天然ホルモンの治療、研究の前に

 

ホルモン、エネルギーが、落ちたことに気がついて放っておけば手遅れの可能性

アレッと思えば、1早くにキャッチして原因を追究する。

 

最近日本でホルモン治療が盛んになっているそれも合成ホルモン。ホルモン投与は、沢山ホルモンを摂取することは自然ホルモンでも合成ホルモンでも勿論危険がある。しかし未だ合成ホルモンのプロゲスティンを使うと考えるだけで恐ろしくなる。(*個人の観念は、絶対に合成ホルモンなど二度と使いたくない。日本でやはりの低量ピルも私は、この手の治療を知らない通常の婦人科、内科の勧めで1年間使った経験とその副作用も十分に経験してうんざりしている)ホルモンHRTの概念としてみれば、アメリカでのこの手の天然両方、代替治療、アンチエイジング治療はすでに20年以上も続いている。そのベテランを私は、すでに5年以上インタビューして、自分の苦痛の経験から沢山のプろを眼でみている。天然ホルモンを使い、いま来院にくる患者さんをケアして元気になった姿を早く日本でも見たい日が待ちきれない。

 

 

鬱、Depressionとホルモンの関係

 

鬱ではなく更年期なのに、うつ剤、SSRIを毎日6−7個も処方していませんか?あるいはFSH、LHが少し高いだけで低量ピルが良いなんて、患者さんに言ってませんか?日本から持ってくるラボテストの結果ではなく、受けさせるテストも不足。それにラボ検査も無い。渡米で来る研修のクライアント、患者さんの目が飛び出るほど大きくなる。

 

 

患者さんの疾患、或いはあなたが患者であれば若き時代の元気を再現したいことは私を含め誰も願うことである。天然ホルモンは、合成ホルモンのようにOver Nightで変化することなどないが、バランスが取れてくるそのフィードバックはこの治療を受ける人間が一番良く知っている。そして大事は、天然ホルモンだけを投与してもダメであるということ。

 

 

 

日本語はややこしい、ホリスティック治療が流行りのアメリカ ホルモンHRTも自然 

 

メディカルマリワナ時代に入ったアメリカ

 

機能的、或いは不機能的などといわずに、ファンクショナルメディシャンと聞けば理解しやすい。若いひとは横文字が頭にに入りやすい。瞑想より、メディテーション。アメリカのビックリするところは、全米ですでにメディシナルマリワナのOkが出た州が、なんと14州もある。このマリワナは、メディシナルハーブ、薬草として紀元前年から使われ、アメリカでこの2年、そして今急激な動きを見せている。ライセンスを申請して、マリワナクリニックへいき、必要なメディカルマリワナを持って帰りクッキーに入れたり、吸ったりして治療役の1つとして使われている。ADHA,バイポーラ、腰痛、神経痛、鬱、鬱病、そううつ、スキッツフレニア、書けば限がない。こういった日本に浸透しかけているワザをカティングエッジと言う。このメディカルマリワナにかんしては、ここまでで詳細を知りたいならメール、問い合わせをください。

 

 

この手の治療の秘訣は、総合のバランスを取る必要がありそのバランスが取れて初めてこういった素晴らしいカンバックを経験できるということである。元気時代のホルモンの再現、復活、不足を補う療法はいまだに日本から来る依頼のお医者さんはまず、うそでしょうと言って来られます。あまりにもギャップと時代の違いが大きくて。そして100%のリピート語が、医大では習わなかった。と・・・そこで私は言います。うそではなく、合成ホルモンのほうが冗談でしょうとアメリカ的に指摘されみな凄い勢いで日本へ帰り研究に時間に費やして自分と自クリニックの患者さんへ治療しておられます。私は、医者ではない。ラッキーにも医者でなくて良かった。患者の一人として、これからもっともっとサポートしていく。毎回、患者さんからの依頼は心痛む。検査もミスが多きこと、検査結果のアナリスミス、そして合成の薬をがんがん処方され副作用が多い状態。もし私がこの経験を早くにしていればもっと早くに日本の医療、あるいは日本で苦しんでいる沢山のかたをサポートできていたと思う。しかし未だ遅くない!頑張って欲しい。

 

 

 

天然ホルモン補充方法

 

