5MTHF 活性化・天然葉酸 メチルテラヒドロ葉酸塩

メチル化葉酸 l 5MTHF 最も重要な栄養素

 

*お願い:これら内容は一切転載禁止です。ブログへ転送などの場合は、必ず連絡ください。これら情報は、women wellness.jpがメチル葉酸塩の処方箋などの比例や特許栄養食品の詳細、副作用、代謝マップなど、メチル葉酸塩について初めて日本へお持ちしています。

メチル葉酸って何?

然型葉酸でも、活性化された「5メチルテトラヒドロ葉酸」をいいます。略して、5MTHFと言われています。(下記の図を見てください)

5MTHF

この天然型の葉酸は、低温度(Raw)の緑葉野菜から栄養摂取が可能です。この葉酸、L-methylfolate エル・メチルフォレイトと呼ばれる葉酸で、天然に存在する優勢な分子形態に対応し、最も安定した純粋な結晶成分を体内へ提供して、セル、神経などの保護に入ってくれます。天然型の抜群な利点とは、過去の葉酸とは異なり、体内に入って直に変換が不必要な利点です。(人口葉酸は、多くの変換、あるいは吸収が出来ていない問題が多いということです*)。「天然型の葉酸」は、メチル葉酸、活性化葉酸、5MTHF、5メチルリンテラヒドロ葉酸とか言われています。この天然型の葉酸は、生化学反応の様々な重要な役割を果たし、体内における異常ある遺伝子や細胞分裂、およびセル修理のために必要とされる人間に最も重要な水溶性ビタミンB群です。この葉酸とは、化学葉酸形態を含む総称であり、この葉酸こそが本当の葉酸です。弊社に来られるたくさんの方が驚きます。今まで医師に薦められた葉酸はウソですか?とか・・・何が問題あったのでしょうか?と。この天然の葉酸が本当の葉酸であり、アメリカの研究では、過去に摂取してきた多くの葉酸=Folic Acidとは人口の葉酸であり、この過剰摂取は、がんのリスクや遺伝子障害の問題などが揚げられています。この摂取を野菜で摂取しても摂取したけど、栄養にならない、吸収が出来ない人が多いこと。これは、遺伝子のMTHFRと言われるあるゲノム(677&1298が2人に1人に割合に近づいています)に損傷があることで、疾患生むことが多きことです。

MTHFr エム・エイチ・ティー・ファーと呼びます。遺伝子ミューテーション 

MTHFr (MethyleneTetraHydrofolate reductase (NAD(P)H) メチレン・テラ・ヒドロ・フォレイト・レダクテーゼと言われる遺伝子に障害を持っている人(この多くに677&1298)が、この遺伝子障害の改善が始まった瞬間の感覚とは、まるで体に電気が点いたようだとか、暗い部屋に明かりが点いたようだというフィードバックが出ます。この中には、5MTHFの葉酸を摂取するだけで数時間後に、10年間疲れ切っていた倦怠感改善した人もいます。昨日までうつ病と思い込み、精神科へ通っていた人が、まるでうそのようだと感じること、特にこの活性型の葉酸と脳障害のムード、神経系の要素は非常に大きい関係を持っています。認知症を持っていた人が、意味の判らなかった脳の曇りや記憶低下のも代が一瞬にして雲が去ったようだとか、長期倦怠感に悩み、医師を10件以上も行って問題が解けなかった方、長年、元アスリートなどでアドレナルファティーグを持っていた方の改善、喘息やシェーグレン病と言われた方が自己免疫疾患などを持って生きてきた方などにこの5MTHFが、非常に重要な機能性栄養素食品が役立っているのは、遺伝子の改善にマッチしていることが重要な考えです。

MTHFはまるでスイッチ

スイッチが入ったという感覚こそが、多くに問題がある脳の伝達物質の関連です。そして神経系のセンサー役こそが、このメチル回路の面白いエリアです。面白いという感じをお伝えするのは、長期に渡って問題が解決できない人へは、非常に多きなドアが開く期待を持っているからです。

