ダイエットと女性の栄養 

 

←をクリック

 

メタボリックとダイエットにどんな関係あるのか?

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

女性のケースで言えば、卵巣の機能が衰え始める30歳、昔でこそ40代後半から始まる人が多いと言われたこともいまでは20代〜30代で月経がスキップ、止まれば側にホルモン検査を行ない、治療するべきです。

病気や何らかの原因で一般より早く閉経してしまう「早発閉経」を避けましょう。

女性が必要な栄養素とは?


通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

 

 

 

女性に非常に大切な食品

 

1. Artichokes

アーティチョーク

高抗酸化能、毒素から肝臓を保護し、50%グルタチオンを高める。

2. Berries

ベリー、イチゴ、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー

ベリーは、酸化防止剤スーパースターでもあります抗酸化物質。スーパースターベリーとは、ブルーベリーの一杯であなたは必要な酸化防止でケンフェロールを含み、40%卵巣癌のリスクを減らすことができる研究が挙がっています。植物化学物質。必要ビタミンCも含まれれるスーパーベリー

3. Crucifers

アブラナ科 ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、キャベツ、ケール

グルタチオン(アミノ酸の1種で、肝臓をサポート)の生産をサポートします。アブラナ科の研究は、女性ホルモンのエストロゲンバランスを予防。乳癌の防止になる、乳腺腫瘍特をサポートします。植物化学物質のインドール- 3 -カルビノールを有効にします。アブラナ科の野菜で料理をお勧めします。

4. Cherries

チェリー 赤さくらんぼ

抗炎症、低血糖と放射線防護、タルトチェリーやチェリー(100%)ジュースはメラトニンが、ヒトの血液で発見さ含まれていると言います。ラッセルライター博士、テキサス大学ヘルスサイエンスセンター。

5. Leafy greens

リーフグリーン 濃い緑の葉

カルシウム、マグネシウムが高く、ビタミンKので、骨の健康に重要なだけでなく、フィトケミカル、ルテインとゼアキサンチン、両方の目の健康と心血管保護するグリーンです。来い緑野菜は、コレステロールもサポートします。

6. Protein powders

プロテインパウダーウェイプロテイン

タンパク質は甲状腺機能を刺激し、代謝を高めることができます。血糖値のレベルを安定させるため、安定したエネルギー源を提供しています。また、乳癌がん学会で、ウェイプロテインは、免疫を高めることも示されています。ウエイプロテインは、牛から取れるプロテインで、市販のものを避ける。安全なホルモン剤投与なしで抗生物質などない、ドクターズグレードから接種しましょう。

7. Sea vegetables

海草

寒天、 あらめ、ひじき、昆布、海苔、ワカメなどは、カルシウム、鉄の最高のミネラル含有量を持っています。すべての女性に必要なアイオダイン(ヨウ素を含む)栄養素。甲状腺の健康をサポートします。特に甲状腺低下の場合のサポートは、このアイオダインとチロシンを接種してだるさや倦怠感をサポート(甲状腺が高い場合は、控える)。海の野菜は、環境汚染を防ぐために知られている。マクギル研究者は、アルギン酸は、放射性物質腸壁から吸収される量を低減すると唱えています。スーパーフードの1つ。superfoods,

8. chia and flax

チアシードとフラクシード

チアシードフラクシードは、植物性で、世界で最も繊維が豊富な食品。全体のチア種子は、サケよりも8倍以上の抗炎症オメガ、ブルーベリーの3倍酸化防止剤、他の種子や穀物の2倍のタンパク質があります。

9. Walnuts

ウオルナッツ

オメガ3を含み手ごろに食べられるウオールナッツ。有機を求めましょう、米国農務省は、ウオールナッツを脳内の老化と退化の神経細胞を保護するクルミの可能性を示唆しています。また、発芽ナッツ(ローフード)には、素晴らしい酵素が含まれスーパーフードの1つです。

10. Yogurt

ヨーグルト プロビオ 乳酸菌

1つのカルシウムの最も簡単に同化源。これは、簡単に、以下の他の乳製品よりもアレルギー反応を引き起こす可能性が高い、消化だとプロバイオティクスが豊富で、有益なバクテリアは健康な消化や免疫システムに不可欠。ピロリ菌を持った人や免疫低下やうつ、消化不良の場合は、メディカルグレードの乳酸菌を接種しましょう。免疫の70%は、この超で決まります。セラトニンの85%が腸で占められます。

 

女性のケースで言えば、卵巣の機能が衰え始める30歳、昔でこそ40代後半から始まる人が多いと言われたこともいまでは20代〜30代で月経がスキップ、止まれば側にホルモン検査を行ない、治療するべきです。

病気や何らかの原因で一般より早く閉経してしまう「早発閉経」を避けましょう。

女性が必要なサプリメト補給とは?


通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

メタボリックとダイエットにどんな関係あるのか?


 

通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

メタボリックとダイエットにどんな関係あるのか?


通常、更年期障害は、閉経前に訪れる(日本の平均51歳)と言われています。しかし最近のストレスや食事、環境などで女性は、早ければ30代で閉経にくる人もあります。PMSや子宮筋腫あるいはホルモンのバランスが不安定、ホルモンが不足してくる症状は若くても更年期障害です。しかしこういった若い更年期障害をは若年性更年期障害と言います。

メタボがスローであれば減量もハードになる

  • 顔のほてり
  • 暑い
  • 寝れない
  • 体温がコントロールできない
  • 顔や手足が冷えやすい 
  • 寝ても疲れが取れない
  • 息切れ、動悸
  • 寝つきが悪い、
  • 眠りが浅い
  • 怒りやすい
  • 涙もろくなる
  • イライラ
  • 落ち込み
  • 不安 
  • 憂鬱
  • 痛い
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気がする
  • 疲れやすい
  • 肩こり
  • 腰痛、
  • 手足の痛みがある

美肌シリーズ

脳、神経、免疫、天然サケオメガ3

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


コレステロールLDLを真剣にサポートする

セラピューティックフードと言われる。コレステロールのサポートは、ベータグルカンの繊維。女性ホルモンのエストロゲンとコレステロールの関係は非常に強い。コレステロールは、体を構成する各種ホルモン等の源。LDLのコレステロールとは「悪玉」、HDLコレステロールとは「善玉」。LDLのサポートにお使い下さい。


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康