どうぞ貴女の更年期治療、ホルモン治療を一歩でも安全に行えるようにサポート下さい

 

 

アメリカ的HRTの流行は、自然ホルモン補充のアイディア。バイオアイデンティカルホルモンの考え

 

 

 

「私たち人体が疾病を起こすのは、加齢と共に起きるホルモンの(不足)低下ではないかという理論」。この事はすでに80年代から(あるいはそれ以前)このアメリカですでに着目されてたということです。20−30才の若き頃、元気であった頃のホルモン量に戻す理論(それも合成ホルモンではなく、天然 バイオアイデンティカルホルモン)のアイディア。ホルモンが不足しその不足を補充することをバイオアイデンティカルホルモン補充治療と言います。

 

90年代ではすでに合成ピルからこの自然ホルモンが流行し今日、ピルの更年期治療は時代遅れであり、副作用の危険性がまだまだ沢山唱えられています。先にモルキュール、ホルモンチェーンの図を見れば理解でき易いと思います。実際にはこの理論の開発は、1940年代にすでにこのバイオアイエンティカル・セオリーを乳がんの患者の治療ですでにヨーロッパで使ったという臨床結果もある。自然ホルモン治療は、アメリカではすでに20年以上続いているということ。

 

 

アンチエイジング=米国抗加齢医学研究。加齢と疾病の関与理念は、(GH)成長グロスホルモンの分泌が思春期をピークに減少し続けることに着目。ホルモンレベルを若い頃のレベルに保つことができれば、ホルモン疾病(更年期)、ホルモンが低下した生活を向上させられるという理念にもとづく。

 

アメリカ天然ホルモン治療詳細を知るサイト

 

 

この自然ホルモンの研究と始まり

 

 

私は、この研究を行い6年の歳月を迎えます。一患者として始まったことがきっかけである。私は、アメリカへ在住して約20年。90年代に稀なスティーブンズジョンソンという病気になりニューヨーク(NYU)で死に掛けた経験をしました。6人の名医がチームになってその力で命が助かった。2度目の苦痛が当時38歳、ある日だるさに絶えられなくなり日本を含め著名、名医といわれる産婦人科などを(アメリカを含め)10件以上も転々とした。この間、本当のこの手の治療ができる名医に会うまで丸2年。低量ピルを産婦人科に絶対良いと薦められ、その副作用もおもいっきり痛い目して経験した一人である。すでにこの間、免疫はドンドン衰え、たった少々のやけどの傷は黒く傷痕が残り、運動が唯一の楽しみであったのが、あまりにも辛い体の痛さとエネルギー低下で運動を断つ。痛み、まるで欝人、とにかく痛みはリウマチのような痛さ、シワ、リビド減退、思考、記憶は低下(番号はフォトグラフィックメモリーほどあった)、倦怠感、元気が取り得だった人間が仮死したようだった。病気になり多くの人に支えられてきた。今は恩返している番です。

 

 

当時の感覚とは、まるで明らかなメノポーズ更年期障害か鬱であった。どっちか判らないと最初の医者は言っていた。SSRIと低量ピルの治療 Yasmin を勧めた。45歳にならなくても十分ホルモンの低下で疾病が生まれることを知ったこと。現代の環境の汚染、アレルギー、食物の変化、ストレス時代、西洋化文化と食事、言えば限がない。私の母が当時67歳で彼女のエストロジェンのレベルが私より高かったこと(或いはまだ母のエストロジェンのレベルが年齢に比べ高いので元気なのであろうと最近になって理解できた)。私の体は、まるで60-70歳に到達したかと思える苦い時期は今も忘れられない。この手の名医を探す力も知識も当時はなく常に信じていた医師の知識は、通常の医学で習ったことだけでなぜこの治療が出来ないのかという疑問に、出来なくて当然だと今になってやっと理解できる。医大では誰もこんなこと教えてくれないとクライアントと世界プロも言う。

 

 