精神科へいき、薬だけが増えて、体の衰えは数倍にも増えて悩んでいる方、認知症も初期で、認知症ではなく、認知症と医師から検査もせずに、言われたから受け入れて生活をしている方。パーソンの遺伝が無い家系にありながら、パーキンソンの初期症状を持っている方、これら接点があることは、SNPsと言われる遺伝子検査で出てくる、大きい677&1298の遺伝子問題が原因のために、ほかの回路にも影響があり、問題を手探りで治療に当たっている場合などを言います。

突然変異と言われるミューテーションは、何かの外的な障害でおきることも非常に多いということです。この5MTHFとは、この回路、メチル回路と言いますが、人間の解毒フィルター役です。寄って上記にあるように、昨日までのうつ病がうそのようだとか、5年持っていた倦怠感が2日目にして抜けたとか、認知症と思っていた人の脳の曇りが晴れたとか、脳神経の改善などが見られることが多いことです。

5MTHFを摂取後1時間以内、その反応とは電気が点いたようだという良い反応を言います。こういった感覚を受ける人も少なくありません。私たちの体には、ゲノムといわれる遺伝子のスイッチ構造です。それら遺伝子とは、両方の親から受け継いだゲノムでもあり、生まれてきた時に本来、明るい電気を持った部屋(体内を例え)であるセルのはずが、どちらからの遺伝子の障害を受け継いだ遺伝子とそれを知らずに先祖で2,3台前から問題があったかもしれないことです。こういった検査もしたこともなく、理由わからない疾患を持っていれば、この検査をまずお勧めいたします。

環境やストレス、汚染などによって遺伝子が変化されて、何かの障害を持つ遺伝子になったことより体内が疾患を生むことも1つです。それら疾患の症状が現在の、うつ病、アルツハイマー、自閉症、パーキンソン病、動脈硬化、糖尿病、そして現代に2人に1人と言われているがんなどです。遺伝子を受け継ぐ状態のあり方をHeterozygous vs Homozygous ヘトロザイガス&ホモザガスといいます。ヘテロ接合&ホモ接合 といいます。

 

こういった疾患は、このメチル回路の問題が多く起きていることです。自閉症の子供が増えてる現代の妊婦さん(胎児を持つ母体に)この天然型の活性化葉酸の不足であることの原因も脳神経病につながっている1つの大きな改善ドアになると信じております。*(環境や汚染も原因に含)`。寄って、 メチル化は遺伝問題とお伝えしても過言ではないかと思います。メチル化が元気にサイクル出来れば、体内の解毒が可能になり、突然異変を起こす遺伝子も守れるということで、辛い病気や疾患を保護できる可能性があること。是非、ご自身の遺伝子も最近では簡単に検査が出来るようになっていますので、このMTHFrを受けることをお薦めいたします。(検査は、2.5万円で大きな基本が可能です。DNA総合になれば、5万円です。8月2013年から開始します。(詳細、ご連絡ください)

 

メチル化MTHFr遺伝子疾患の疾患

 

●がん

●ホルモン系の乳がん

●アドレナルファティーグ

●パーキンソン

●ADD/ADHD

●学習低下症

●倦怠感の継続

●糖尿病

●心臓疾患

●うつ病

●自閉症

●自己免疫疾患

●認知症

●不眠症

●ムード変化

●甲状腺疾患

●ダウン症候群

●不妊

●躁うつ病

●流産 特に35歳を過ぎた妊婦さん

上記の接点は、メチル化が出来ていない

 

メチル化のバランス

 

メチル化を改善するには、まず見えない場所の管理です。これは、小腸や大腸、そして肝臓のグルタチオン製造ができているか、腎臓などのサポートを入れてです。栄養素、環境から蓄積された重金属、毒素の解毒デトックス、ストレス管理、食事の管理などは最低限大事です。この先にコーファクターのサプリやメチル化に重要な機能性サプリを記入しています。ステップをはずせば、難しい・・・・

改善が見えない、水銀が排出できない、検査が変わらないは、メチル化のステップを抜かしている。

改善が少ない場合は、メチル化、このコーファクターの解毒に入る、あるいはキレートに入る、順序を抜かしていることに大きな原因があると見ます。メチル化のMTHFRの遺伝子の障害を徹底して改善を求めてバランスを求めることです。

 

市販の葉酸は、絶対に摂取しない!危険→合成です!

