も更年期障害に良く似たものが出る。

 

まず、ストレス検査からはじめてみる。唾液検査を使って24時間のリズムを知る。尿検査もあるが、日本では、唾液検査が一番簡単で行いやすい。この治療は、コーチゾルを緩和する、アメリカのアドレナルファティーグの名医が開発したストレス緩和ハーブストレス緩和サプリメントでサポートしてみることも十分可能である。

 

ストレス検査を購入

(日本でこの名医が育っている、必要であれば問い合わせください。)

 

検査は、上記に書いたとおり。FSH、LH,エストロゲンと治療は、自然ホルモン。妊娠を好むなら、まずストレスを緩和、そして元気状態で、誘発剤を使う。

原因の理解と心の整理

 

上記の検査と同時に、第1とは、こういう結果になったことを考えてみることは大事。理解できたら先へ進む。いつまでも追求して自分を苦しませないことがキー。自分が痛めつけたつもりはなくても、友人や家族の死別、ペットtの死別、義理の母との問題、解雇、彼と別れた、離婚、事故、倒産、介護の疲れ、負債、いろんな問題があるはず。それに受けた痛み、体と心を休めて労わってあげることが大切。プッシュしないで、一旦本当に自分を愛らし、労わってあげてほしい。何らかの自分のエゴを通してムリをかけた生活が、問題であったかもしれない。まず、自分の心で整理をしてみよう。中には、お金持ちになったかもしれない、良い車やマンションや好きなハンドバックや時計が手に入ったかもしれない、しかし体は、私についてきてくれなたっかたんではないかしら?この辺り、自分で一旦整理をしてみて理解してあげることが大切。あなたの体です。

(セラピやカウンセリングのことは、女性とメンタルのページで知ってください。)

2に、ストレスを管理することからはじめる。このやり方を初めて知るひとが居ますので、ステップで書いて見ます。

まず、痛められたからだ、すでにグラグタである卵巣機能のスイッチの脳を改善するには、休みを入れてあげる。それとスタートは、「私」。あなたではなく、私を癒しに入る。

パワー睡眠を行う。とにかく、寝て体と疲れた心を休める。昼寝でも十分良い。そして、良い食事をする。この良い食事とは、外食で高いものを食べろということではない。心入ってt来るご飯も、ローカルで撮ったものwたべれるならベスト。有機栽培の野菜や、根のルート野菜、濃緑の野菜、そして新鮮なオメガ3の多い自然の魚など、本来日本人の得意な、「ヒーリング食」のことである。(避けたいものは、養殖の魚、ホルモンざいの入った肉や牛乳、中国産の安い焼き鳥などスーパーで売ってるものは控えること。なるべくマグロ、カジキマグロ以外、最近の調査では、すでにマグロやカジキマグロには、かなりの水銀が多くなていることが現状。一旦体内へ入った重金属は除去が大変困難、このメタルの蓄積は、炎症やうつをも起こす)。

 

3に、適度な運動が可能であれば行う。YOGAは、最高な贈り物。ヨガとは、呼吸法でこの脳に呼吸が届く大切な動きをもった、何千年も続いている運動の1つ。そして、好きな音楽を聴きながら、歩きを週にたった2回でもOk.体の筋肉は覚えている。最低20分、行ってみたい。もし運動がまだムリであれば、まず、休める。体に栄養を与えてあげる。

 

4に、避けられないこともあるので嫌なことをやるなとは言いつらいが、好きなことを増やす。しかし、そのスキが今回のストレスの原因であれば、すこしこの辺りをカウンセリングなど使って、新たな戦略が必要になる。自分探しを眺めてみることが大切。

 

癒してあげる 新たな方法

 

5に、ヒーリングと言う癒しを思いっきり行う。癒しとは、マッサージ、マッサージでもクロニアルセイクリルとは、脳のマッサージである。脳には多大な神経が蓄積されている。この脳を休めることが必要である。

 

ストレス管理をとにかく徹底する

 