疾病の答えが出たのは、2.5年後、What is Adrenal Fatigue ?
アドレナル ファティーグ」が問題でその所為で性ホルモンのバランスが崩れたことであった。コーチゾルのバランスを取れば、簡単なことではないかと思うだろう。しかしこのバランスの総合化を改善するのに丸1.5-2年掛かった。当時にバイオアイデンティカルホルモンだけの補充治療をしても、疾病は逆に悪化した。いろんな疑問が出てくる。これがこのホルモンのパズルで面白いところと思えるようになったが、私は極端に難しいケースを抱えた患者であった。丸4年間、ジム、スキー、マウンテンバイク、乗馬すら出来なかった。本当に沢山の人のお陰でこの素晴らしい治療に出会った。もし当時に知識がいまほどあればきっと3ヶ月で改善できた。日本で沢山の更年期、鬱、アレルギー疾病を書けば限がない。この経験と研究のお陰でいまはこの手のアンチエイジング、予防医学治療研究、ソースはは日本では誰にも負けないぐらいである。この素晴らしい経験をすでに日本で始まった、更年期、ホルモン不足疾病の一歩でも足しになればと願う次第であります。

 

 

現在、沢山の方へコンサル(セカンドオピニオン含)、医師へはトレーニングのお手伝い、リソース、ヘルスーコーチとしてお手伝いしています。日本の医師や患者さんへのサポートで、沢山目の出てきそうな驚く研究や実際論の過程を経験しています。依頼に来られる女優さんや有名人も居ます。しかし私のサポートとは、本当に苦しんでいる方が元気になってほしい。そんな方へ一歩の支えとなる気持ちで頑張っています。

 

 

皮膚(シワ)+筋肉(衰え)=ホルモン?
米国ではこのバイオアイデンティカル(後序)で説明しますが、合成ホルモンのピルが流行った20年前とは全く異なり、この天然ホルモン補充方で更年期や、PMSなどの月経障害、女性ホルモンの分泌がバランスの崩れを補っているのが現状である。女性障害の問題でおきる骨粗鬆症、更年期障害のアメリカ女性約40%がこのHRT補充療法を受けている。オーストラリアでは、約60%にいたるという。

 

 

すでに若い、更年期障害が急増している日本。左のコラムをまずお読みください。医師でありながら患者さんとして渡米して治療したケース例も含めています。

 

この手のホルモン治療の日本の遅れはザッと20年 

 

産婦人科、内科で更年期や欝の治療を行っている医師であれば、まず次の質問にお答えください。患者さんであればご自分の治療に変えてお聞きください。医師である貴殿のホリスティックや自然療法を用いた研究材料が国内で限界あることは十分に承知しています。そのためにアメリカから直接この治療を学んで頂きたい。日本でもすでに治療が変わっにてきている今日。流通、テクノロジーが頻繁な現代、患者さん(消費者)の知識は、ドンドンスマートになっています。 がん、外科は日本は世界のリーダー格。しかしこの自然治療、ホルモン治療、本当のアンチエイジングは日本はアメリカより約20年、遅れを取っています。取り残されないで頑張ってほしい日本のDr!

 

ご自分に質問ください。患者さんの立場であれば置き換えてお読みください。

 

今日の治療でまだ自社クリニックの患者さんへ、合成の低量ピルが更年期やPMSに良いとか、流行っているとか、合成ホルモン剤を処方、或いは鬱ではない患者さんを(SSRI)抗鬱剤漬けにしていませんでしょうか? 患者さんでこんなアドバイスだけをもらっているなら、このサイトで基本を習い、もっとできる医師への選択をお勧めします。あるいは直接アメリカへ来て治療受けても5万円からかかっても30万円です。それもこの手の名医から受けます。日本では50万円から、薬代だけで年間、50万・・・です。

 

元気になるには、いくら自然と言っても*バイオアイデンティカルだけを投与してもダメということです。

 

自然ホルモン、体の総合のバランス整えて治療を行っている治療がアメリカ流行です。この主流を覚えるまで最低でも丸2年、Drでもこういったホリスティック両方を学ぶにも時間が掛かるということです。

 

 

 

 

医師研修、自然バイオアイデンティカルホルモンHRT研修、薬剤師、アメリカ予防医学、医師留学のサポートサイトです。

医学研修になぜウーマンウェルネスを選ぶか?