ご自身が摂取して良いかと思っていたこの葉酸、一昔は、どくたーも葉酸を取りましょうということで、いまだに合成の葉酸、FOLIC ACIDといわれる葉酸が売られていますが、この市販の葉酸はとは→合成の葉酸です。合成のこの葉酸は、体内にいいだけではなく、発がん性にもなるといわれ、フォリックアシッドと英語でいわれています。この理由とは、メタボライズ→代謝、消化が出来なく、がん細胞を増やすとされています。いまだに知らない医師は、 leucovorin という薬を妊婦さんなどへ処方していることは、非常に発がん性を持つ危険性があるので、気を付けたい。NKセルを低下させると喧嘩状態ということです。葉酸は、ダイハイドレートフォレートになり、DHFRの栄養素がゆっくりであれば、これまた障害が出ることです。電子回路のスイッチで、どこかの障害があれば、先にも障害が出ることです。

 

5MTHF?低温度のローヒートの葉っぱ緑野菜から

5メチルテラヒドロフォレートは、緑野菜のRAWタイプ、低温度クックの葉っぱから摂取が可能です。しかし体内に保持する、B6&B12が少なければ、メチル葉酸はつくれない。イタリア人が食べる緑野菜の食べ方です。B6低下は、メチル葉酸をブロックすること、そして、バイオフラビンB6&B12、メチルコバラミンが低下であれば、SAMeを作れないことがキーです。ここで、メチル機能を低下されるとされています。人間はこのサイクルを持ち、同時にB12no摂取でこのメチル葉酸は相乗効果があります。DEPLINの薬やコバラミンを摂取していない場合は、最大限に摂取していないこと。NKにプレッシャーされることのサイクルです。メサイオニン、SAMe(単体のカーボンドナー)がつくられます。よって、メチル葉酸を摂取する場合は、B6&B12の摂取が大事です。そして、マグネシウムも大事であるということです。SAMeからグルタチオンレベルを上げるというお話です。

 

メチル葉酸とリーキーガット*(IBS)

胃腸障害、IBS,神経性胃炎、リーキーガットは、このメチル経路を修正することにより、大きな改善が見られています。IBSも同時に、解毒回路の修正により、4Rといわれるプログラムを追加することにより、多くにリバースが見られる可能性が多きことです。治療には、まずパラサイトを除去、そしてカンジダを除去、そしてこの後に、補給、補助のサポートです。

リーキーガットの治療形態の多くは、まずは小腸サポート、そして大腸サポート、そしてこれが影響する肝臓、腎臓の改善サポートです。この機能性サプリに使われる種類は強力なん乳酸菌、特にラクトバチルス菌、バーベリン、ビタミンB12は欠かせない重要な手がかりです。

 

健康に生きるためには、メチル回路が重要になってきます。

MTHFは、健康のスイッチをオンにすることが、大きく可能であることです。詳しく先に記していますので、ステップを踏んで学んでください。

ご自身が、長期に渡り暗い部屋に電気なしで生きてきた場合を例えれば、倦怠感、うつ病、しんどい、痛い、がん、記憶低下、ホルモン系の乳がん、アレルギー、喘息、シェーグレン、甲状腺疾患、ハシモト病など、非常に免疫や脳に関する問題が多きことです。そして、ほかには突然死の動脈硬化や心臓疾患などもこの1つに当てはまるかもしれません。このメチル回路には、様々な複雑な回路や形式があります。これを「ニュートリゲノム」、あるいはニュートリゲノミックなどといいます。皆さんのご存知のグルタチオンやCoQ10、SAMe、ビタミンB6、ビタミンB12は、このメチル化の大きなリーダ役であり、それぞれこのリーダー達が、私たちの体に入ってくる外的な汚染や異物をブロックしてくれます。

1例をあげると、CYP1a1 プロテインー遺伝子とは、エストロゲンのホルモンの分解をしてくれたり、乳がんに変換していく悪玉な危険な遺伝子を防止してくれる役になります。そしてこの5MTHF回路で、最も重要な役割が、上記で記したようにハッピー度、やる気を出すセロとニンとドーパミンのバランスです。寄って、メチル化を重要視していくことが、今後の健康につながることと信じています。脳伝達物質の重要なスイッチこそが、この回路にあることも1つです。アルツハイマー、うつ病、パーキンソン、心臓疾患、動脈硬化、ホルモンからの乳がんなどに役に立つ、基本になる機能性栄養素として、いまから予防ください。そして改善の可能性をつかんで頂きたいことこそが、私達の願いでもあります。この天然型の葉酸は、一昔、スイスで開発されています。(詳細先へ)現在では、アメリカでも10年ほど研究されてうつ病、アルツや認知症、妊婦さんの最も重要な治療薬で処方箋にもなっていますが、この数年特にこのエリアのニュートリゲノムの急激なリサーチはアメリカで始まっています。

5MTHFはまるで健康の電源スイッチ?