いま、すでに経験をした方がいれば、まず、ストレスを緩和。睡眠を思いっきり取って、仕事を取るか人生を取るかの選択が掛かっていると思えばいいです。それぐらい大切なことを書いています。脳を休める。そして食事も手作りのレインボー色の食事、質素で有機栽培で取れた、ローカルのものを一生懸命食べて、癒しをすることが第一。すでに副腎皮質のリズムも狂っているか、甲状腺のレベルも低迷か思いっきり高いか、女性ホルモンのE2、E3、プロゲステロンやテストステロンも減少していると予想付きます。

 

その為に、ホルモン検査が大切。そしてLDL,HDL,CPR,CPK、ヘモグロビン、断食インシュリンなどの血液検査をすることが大切。糖尿がないか、或いはプチ糖尿やがんの細胞などできていないかなどチェックが大事。

 

外食、お酒が好きで、仕事だけでに追われて食事もうまく取っていない方、食後は毎回のようにxx胃酸ブロックを飲まなくてはいけないなら、腸の低下、この腸とは70%の免疫を保つといわれる。そしてセカンドBrain(第2の脳)といわれる、非常に大切なバロメーターです。腸には、悪玉も増えて、善玉の減退など免疫の低下も考えられると言うこと。とにかく、バランス取れる人生を手にすることから始まります。

卵巣機能低下の改善方法2?

 

ホルモンだけを補充してもだめ。まず、ストレスを管理、寝る、良い食事をして、ヒーリングと言う癒しを思いっきり行うことからはじめる。ストレスで受けた副腎皮質や脳は、乱暴に扱われて疲れまくっています。その癒しをまず頑張ってあげる。卵巣さんにこれ以上、「なぜなぜ・・・」、とプレッシャーを与えない。何かの原因があってからこそ、なったこと。癒していたわりをすることがベストのスタートです。

 

ストレスの管理は最も大切な時代に到来

 

ストレスの管理をまず知ること。(ストレス管理を読む)。ホルモンは、女性が100人いればその100人が違う症状を持ちます。そしてこういった障害を持つ期間も全く様々。ある女性は全く症状もなしで過ごす人もいれば逆にホットフラッシュや、寝れない、痛い、鬱など更年期障害に入ってから5-10年とこういった症状を持つ人も沢山います。

元、スポーツ選手、強化選手は特に気をつけてホルモンをチェックする

 

フリーラジカルとは、酸化反応が起きる、がんの1つの要因でもあります。スポーツは、適度は大事。最近、元スポーツ選手であったという女性が、このホルモン障害を持つことが多いということ。スポーツで鍛えて元気を保つことは大事。しかし過酷、過度のスポーツで本来のホルモンをコーチゾルを叩きつけてしすぎて、ホルモンのバランスや女性ホルモンの製造中止が起きることは少なくない。

 

スポーツ選手と不妊症?ホルモンのチェックで上手くバランスが取れる

 

スポーツ選手と不妊症の関係なども知ってみることも大事。元強化選手、体操選手、新体操選手、マラソンや、オリンピック選手は、過去、過酷なトレーニングを行ない朝から晩まで、体を痛めつけるレベルのトレーニングを頑張ってきた人が10年後の今、20年後の今、うつや疾病を持っているなら、女性ホルモンを徹底して検査、そして日ごろの健康に役立ててください。うつと思っていた人も、実は、この女性ホルモンの不足、アンバランスが原因だったということは非常に多いケースです。

ホルモンを守って予防を行いましょう。無排卵ないか、女性ホルモンをチェックして、モンだいや不足あれば、バイオアイデンシカルホルモンで治療しましょう。

 

ホルモン検査って?ホルモンバランスのチェック

 

11-12日目のエストロゲン、ホルモンのページにある、E1,E2,E3をチェック。唾液検査も行ない、血液検査だけではなくしっかりレベルを知ることが大事。女性ホルモンは、油出性、水溶性ではない。その為にレベルは血液検査での測定は、不可能。次に、プロゲステロン、テステステロン(フリーテステステロン)、甲状腺はフリーT3,T4,コレステロール、コレステロールは、総合が高いことが問題ではなく、LDLの問題。計算式もダウsので確認する。HDLとLDLそして総合コレステロールのレシオを知る。