 

「アメリカのCutting Edge 医療技術を身につける!」

 


アメリカから直接=研修、検査、コラボを行う。

 

 

バイオアイデンティカルホルモンHRTの研修

 

 

 

 

 

 

 

 

   

      こんな方へお奨めです!

 

 

アメリカで急進化している医学療法を学びたい

アンチエイジング方法を習いたい

貴殿が行ってきた過去のコンセプトを改善して経営をしたい方

もっと 患者の層を広げたい

アメリカの実践している最先端である(美容整形外科の意味ではなく)本来の意味を示唆するアンチエイジング療法や抗加齢、自然ホルモン療法の検査、診断

クリニックにデトックス治療を取り入れたい(専門的スキルを習得したい)

アンチエイジング医療の臨床データ、技術=テクニックを習いたい

アンチエイジング医療を習得、患者さんにもっと的確な治療を行いたい


海外での最新アンチエイジング事情を知りたい

 

 

 top   

 

          

ウーマンウェルネスの医師研修目的

 

アメリカで専門技術を磨く、アメリカの医療現況を知ること。そして今後貴殿、貴社が専門医や専門病院としての在り方を学ぶ事に、重点を置いています。

 

日本はいろんな変化が起きています。ホルモン療法を自然バイオアイデンティカル療法を学び、更年期障害の患者さんを助け素晴らしい医師として日本で今後ご活躍頂きたいことがウーマンウェルネスの目的です。

 

 

 

 

コンパウンド薬局、薬剤師さんの研修 

 

薬剤師研修は、ウーマンウェルネスの場合、予防医学、アンチエイジングの日本語で言うオリジナル処方薬剤での研修になります。

 

 

      

 

医師のクライアント

アメリカ医療研修 09'
 アンチエイジングの医学研修について

 

 

 

 

image

自然ホルモン補充のページ

top

 

セカンドオピニオン、名医の依頼はここをクリックください

 

すでに浸透して行っている。日本の医師も、ホルモンの研修を行い、すでに大都市では、こういった新しいアメリカのアンチエイジングの研修、研究を受けて実践してる医師が日本でも存在し始めています。

 

 

代替治療研修:

アメリカの代替治療は、急進化中!

 

鍼灸師研修:



アメリカではノンコンベショナル治療と言われる=非平素或いは、非通常治療の代替療法の1種がこの鍼灸で最近では医療保険でもカバーがされる位大事な療法の一種です。

通常のアメリカでの代替治療とは、心理療法、メディカル・インチュイティブ・ヒーリング=Medical Intuitive=医療直感(霊感)治療、カイロプラクティックス、アロマセラピー、催眠セラピ、シータヒーリング(アメリカのビアナステイバルが開造したヒーリング)、 ニュートリションセラピー=栄養療法、東洋医学=漢方や鍼治療、ホメオパシック、睡眠治療などです。

 

 

 

 

 

ペットも鍼!



最近のアメリカでは、ペットも鍼に掛かるぐらいこの鍼灸は急激に増えています。ただ何が日本と違うのかといいますと、治療法は勿論日本の方がこの鍼灸治療の方で優れています。使われる針も日本の鍼が殆んどといわれています。

 

では、なぜアメリカの鍼灸が面白いか?アメリカにきて何を学べるか?あるいはビジネスの発展に対して興味をそそるかと言いますと、アメリカの鍼灸士は通常、鍼灸だけではなく、漢方のライセンスも一緒に取ったりします。あるいは殆んどの鍼灸学校では、針灸とハーブの合体プログラムが目に付きます。そしてマッサージライセンスを取り、個人でも小トータル化を図る事です。

ウェルネス



「ウェルネス=Well−ness」というシステムを利用して代替治療に持っていっているそのシステム化。ウェルネスとは世界健康保健機関が示す、健康をもっと幅広く見た観点からとか利用して健康に持っていくという考えです。

 

 

 

 

 

 

 