天然型の葉酸が障害あり(人口の35−45%の人が知らずにこの遺伝子障害の問題を持って、悩み悩んでいる人が非常に多きこと。自閉症には、75-98%以上のMTHFrの異常があると言われ、この世界人口はなんと1/3以上とされています)。たとえば、長年倦怠感で悩み、その倦怠感の理由が判らず解けないままで10年間過ごしてきた人も稀ではありません。このときに欝っぽい症状を持ち、本来このMTHFrの異常があり、治療を行うことができた可能性もあれば、精神科の薬が答えではなかったというケースは非常に多いと信じています。この障害を改善する事によって、活性化葉酸塩の5MTHFが体内に入れば、即座に体内の電気のスイッチが点いたようだというフィードバックを見ることも少なくありません。一体どういった意味なのか?体内には、回路があり、それもまるで電子回路と同じようなスイッチがあります。(詳細は図を持って後序で判りやすいように説明)

 

5MTHF葉酸は今後最も認められる機能性栄養素

これら活性化葉酸サプリメントは、低葉酸レベルを治療または予防するために使用され、低葉酸レベルは貧血や神経障害児のリスクが増えるとされいます。それだけではなく、上記ある疾患がおきる問題の多くが、このメチル化、電子回路の障害です。これは遺伝子検査にて確認ができます。677や1298、COMTやMAOAなどの障害です。(詳細は後述へ) → 低葉酸レベルを引き起こす可能性の条件とは、近来頻繁にできている、ファーーストフード、貧しい食生活、この貧しいことの意味は貧しい栄養素になる考えで、環境汚染もこの遺伝子を変化するリスクはあるので、ただ検査をして遺伝子障害だけに集中せずに、大事な生活改善とのバランスが重要です。

5MTHF活性化の葉酸が不足であれば?

うちにうちに来るクライアントのたくさんの方がいいます。葉酸が、合成であることなども全く知らなかったといいます。掛かりつけの産婦人科の医師、内科の医師も合成の葉酸を薦められてきましたと。がんが2人に1人の時代に入り、自閉症はアメリカでは、数人の一人の割合です。遺伝を持っていなかったのに、がん、自閉症、アルツハイマー、糖尿病、エピデミックの疾患が増えています。これも世界は知らぬ間に目に見えない環境汚染がノンストップに走り出し、そのスピードに追いついていけないデトックスです。

私たちの生活には汚染(重金属の水銀や鉛、カドミウム、砒素、アルミニウムなど)、ドンドン人体へ入って蓄積されはじめています。目に見えない環境汚染は、著しく疾患を生んでいることです。こういった生活の変化により起きる障害、がんやうつ病、アルツハイマーなど以外おきている障害が、MTHFrミューテーション障害です。汚染のできないからだ、解毒回路が詰まったからだになっていることが、世界人口で3分の1以上とされています。こういった目に見えない汚染の空気、汚染水だけではなく、コンビニ生活やボックス生活の外食などが多き場合、運動無し、ストレス管理ができていない、知らずに受け入れる親さんのメチル化が問題で、子供の脳神経が問題になることが、最近の大きな問題です。この葉酸低下症は、脳神経と最もコネクターを持ち、うつ病の関連があるのもこの不足や障害から起きる事が多いことです。

5MTHF葉酸の不足とうつ病、脳神経病

寄って、活性化葉酸の摂取は、神経系や自閉症、神経問題の子供をうむリスクを軽減すること、アメリカでもっとも注目されている栄養素です。いつもきれる人、うつっぽい、グチばかりの生活を持ってい生きている人、怒りまくるひと、疲れきっている人、食べる栄養素を無視している人、こういったリスクは環境汚染が入ってきても、毒素が体外から入っても、排出ができないからだの1つになることもリスクありです。ここが、全体、全身へ繋がるご自身の浄化出来るか出来ないか、この解毒回路が、機能できない場合は、倦怠感、うつ病、がん、パーキンソン、認知症などありとあらゆる疾患を生むことのリスクが増えることのリクスが増えると言うことです。 破壊の生活を長く続けることもこの本来の天然型の葉酸が不足している問題点の大きい1つです。

5MTHF不足がうつ病と倦怠感を増やした原因か?

