ハーブの歴史

 

←をクリック

 

ハーブの研究者が言うには、ハーブはすでに古代から使われていたということで生活に欠かせない存在だったと言われています。

有名なハーブのお話は、エジプトのミイラづくりにハーブ、スパイスが使われた事とピラミッド造りの奴隷たちにたまねぎOnionやにんにく Garlicを手渡していたこと。

ギリシャでは、紀元前600年ころ 医神と言われたアスクレピオスの子孫で医術と薬草の知識を伝授されたというアスクレピアドがコス島で最盛期を迎えているといわれています。
紀元前には、ヒポクラテス(有名なギリシャの医師)が約400ハーブを使われ、彼がハーブの煮出した液を飲むという、このスタイルがいまでも続く、ハーブティーの歴史です。

また、ローマ時代に医師Pedaniusディオスコリデスは、ローマ時代の軍医でネロ皇帝統治下で活躍した彼は植物学の古典「マテリア・メディカ」の著者です。マテリアメディカは、薬物誌。

ディオスコリデスは、薬物を植物、動物、ミネラるル、利尿、下剤など、薬理でもファンクショナル上から分類して収載しています。彼は多くのハーブの薬効を使用して説明投稿本を書いていることが歴史に残っています。その説明が今日、私たちが使える素晴らしい知恵に伝達されているのです。


アーユルヴェーダの歴史とは、5000年の歴史を持つインド、スリランカの伝統療法です。紀元前2350年あたりにインダス文明の時代にインド最古の古典「リグヴェーダ」が収集されています。そしてその1つが、「アタルバ・ヴェーダ」と言われ今も続く治療用の薬草などが多くあげられています。


サンスクリット語にAyuhとあります。生命・寿命といわれ、Vedaは、科学・知識。これを合わせた言葉と生命そのものを科学する医学、そして実践的な生活健康法として近来まで継がれてきました。ブッダもアーユルヴェーダに精通し手いるといわれています。その教えが、食事や生活に取り入れられそのアイディアは、いまのメディテーションに繋がっております。紀元前前15〜11世紀ヴエーダ文献の設立され文献最初の医学的知識は高まり 前11〜6世紀には、ブラーフマナ文献と古ウパニシャッドの編書、前560〜480年頃 にブッダも手習っています。

 


アーユルヴェーダでは、ドーシャのアイディアでエネルギーのアンバランスから体内にストレスと過剰なドーシャが蓄積することに寄ってアグニと言われる消化力起動できなくなる。その不機能がアーマと言われる未消化物を貯めるために病気や老化が起こると考えられている理論です。

 

 

アユヴェーダの治療をストレス緩和に使ってみる

素晴らしい脳の緩和、神経、内臓など活性、改善される

 

シロダーラ Shirodhara

よく見るタイプのアユルヴェーダトラディショナル。人肌温度に暖めたハーブオイルを額に垂らし続けます。脳内マッサージとインド人は言います。素晴らしい脳の研究も科学的にもα波が上昇することも指摘されている素晴らしいトチーロメント。

 

アビヤンガ Abhyanga &Shirodhara

(ハーブオイルマッサージ、シロダーラは、頭皮オイルマッサージ)

 

ナバラキリ Navarakizhi

数十種類のHerb Powder を煎じて、牛乳を加え柔らかく炊きます。その煎じたハーブをコットンに包み「キリうバックで全身をトリートメント

 

カラリマルママッサージ Kalari Marma Massage

カラリマルマは、全身にあるツボ、ある場所には致命傷なるぐらいです。なでるように、マッサージをオイルを身体に浸透、デトックス(排出)、筋肉緩和、神経緩和をサポートします。

 

ポディキリ Podikizhi

ナバラキリをポンポンと叩いてトリートメント

 

シロアビヤンガ Shiroabhyanga

脳がある頭部には、沢山の神経が集中しています。神経、感覚などのサポートと脳を落ち着かせるトリートメントで有名です。クロニアルセークリアル

 

アクシタルパナ 

まぶたをオイルに浸からて治療する

 

ハーブ煎薬 Wウェルネスでも沢山揃えています。

 

アビヤンガシャリーラ 

(薬用オイルの全身マッサージ)

 

パーダアビヤンガ Padaabhyanga

足ツボ、フットマッサージ

 

ハーブバス 沢山のハーブを使って煎じられてセラピに使う入浴

 

ジャラネーティ 

鼻の洗浄

 

 

 

 

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康