ウェルネスの例を挙げると、日本のウェルネス協会でも「ひと造りや、まち造り」もこのウェルネスの1つと唱えています。もっと簡単に言うと健康になる、例えば管理栄養士から健康サポートしてもらったり、ヒーリングエネルギー療法やバランス活性療法、アンチエイジングもこのウェルネスといわれます。そして、英語で言うと「WELL BEING」=ハッピー人、幸福 (ウェル・ビーイング)がこのウェルネスでアメリカで盛んに増えている業種です。

 

 

最近日本でも使われる、メタボリックシンドロームは、メタボ=代謝、メタボリックシンドロームも防御=プリベンティブ医療の1つとして取り上げられています。

 

 

ホリスティック治療



「Holistic=ホリスティックとは、一体何か?ホリスティックとはギリシャ語でホロス=holos(全体)という意味を表します。そこから延長した言葉がホールフーズのにWhole、Heal=ヒールはヒーリングの意味、ホーリー=悟る=Holyとか心=Healtがこういった言葉です。

 

簡単に言えば:ホリスティックとは代表のノリコも良く利用しますが、ホリスティックとは=全体の健康や観念あるいは治療方法そして自然治癒力をつける、自ら癒す、患者の治療法の選択そして自己を治癒してもっと高いレベルに上げるなどの意味を持ちます。

アメリカボルダーは全米でも優れた代替治療、
予防医学、ホリスティックメディシャンが揃う街



「世界から訪れるこの街アメリカのコロラド州ボルダーでは、最高Holistic療法のクリニックや自然歯科医、鍼灸士、あるいはヒーリングのメッカです。自然治癒力です。

 

 

代替治療、アメリカ研修の例:

 

 

 

 

研修は、短期、長期に分かれます。研修の殆んどが経験ある、全てトレーニングされライセンスを持つ優れたまた、実績を持つ自然治癒力のヒーリングや自然治療医師、あるいは代替治療のライセンス陣から受けるプログラム。

 

 

針灸、漢方のクリニック、ウェルネスクリニック、Herbal Medicineを利用した酵素=ハーブリスト(新陳代謝を取り入れ、最高なデトクッスと生の酵素を取り入れるなど活性化を図る)、インチュイティブ・ヒーリング、ホリスティック医師(MDのメディカルライセンスを持ちながらホリスティック、代替的に治療)、DNAリプログラム、セルフヒーリングコース、ニュートリション、オステオパシー、(DOドクターオブオステオパシーのライセンスを持ちながらヒーリングを用いて治療)、サイコロジー、サイコセラピスト、エネルギーセラピスト、中国医学。

 

 

 

他には、ホリステュックメダイカルセンター、ローフィング、ホメオパシー、マッサージトレーニング、リンパマッサージ、頭蓋仙骨療法クラニオセイクラル、リンパ腺マッサージ、ヒプノシスセラピなどを受けられる短期講習を受けます。

ボルダーでも有名なThe Naropa Universityでの(ナロパ・ユニバーシティー)ここは74年に開講された仏教大学)アート、人文、社会科学など面白いプログラムとアメリカでも珍しいムーブメントセラピー学や瞑想心理学、トランスパーソナル心理学などが受講できます。また、特別開講のクラスは格別。

 

 

 

 

 

日本の代替治療、鍼灸の変化はこれから!

 

例えば、中堅〜大きなスポーツクリニックになるち最近欠かせない事がこの鍼灸士、マッサージ士、リハビリ士です。大きなクリニックではアンチエイジングまで入ってきます。しかしアメリカではこうやって色んな時間を掛けて作られた新しいアイディア(東洋医学)も色んな体勢を新たに作り出しています。東洋医学が普段の生活で浸透してきたのも最近。健康を保持、あるいはプリベンティブなど沢山の州で鍼治療も保健でカバーされるぐらい認められるようになっています。

 

 

 


 

top

 

免責:情報はなるべく正しいものをお届けする努力をしております。しかしその情報が、異なる場合もございます。本項、自己経験を入れて書いております。それを保障するものではありませんので了承ください。

弊社に依頼に来る何人かのクライアンの例です。

 

imageケース1

 

更年期障害女性 48歳 女優さん

 

今まで色んな抗加齢治療を日本の有名なアンチエイジングのクリニックに通い経験してきたということ。

 