最近の急上昇になるうつ病の大きな理由には、この栄養不足、環境汚染の破壊など、両方の面をみても、このメチル化保護の5MTHFは非常に大事になります。セロトニンのバランス、ドーパミンのバランスが出来ない、やる気があっても出せない状態の人が非常に多いはずです。最近では、アドレナルファティーグといわれるように、多くの人が疲れを出し切れず、自殺に追いやられたり、学校を停止したり、会社を辞めたりという問題があるようですが、これも環境、栄養素の不足など、様々な原因が重なって起きていると考えられます。特にこういった状態の場合に、役立つ1つの機能性栄養素がこの5MTHF葉酸塩です。

日本人の人口35−45%がMTHFrの遺伝子障害

近来に日本人の研究者(特に脳神経、精神、免疫科、がん科など)が、もっとも勢いよく追いかけてくる大事な栄養素の1つになると信じています。この優れた栄養素とは、下記に記しているように広い範囲で治療に使われています。 認知症、アルツハイマー、神経病、糖尿病の保護、ホモシスチンなど人間が健康体に生きていく、重要で欠かせない栄養素と信じております。

 

MTHFr&遺伝障害について

 

簡単に記しますが、人間は生まれ持つ遺伝子があります。それぞれ父と母の遺伝子の2つをコピーして受け継ぎます。Mutation →ミューテーションとは、遺伝子の突然変異のことで、この遺伝子の1つのコピーが障害を発生した場合、その個体を「ヘテロ接合体」と見られます。そして、両方の遺伝子の両方のコピーが変異している場合、これが「ホモ接合」と言われます。ホモ接合 vs ヘテロ我々は優性遺伝や遺伝形質にBなどの文字を割り当てる場合は、bが不良対立になります。ホモ接合遺伝子型BB(正常)とb(影響)およびヘテロ接合遺伝子型によって表されている場合のBb(キャリア遺伝子型)で表されています。

こういった遺伝子障害が理由に、長くうつに悩んでいる人も少なくありません。両親からの遺伝、片方からの親からの遺伝により、このMTHFrのこのメチル回路に障害がある場合などには、上記のように部屋の電球が故障していたためにずっと暗かった、疾患や倦怠感が抜けなかったというような報告などです。


 

MTHFr遺伝子障害の乳がんのケース例

男性では前立腺リスクも予防が可能?

女性でいえば、多くに乳がんが最近日本急上昇しています。それも閉経後ではなく、閉経前のプチ更年期時期の35−45歳の間です。ある39歳のミカさんという方のケース例をお話しますね。男性もスキップせずに、前立腺につながることですので、このケース例を飛ばさずに学んでください。

ミカさんは、仕事もよく出来て、いつも元気な姿であこがれの一人です。このミカさんが、ある日突然乳がんになりました。ミカさんの家系にはがんをもっていませんでした。

なぜ?こんな年齢でと思われるかたも多いはずです。日本の国内では、この年齢での乳がんが急激に増えていることです。予防ポイント1:MTHFrを知り、サプリでメチル化保護を行う

ミカさんの年齢とは、プチ更年期の時期です。閉経前の準備期間です。これが、35-45歳を一般に言います。特に、この時期のプチ更年期時期は、非常に大事が解毒といわれています。ホルモンの乱れ、エストロゲンドミナンスなど、メチル回路を元気にしなくてはいけない時期です。

エストロゲンホルモンこそが、遺伝子障害との大関連

女性ホルモンのE1とは、悪玉ホルモンで汚い性格を持っているホルモンです。本来であれば、解毒化できるところが、このミカさんの体質は子供のころから、いつも疲れを持ち、アレルギーが多い、痛みや倦怠感が多い生活でした。しかし、やる気勝負で、必死にがんばって生活をしていたところ、この乳がんです。幸いにミカさんが受けた診断が早くて初期で抗がん剤、放射線治療にて転移もなく、助かりました。なぜミカさんには、こういった悪玉のホルモンが増えて、中和作用のエストロゲンホルモンの分解が出来なかったのか?

