女性とフィットネス

←をクリック

ダイエットだけではなく、カーディオ(有酸素運動、歩いたり、ジョギングやエアロビクスなどの運動を言います)と筋肉運動(ウエイトを使って、有酸素運動と無酸素運動も含)を合わせて行うトレーニング、それも過度に運動を行わずにおこなうスタイルを健康になる目的として心がけます。アメリカの抗加齢リードするドクターが推奨する女性のフィットネスとは、ヨガ、ピラテス、そして今アメリカで最も注目を集めている科学的なダイエットに繋がるスロートレーニングです。このタイプのスローは、スローフードと似た観点で理想的な体つくりを行うことです。

フィットネスは、時間を決めて意識的に行う


たった15分しかなくても、時間をきっちり決めて行う。急にあいた時間を使うときでも1分。今日はどこの部分、どんあエクササイズを行うのか、意識的な運動方法が効果あります。15分の短時間でも十分効果的に楽しく強くなれるという観念を持って行うと脳から出る指令で筋肉の1つの動きでも筋肉に反応したり、脳に酸素が入ってエンドルフィンという効果が出てきたり有利的なフィットネスを行いましょう。

女性とメタボリックとホルモン=適度な運動

メディカルサプリメントと安いサプリメントの効果の違いを他項で説明しておりますが、フィットネスにもただ行うフィットネスではなく、短時間でも効果、価値のあるものにしましょう。トレーニング方法は、なるべく無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行う事、そして日に寄って同じ場所の筋肉トレーニングを1日続けて行ったりしない。ダイエットを目的とする場合は、効率よく脂肪を燃焼させる事を先にプランして、うまく自分の健康目的に達せるようにゴール設定しましょう。

女性ホルモンと運動の関係


女性が持つ卵巣が出すホルモンを女性ホルモンと言います。女性ホルモンは、女性の若さと明るさと健康を保つ源です。 卵巣は、視床下部、脳との関係が深く脳から指令をもらいエストロゲンという女性ホルモンを出します。エストロゲンは、女性の気持ちを明るく前向きにしたりお肌のキメをきめる元になる大事なホルモンです。生理中時はウォーキングなど軽いエアロビクス系、有酸素運動をすることで生理痛を緩和させる効果も期待できます。

アメリカのシアトルにあるハッチンソンガン研究所で行われた臨床結果、 医師マックターナンとその研究チームは、よく座りがちで太り気味、肥満状態の173 名の閉経後の女性に対し中程度の運動プログラムを1年受けさせました。その結果、エクササイズを行っ たグループでは、脂肪量の低下と体脂肪の大幅な減少が見られ、それは血液中のホル モンレベルの大幅な低下に関係していると考えられます。運動を行った女性は血液中の女性ホルモン(エストロ ン、エストラジオール、フリーエストラジオール)のレベルが、運動量を増やさなかっ た比較グループの女性に比べ著しい低下が見られているということです。女性が、体脂肪を低下させエストロゲンが持っている環境を活発化させ運動することは女性が閉経後に及ぼす乳がんのリスクを低下させると考えられています。

詳細は、この項でクリックして拝読ください。

女性の更年期障害とメタボリックの運動とリスク減の研究を読む 

ヨガは凄く良い呼吸法 酸素運動


ヨガは、何千年も続いている素晴らしい運動法、呼吸法の1つです。特に近年アメリカでは脳のバランスや健康に素晴らしい影響あるエクササイズとして有名になりつつあります。橋のポーズは、お腹を長〜く伸ばして大胸筋を開くことによって自然に呼吸が深くなります。この深長い呼吸でリラックス効果が高まるだけではなく、良い睡眠にも導くことができます。そして女性とヨガの関係とは、沢山の内臓や子宮周辺の血行を刺激して女性器エリア、生理のリズムなども整えるとも言われているので女性にとってはまさに素晴らしいフィットネスの1つです。

マタニティーヨガとは、妊娠中の女性の健康をサポートしたり最近では、呼吸法を通して出産しやすい身体もサポートが見られます。安産になった、正常分娩が出来たという方も沢山あってアメリカでもマタニティーヨガは、人気の1つです。ただし医師に必ず確認をして安全に行いましょう。フィトオネスとは、自分の体調を見て、時には医師との相談の上で行いまます。 決して無理をせず、疲れたり、おなかが張ってきたりすれば。休憩して自分にあった方法を見つけることが大切です。

スローフィットネスをしましょう


「エクササイズで運動と癒しの両立を求める」

コア理論から生まれたこのスロームーブメント SLOW MOVEMENTは、筋肉を鍛えて尚且つ美しいボディラインを求めるために基礎代謝を上げて、メタボ体系にならないものを作ります。

仕事や生活に生まれるストレスで硬くなったマインド、ボディー、精神の統一を求めるのがこのスローエクササイズです。アメリカではモデルさん、NYやハリウッドの女性もできるだけ美しいプロポーションをつくるために使うピラティス、そしてヨガは、身体の柔軟性を高めて精神をも落ち着かせます。

ストレスから開放され、コアエクササイズで代謝を高めて、身体の外と内面、肌も瑞々しく輝かせバランスとれた美しさを得ることが可能です。

妊娠中の運動もバランスが取れる


女性は男性と違って、妊娠時期が9ヶ月もあります。女性が母体となり体内で赤ちゃんを育てる際にも栄養と同時に行う、スローなヨガや酸素運動は大変大事というDrは沢山います。最近、妊娠女性が糖尿を持っている危険性も増えてきている中、妊娠中でも適度な運動は心がけましょう。そしてこれから妊娠したい女性は、血行が促進されると女性の卵巣や子宮の働きが良くなるといわれています。 適度な運動は、赤ちゃんを作るためにもプラス効果です。

女性でも男性でも過度の運動は、避ける


運動を行うから良いということはありません。最近の研究では、過度に行う運動は、フィルーラジカルを作って返って身体に悪影響を与えます。運動も過度ではなく、適度。この適度は発汗をおこあい、心臓にも適度な負担をかけながら酸素を頭へ血液へ流れる良好目的で行うことで最近では上記に示したスロースポーツが良い

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康