ホルモン低下は、現実に加齢と共に減少するのが当たり前。しかしこのホルモン分泌量が少なくなれば車の故障と同じようにエンジン、トランズミッションがおかしくなる。それをなるべく安全に不足したホルモンを若い頃の水準にバイオアイデンティカルホルモン=天然ホルモンでバランスを取る)。これが、いま流行ではなく当たり前のホルモンバランス療法になってきているアメリカである。私は、日本の年齢で行けばまだ若い40代。しかしいまで考えるとラッキーなことに、アドレナル・ブローアウト症候群に遭った。これが日本で起きていたらいまごろ死んでいたかガンか高速でもあって免疫が落ちすぎて難病になっていたとおもう。しかしこの苦い経験きっかけでレッスン受けたアドレナルホルモンにより、セックスホルモンが崩れ落ち、医者を転々として元気が戻るまでに丸5年もの歳月が掛かった。その当時は、こういった知識もなく、ただのコンベンショナル患者。西洋医学には私が渡米したニューヨークで死にいたる経験でNYUのベテラン医師に助けてもらい薬には十分ありがたさをわかっている。そして効く。しかし、その後、いろんな経験と研究が重なり、この手の治療もすでに5年が研究時間に埋まりコンサルも行ってる。次から次へとベテラン医者をインタビューして、私自身が11人目の医者がこの手のベテラン医に助けられ一時、ディスファンクションであった機能がファンクションされている毎日であります。

 

 

天然ホルモンのバランス  

 

実際に頭がくもりかかったグレーも消えていく、治らないかと思った肩や腰痛、髪の毛がシャインからバサバサ、爪もへたる、顔シワ、後退感や体形、筋肉の回復だけではなく免疫が一番に変化したことに気が付いた。(ホルモンが無いときにストーブで焼けどした、通常であれば3,4日で治る皮膚がまるでこげたように黒赤くなり、あざのように4週間も残ること)や体内のファンクションはこの天然ホルモンと他のバランス治療の混合で素晴らしい転換を見せてくれる。

更年期障害にある一番の女性問題、コレステロールの上昇、LDLとのHDLの反比例、心臓病、高血圧症、四十肩、関節炎、エネルギー減退、鬱、(頭と神経、記憶力低下)、リビドー性機能減退、無欲望、)を緩和、前に元気であった日に戻ることが可能であり、人体活力の回復に寄与してくれるのがこの天然ホルモンと総合バランスをとることによって戻る。

Bio-identical hormone (バイオアイデンティカルホルモン)(注1)です。

 

痛い、完治できていない、ダメだと諦めかけた方は、是非メールをくださいをください。

 

 

まず、このクリニカルSTUDYを是非ご覧ください。  

 

自然ホルモン療法が注目され バイオアイデンティカルホルモン療法が始まった日本!

 


だるい、エネルギーが出ない、欝と間違えやすい症状

メタボリックもホルモンバランスを元に、予防、健康管理を行う

 

 

日本では、一昔まで女性の閉経や更年期障害は世間に閉ざされていました。女性は時期が来れば苦しい時期も受け入れること、誰にも話せないものであった。欝とは、やる気がない人間の言う言葉であると文化が決められていた一昔。日本もやっとオープンに閉経、欝、PMSなども病気の1つとして認められる時代に到来。ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

一時期に流行った外見だけの美容は、本当の抗老化治療ではありません。一瞬、顔の小ジワをなくすようなインスタントオペはすでに過去のトレンドになり、内面の美に力を入れ、予防医学(早くにホルモンの不足をキャッチして人口ホルモンではなく、自然ホルモンで免疫の降下や成人病を防ぐ)ことと代替治療に注目している米国を見習いサポートすることが本目的です。

 

TOP

 

 

 

 

 

このサイトは、医師と患者さんへのサポートサイトです

 

自然ホルモンHRTでアンバランスを整える。ボディー、マインド、スピリットのバランスを見つめる時代。 早くにキャッチして予防と日ごろの生活をを意識的に行動、そして良いDrや専門から治療を受ければ、がん、心臓発作などの成人病の予防が十分に可能です。

TOP

 

 

 

 

TOP

免責:情報はなるべく正しいものをお届けする努力をしております。しかしその情報が、異なる場合もございます。本項、自己経験を入れて書いております。それを保障するものではありませんので了承ください。

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康