ホルモンこそが、メチル化&MTHFrの解毒基本

ホルモンが分解されるにもMTHFrのメチル回路です。最近あった話では、アメリカの美女・女優AJが、母の遺伝子を受けて、乳がんの予防をしたBRCA、BRCA1のお話は知っている方も非常に多いはずです。このBRCAは大きな乳がんになる可能性がある遺伝子の1つです。このBRCAの大きく乳がんに関与する「悪玉のメチル化遺伝子障害に当たるのが、このCYP1a1とCYP1b1です。」ミカさんの遺伝子検査の内容から、このCYP1a1とCYP1b1が陽性だったのです。

CYP1a1とCYP1b1の問題は、非常にエストロゲンのホルモンを分解しにくい遺伝子であるということがわかっています。このBRCAだけではなく、CYP1a1&CYP1b1の2つの遺伝子障害、そしてそれだけではなく、このミカさんにはCOMTの遺伝子障害の問題もあり、特にCOMTのV158もこのエストロゲンを分解できないとされているのです。

これがたまたま、女性のケース例であげていますが、男性の前立腺がんの問題にも同じような、遺伝子の障害があり、ホルモンが本来分解されて、肝臓に負担がかからないように、解毒されるところが出来なくなれば、同じように前立腺のがんやあるいは、大腸がんなどの問題やアルツハイマー、認知症などの問題が起きる可能性が非常に多きことになるということです。

これだけではないです。

この乳がんとこの5MTHFの関連があるかといえば、これもメチレーションです。これこそが、将来医学で、これをニュートリゲノムといいます。

自閉症は98%MTHFr遺伝子障害と言われています

自閉症のお子さんには、このMTHFrの677&1298の遺伝子障害を98%持つといわれていいます。DANプロトコールを使っても成功ができない、アンディカトラーのリポ酸を使ったがダメだった。アメリカへキレーションに来たがダメだった。こういった問い合わせは毎日のように依頼が届いています。

多くに自閉症の子供は、グルタチオンが低下で、消化が問題が多きあります。GSHとは、肝臓で作られます。たんぱく質、アミノ酸を摂取してもその多くがアンモニアに換わり、これらアンモニア数値があがる多くの原因が、CBSの シッスタイオニン・ベータ・シンサーゼ cystathionine beta-synthaseの遺伝子が問題で、グルタチオンは体内にもっとも重要な栄養素ですが、硫黄化の食品が消化が出来ないことでGSHの吸収が出来ない場合は、それこそ解毒が出来ません。簡単に考えれば、グルタチオンとは、抗酸化剤の母親役です。よって、このタイプには、ユッカやカルニチン保護をまず行い、そして少しづつこのGSHを紹介していくことが重要です。

MTHFr遺伝子障害&COMT&CBS障害?

このGSHが摂取できないとなれば、体内の解毒信号がピタリと停止になれば、どんなイメージが浮かびますか?まるで、渋谷の高速や阪神高速をストップして、東京から神戸まで12時間の遅延になる距離の渋滞以上です。そうなれば、色んな障害が始まることです。がん、糖尿、神経病、うつ病、認知症、パーキンソン病、ホモシスチン向上、動脈硬化・・・書けば限がありません。こういった疾患を持った場合、あるいは予防をしたい場合はこのメチル化の遺伝子検査を行い(弊社でも可能になりました)ので、この回路の解毒渋滞を知りましょう。

 

うつ病で薬を使う前にMTHFr

うつ病を持つ方が処方箋を使う際には、何が合うか、医師も知りません。あなたの処方箋をまるでパズルを解くように、あるいは宝くじを当てるかのように治療薬を使うのではなく、まずこのMTHFrの遺伝子回路の障害エリアの問題を知って、解毒回路、セロトニン&ドーパミンの回路の元を元気に改善して、障害を経てばこのニューロトランズミッターの脳伝達物質の回路が元気になる可能性が非常に高きといわれています。