 

もしPMS,不妊症などの場合は、22-23日をチェックしてみる。このホルモンのことは、ホルモンページで詳細を知ることが出来る。

 

 

と言った症状が3つあれば早めにチェック!しましょう。

 

もっと知りたい。女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。

 

美肌シリーズ

ホルモン低下.アドレナルを先ず改善

Dr.ウィルソンはアドレナルの神とアメリカの医師から言われている存在。倦怠感の研究、副腎のマスターである。彼が開発した、アドレナルサポートを使い、アドレナル。ストレス改善に役立てましょう。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になっているはず。検査とは、唾液家名で24時間コーチゾルのレベルを計れる。         

 

ストレスは、5HTPでサポート

鬱(うつ)やストレスの緩和をサポートするアミノ酸の1種です。5HTPは、緊張やイライラを抑制してするセロトニンサポート。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になり睡眠も困難が多い。癒しホルモン「セロトニン」を高めて、明るく前向きな気持ちにサポートしてくれます。

 

卵巣低下、すい臓や胸腺をサポート

「卵巣低下時期、更年期時期には、こういった副腎、甲状腺、すい臓がかなり低下します。この商品は、グランジュラーという、副腎、甲状腺、胸腺のミックスです。有機商品です。女性ホルモンの改善はまず、この「ずい」です。アドレナルは、ホルモンを製造する王様の役割。、すい臓は、消化だけではなくホルモンも作りインシュリンもサポートします。こういったずいが元気であってこそホルモンが作られるというアメリカの更年期の名医。ストレス管理はまず、副腎の強化、すい臓の強化をしましょう。これがなしではホルモン改善は困難といわれています。


すい臓サポートは消化酵素で
エネルギーUp

消化の元、インシュリンの元は、すい臓。パンクリアチンと言われる最も見えにくい、日本では余り検査もしない大切な働きをしてくれるホルモンを作るにも大事で掲げたい臓器の1つ。消化不良がなくてもこのすい臓の力がアップすれば消化をまず促進、消化するために使う余分なエネルギーが免疫やホルモン向上に力を与える余裕が出来るサポート。H2ブロッカーを飲んでいても胃酸が弱くギブアップしかけた人も一度この消化酵素を試して体の軽さを知りましょう。

 

毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

ストレスと思えば、ビタミンB12は必須

B12,5000mg。倦怠感が抜けない、だるい、疲れが取れない?プチ更年期、更年期障害時は、特にこのB12が消耗されるので補給が大事。ただ、B12を取ればいいのではなく、Bには2つの製造質がある。質の良いMethylcobalaminのB12。それも吸収を目指す。トレーニング中はこの吸収が、勝負。ストレスを管理にBは欠かせない必須ううビタミン。エネルギーアップの午後2時の疲れにケーキではなく、このB12で液体、吸収欲エネルギーアップにお役立てください。グレードは、メディカルサプリ。

 

女性ホルモンバランス・ハーブサポート

「このハーブは、パワフルPMS,卵巣低下、月経が変化したと思えば、まず使ってみる良いハーブ、良いプログレードサプリは、凄い効能がある」。液体で防腐剤や合成一切なし。元MDが代替治療の意思に転換、独自開発した女性ホルモンハーブバランス。ストレス緩和との改善/管理を求めて真剣に生活を改善して、アドレナルサポートを一緒にとる。自分のホルモンのチェックを忘れない。市販は物足りないだけではなく、質が違う。

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード

 

消化OK? 腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

パニックアッタック・不眠・アロマで セラピ 更年期障害、ストレス防止

鼻から香り、セラトニンへ通じる時間およそ30秒から1分。パニックアッタクが来ると思ったらこのアロマセラピでサポート。ニューヨークで流行っている。オイルは、ラベンダー、カモミール、シトラスを配合。私は、ストレス多き晩、風呂に5滴入れて休める。就寝前にも1滴で十分である。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害のパニック予防に持っておきたい1つ。     

 

女性と健康