弊社へ依頼1年前から医師に勧めてもらったHRTを経験ということ。

 

__________

しかし、体のエネルギーは低下ばかりで睡眠の不足、顔のハリやスキンも衰えを感じ、記憶感覚が低下していくばかりで改善は見られず、行っていたHRTは、低量ピル2年その後人口ホルモンHRT療法。弊社への依頼の際に人口と自然との違いに気が付かれる。

 

 

合成HRTを経ち切り、是非自然で治療を行ってみたいと希望依頼。

 

1ヵ月後、渡米して詳細検査を行い検査結果の後、自然ホルモンHRTに変更と更なる質の高い、サプリメントハーブを調整

 

__________

 

治療開始1ヵ月後、エネルギーが改善、皮膚にも改善を見られ元気が戻っているということ。現在6ヶ月に1度、渡米でチェックを継続。現在も2年後、ボディーとマインドのバランスを続けるレッスンも継続参加され体調はこの20年間で絶好調にあるという。

 

__________

imageケース2

 

女性産婦人科医師 
クリニック経営 48歳

 

更年期障害の兆候が出てきてから、4年間低量ピルを飲み続けたと言う事。弊社へ2007年に依頼、渡米してアメリカのバイオアイデンティカルHRT名医に診断を受ける。

 

現在も年間、3回研修で渡米、自然HRTバイオアイデンティカル療法を自らの治療を受けると共に五字分の研修を継続されておられます。

 

「日本にHRTの情報すら取れず、渡米のDrにあって治療を目の前で見た歳にはあまりにもショックであった」ということ。「日本がこれほど遅れているとは考えもしなかった」ということ。

 

__________

 

 

一番の疑問は、
血液の検査では正常ラインに在りながら
、名医の診断方法では、甲状腺の低下やコーチゾルの低下とリズムのアンバランスなど指摘されホルモン検査の詳細や問診にも全く違った考えしかもっていなかったことに驚嘆でした。

 

 

 

日本のDrは一定の量で低量ピルをキャンディーのように処方していますという。その一定量ではない量の違いすら、ホルモンの計算の仕方、テストの方法も医大では習わなかったということ。

 

 

ご自身の体もかなり楽になりバランスが取れうまく閉経時期を迎えているということ。不眠やスキン、免疫もバランスがとれ30代よりパワーがあるということ。

 

__________

 

 

現在は、自己負担の患者さんの方が多くなりリピートが増えていること。ご自分が産婦人科医であって、もっと早くにこの経験をしておきたかったということ。現在も渡米を継続、研修を続けている。

 

__________

imageケース3

証券会社勤 27歳男性

 

5年間、欝という診断を日本の医者から受け、転々と医師を変えたが症状は全く改善されなかった。

 

渡米して名医に診断。

 

血液の検査では正常と出ていたために、日本のDrは、欝の処方箋を出されていたということ。治療は薬以外なしということのアドバイスで、依頼へ来られた際は、胃にも副作用の障害が出はじめジムにも行くことが不可能ということ。体を徹底して改善したい希望をもって弊社へ依頼。日本でデトックスやキレーションも経験したが症状が悪化していた改善なかったということ。

__________

 

渡米してアメリカの名医に診断、ホルモンの不足とバランスが崩れたことが原因ではないかと詳細の検査を受ける。毒素がかなり体にたまっていたこととホルモンの不足がメインの原因。診断、治療が始まる。問題は早くに3週間後に晴れ、2週間目にに改善を出し始める・・・38日後には、ジムにも戻り元気になり現在も、モニターチェックとボディー、マインド、スピリットのクラスを受講中、元気保持。

 

 

__________

image

ケース4

 

内科医師 男性42歳

 

医師であるご自身の体に問題があり長年解決できないという依頼。

 

長年、アレルギーと欝と喘息に悩まされ日本でいろんな治療を行ったが改善全くなし。体には、子供が沢山もつアトピー性の皮膚炎の赤みを持ち小さいころから衰弱タイプ。

 

 

渡米して診断を受ける。この診断は、3人の医師から受ける。血液検査からは問題なく、ノーマルラインにありご自分で改善を望み処方をしたが結果は悪化ばかりであったということ。