 

長期倦怠感のを持つ場合もMTHFr&5MTHF

うつ病と同じく、長期疾患、免疫疾患、自己免疫疾患を持つシェーグレン、ハシモト病、喘息病などを持つ場合は、このMTHFrの検査をして、どこの遺伝子に障害があるかを知りましょう。特に、長年オリンピック選手やアスリートでがんばってきた人の体には、フリーラジカルが多く、グルタチオンの低下症が目立ちます。同時に汚染社会n問題、多くにはペットボトルのBPA、コンビニの弁当、プラスチックは、レンジでも食品に入って、溶けてきます。体内へ入れば、もちドン毒です。多くに知らなかったといわれます。BPAとは、重金属が蓄積されたように、倦怠感、発がん性、いろんな毒素が入っており、ホルモンにも影響します。

 

うつ病?遺伝ないがん?解毒できない体?はMTHfr障害?

 

5MTHFとは、まず脳との関係がすごく大きい。寄って、この5MTHFは、アメリカでうつ病の治療に使われています。下記に5MTHFの治療薬の詳細を示していますが、この活性化葉酸が体内で不足であれば、色んな疾患が起きます。うつ病、キレル、だるい、倦怠感、疲れ、いつも疲れてる、起きても疲れている、甲状腺疾患、ハシモト病、グレーブ病、がん、アルツハイマー、パキンソン、大腸がん、乳がん(悪玉のホルモン変換するタイプのがん)自閉症、脳神経疾患、動脈硬化、心臓発作と非常に非常に病気になる鍵です。逆に言えば、このMTHFrを改善して、5MTHFを吸収始めれば、こういった疾患の問題やメチル化の解毒回路の改善が可能で、体内は解毒も可能になり、正常な機能になる行動が出来ることも1つのアイディアです。

天然型・活性型のみが本当の葉酸

6SのL-methylfolateやlevomefolateは葉酸の活性型の名前です。 このメチル化、電子回路の障害です。これは遺伝子検査にて確認ができます。677や1298、COMTやMAOAなどの障害です。(詳細は後述へ)
低葉酸レベルを引き起こす可能性の条件とは、フリーラジカル蓄積、グルタチオン低下症、近来頻繁にできているファーストフードの除草剤、農薬、メタル蓄積による水銀、カドミウム、ヒ素、アルミなどの過剰蓄積(重金属蓄積)、貧しい食生活、この貧しいことの意味はコンビニ弁当の継続や野菜不足、栄養不足による貧しい栄養素になる考えで、環境に寄る遺伝子を変化するリスクはあります。従来体内にには、フィルター役の解毒作用が出来るように、体は作られていますが、過度の受け入れこそが、このMTHFrのミューテーション、遺伝子障害を起こすこともあると言うことです。

一般の葉酸酸は合成、人口→ダメ・ダメ

ご自身が過去にみてきた葉酸とは、葉酸の人工です。合成葉酸であり、人間の手で作られた葉酸をいいます。一般のサプリや食材、添加物のように、葉酸、あるいはFolic Acidという原料が入っていれば、絶対に避けましょう。こういった葉酸とは、人間が作った人工体であり発がん性のリスクや脳神経の変化などのリスクがあるとされています。体内でほとんど吸収ができないとされていますので、本当に摂取したい現代の葉酸を使うことをお勧めいたします。ビタミンBが自然に健康な細胞、特に赤血球を形成するのに必要とされる。 L-methylfolateとlevomefolateは葉酸の活性型の名前です。


栄養失調だからこそ5MTHF葉酸を補給

栄養失調が見られることだけではなく、重金属や毒素が蓄積になる材料を増やすことで、体内の遺伝子が環境にて変化する、こういった外的な反応で、遺伝子に傷がついて免疫低下症などを起こすことも天然の葉酸が不足の原因とされています。では、天然型の葉酸とは、いったいどういった機能を示すか?5MTHFといわれる、メチルテラヒドロフォレートといわれ、図式であげれば、こういった形です。

 

 

5MTHF不足と肝臓疾患&胃腸障害

 