 

__________

 

渡米で詳細検査、問題は、2週間後に改善をはじめる。3ヶ月後、元気復活。アレルギーも驚くほど改善されたということ。免疫が返増。今までの治療方法に違に気づき弊社での研修をを希望。

 

 

ご自分の経験を生かせて患者さんへの治療をもっと有効化するために個人研修を継続中、患者さんのリピート率も1年で倍。

 

お問い合わせ

 

__________

 

imageケース5

 

女性38歳。元、オリンピック選手

 

スポーツを若き頃、バリバリ行う。この3年間、だるさが抜けなく医師へ通い検査を行ったが以上はなし。最終の医師の判断が欝の処方。

 

弊社へ依頼の際には、月経も飛んでいるということ。薬は嫌いでのみたくない、体調が全く改善されずに3年過ごし最近では考えられないボーッとした日もあったと生活を何があっても改善したいと希望依頼。

 

 

渡米後、2人の医師から診断を受ける。 アドレナルを叩き過ぎ副腎のレベルが低下、英語でAdrenal Fatigu アドレナルファティーグと言います。このバランスを調整と毒素が蓄積されていたと。渡米後、2週間で記憶も鮮明に戻ってくる。免疫も改善、元気が戻り始めた。現在、アメリカの栄養士とヒーリングから暮らすを受講。減殺、月経も順調に毎月戻り、ライフバランスを習得中。

 

 

__________

 

imageケース6

 

男性43歳、芸能人

この2年間、エネルギーが減退。夜も寝れない、セックスドライブも低下。ジムにもいけない状態。

 

大病院を転々、名医と言われる医師へ行かれあらゆる治療、検査異常もなし。デトックスなども日本で経験。しかしエネルギーは低下するばかりで改善なし、医師は抗欝剤を処方。

弊社へ依頼、渡米。

 

 

詳細検査の後、10日目から睡眠も徐々に戻り、40日目あたりからジムへ戻れるぐらい復帰。 体も順調に戻り人生復帰。現在は、ライフスタイルとストレスマネージメントを習得中。3ヵ月後に元気回復。

 

 

__________

image

 

ケース7

 

PMS女性 27歳 会社員

 

PMSで悩み、悩み続けた若い20歳代の女性は、月経前になると頭痛がひどく仕事も出来ない様な疲れがあり、生理中は痛みがあって動けない状態が続くということ。過去、5年間頭痛薬と鎮痛剤を毎月、処方れさ、仕事は、休むか鎮痛剤は、山ほど飲まないと動けないというぐらい大変だったということ。血液検査の結果、日本の医師は問題がないと判断、薬を続けることが最大の可能性とアドバイス。

 

 

渡米、診察を受け、2回目の月経では、頭痛薬も鎮痛剤なしで月経中でも仕事へいけるということ。3回目の月経では症状もほぼなくなり月経の恐怖もなくバランスが取れているということ。

 

 

__________

 

image

 

ケース8

 

40歳 医師クリニック経営

 

 

抗加齢について日本で研修を探した柄材料がないこと、バイオアイデンティカルホルモンの治療方法を重点に学びたいと依頼。

 

 

患者さんがもって来る問題の欝とだるさの違いの診断も明確ではなく、日本の仲介業者に通してデトックス検査など依頼や治療も行ったが、検査費用も莫大、時間も掛かり、検査内容やデトックスの方法も医大では学べなかったものを研修で学びたい希望依頼。

 

渡米、3回研修にも参加。トレーニングを積み、患者さんのリピート率は、150%と現在も研修を続行中。

 

__________

 

imageクライアントは、医師、女優さんをはじめ、スポーツ選手、解決できない症状や問題を持った患者さん、医師(個人経営のクリニック経営者、これから自己負担治療へ変換していくと希望を持った)、オリンピック選手、元プロ野球選手などです。

 

素晴らしい名医に会いアメリカTOP医師、ニュートリションと健康維持(栄養士)、ナチュラルDr (ND)、デトックス方法 DMSA含、サプリメント専門などのアドバイザーから指導を受けもっと元気になってください。問題が解決できない方へ色んなサポートを行っております。

 

 

お問い合わせ

__________

 

imageアンチエイジングセミナーが日本で未完成に終わった?凄く残念でなりませんでした。成人病と欝が増えている一番大事な現状の日本。予防学と現状のアンチエイジングの日本の情報は超不足と見ます。アンチエイジングと検索して医師が実際に、バイオアイデンティカルHRTを利用している、抗加齢の治療を行っている医師の経歴を見ても、全くと言って研修&経験不足が現況。

 

 

 

__________

 

 

image医師であるあなたは、患者さんを血液検査だけでホルモンや欝、症状を決めますか?病院を飛び渡っているが症状が治らない?更年期障害といわれ低量ピルを出されていますか?

 

__________

 

image日本では不可能な不足を補い、問題を解決してもっと沢山の患者さんを治療できるサポートを行うことが私たちの使命と感じます。アメリカを代表するこのエリアの本当に素晴らしい名医を抱えて研修、ウェブナー、渡米研修などサポートしております。

 

 

__________

 

imageバイオアインデンティカルホルモン、自然HRTを行う治療とは、アメリカではフェローシップを必要とし医師が莫大な費用と時間をかけて研修しております。E2.3もただ飲ませる治療ではなく、選択も2,3ではなく以上、飲み薬ではなく、塗り薬やパレットなどの治療も可能です。

 

 

__________

imageテステステロンが女性に必要だという研究結果も知り、甲状腺のバランスもTOTAL Tではなく(総合だけ)検査は、FreeT3、FreeT4のチェックも必要。具体的なホルモンのバランスを徹底的に自然なものを中心に場バランスを整えることとなど追求は奥不快ものです。

 

 

__________

 

 

imageホルモン治療で更年期障害、欝も治療可能、欝ではなく、ホルモンのバランスが不規であったことで病気を感じることも多い例です。日本と治療は、全く異なります。ホルモン検査のテストの読み方、唾液検査と尿検査の違い、TOXICの検査でも日本に知られていないものが沢山あります。

 

 

__________

imageDMSAもキレーションを行えば良いということではありません。日本から依頼に来られる問題が、キレーションを行って悪化。DMSAの問題ではなく、DMSAのデトックスの方法が悪かった、或いはやり方を知らなかったという結果が多いものです。サプリにしても同質、摂取すれば良いものではないということ。トクシックを持ったサプリは沢山市場に出回っています。

 

imageその方法を名医から学んだり、デトックスのチャートの見方など、日本で研修不可能なエリアが研修可能です。

 

 

__________

 

image自然HRTや更年期、予防学の情報が少なくて困っていませんか?

 

日本から直接受ける研修のサポートです。自然HRT、サプリメント、予防医学の本当のアンチエイジングの研修を個人、グループで行います。

 

image1.医師である貴殿は、日本のダラダラした仲介、アンチエイジングの本当の研修、仲介との時間が掛かりすぎ、問題を未解決?英語が読めて理解できれば直接研修、ホルモンテスト検査やフェローシップも研修可能です。

 

image2.若い更年期障害、欝でもないのに欝と治療されている患者さんは、直接アメリカへ渡米診断可能です。

 

今、ウーマンエルネスで依頼の多いエリアです。もっと素晴らしい医師にご成長ください。そのためのサポートを100%力を出し、貴方のサポートを行います。

 

__________

 

 

imageアメリカでは当たり前なライフスタイルが、自然HRT. バイオアイデンティカル方法を利用。

 

サプリも一般のものは、とくシック=毒素が多いことや、DMSAのキレーションでで患者さんの様態が悪化、フィードバックが無くリピート無かったことなどないですか?

 

__________

 

 

imageアメリカのアンチエイジングの医者は語ります。私たちは、普通のコンベンショナル医師であると。患者さんを助けることが使命であると・・・・

 

乳がんや更年期治療あるいは若い更年期治療をもっと研修して沢山の患者さんをサポートください。

 

 

予防医学を見つめているアメリカの素晴らしい医療医学の研修、データを知って、もっと患者さんのサポートを頑張る!個人でも直接トレーニングできる時代。

 



睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康