特に、妊娠やアルコール中毒、肝疾患、特定の胃/腸の問題のリーキーガットやIBSの胃腸障害を持つ人に多く問題を持っていることと、うつ病にあるように、神経病が多きことも1つです。自閉症の子供が多くなっている1つの原因ともいわれています。この天然の葉酸とリスク低減の疾患の改善の可能性は、今後に大事になる研究の1つです。アメリカの予防医学では、合成の葉酸ではなく、天然型の葉酸を補給するこで、健康な子供を持ちたい場合には必要である栄養素とされています。こういった天然型の葉酸の適正量を保持して、乳児脊髄先天性欠損症、成人であれば、うつ病、パーキンソンアルツハマー、認知症などを防ぐためにも活性化葉酸の機能性サプリメントを通じて、最低限必要な葉酸の十分な量を受けることで疾患のリスクをカットすることも1つの予防医学の考えとされています。

 

 

メチル葉酸と5MTHFの種類

L-Methylfolate, Methylfolate, 5-MTHF, L-5-MTHF.

メチル葉酸を吸収するには、B12、B6、そしてグルタチオン&SAMeが重要です。メチルとは私たちの解毒、巡回回路です。掃除回路、解毒回路、この回路がうまく回路できない場合に、疾患や免疫疾患が起きます。まるで電気のスイッチがつかないままの体になっていることも多く、多くにはこの5MTHFを使用して受けつフィードバックとは、体電気が付いたようだといわれることが多いのもこの天然型の葉酸の1つです。

 

乳がん保護にDIM&インドカビノールはがん防止?!

 

DIM&インドカビノールを使う最も大きな理由は、メチル化保護!

 

乳がんや卵巣がん保護に使う、実績ある機能性サプリのDIMやインドカビノールは、このメチル化保護だからです

発がん性との関連:MTHFrは、ホルモンを分解してくれる回路でもあることです。乳がん、子宮がん、卵巣がんなどに影響する悪玉のエストロゲンは、実際のホルモンが分解されずに、中和作用ができずに起きることが多いことの1つです。こういったことも解毒ができない1つとされています。乳がんの予防とは、多くにこのメチル回路をしっかりと解毒できるようにサポートするこで、多くにサプリメントのDIM(Diindolylmethane)やIndole-3-carbinol (I3C) インドール3カビノールを使うことも、このメチル化を促進するためです。

こういった悪玉ホルモンを守ることが、乳がんなどの予防でもあり、健康なホルモンを製造して、流動するためにもこのメチル化の掃除は、非常に大事ということです。

健康に生きるためには、メチル回路が重要になってきます。

 

 

メチル葉酸の使い方は、このページ

メチル葉酸って何?

5MTHF

MTHFr遺伝子検査

MTHFr遺伝子の種類

MTHFコーファクター

5MTHFサプリメント

 

 

グルタチオンサプリメント

リポゾームグルタチオン

サプリメントは、吸収が第1。即効性を求めます。アメリカでは、錠剤、市販のサプリを超えてすでに「リポゾ-ム」と言われる血流やリンパに即効性を求めるタイプのサプリメントが現在アメリカで最も優れた使い方で認められています。このグルタチオンは、吸収も抜群で子供さんから大人まで液体で使えます。1ティースプーンの成分が、453mgです。一般のサプリには、程遠い成分と質です。ドクターズサプリメントは、成分は保障勿論、素材も安全で優れたものだけを栄養補充で使える利点が、素晴らしい投資と見ます。

すでにこのグルタチオンは、リポスフェリックのビタミンCと組み合わせ、相乗効果で使っている方が、沢山います。

 

クリームのグルタチオン

グルタチオンは、吸収性が60%ほど、特に錠剤やカプセルでは非常に少なくなります。こういった吸収減を防ぐために、鼻腔スプレー、クリームがアメリカでは主流です。ポートしてくれます。このクリームは、グルタチオンとSOD、スーパーオクシデーティブ配合の素晴らしいクリームです。

 

ナック・NAC/システイン

解毒、薬の長期使用、グルタチオンのプリカーサー役で、グルタチオンと相乗化します。特に優雅物質を解毒したい方にお勧めです

 

 

グルタチオン液体・リポゾーム吸収型

このグルタチオンは、リポゾーム化と言われる吸収性です。第1は点滴。第2にこのリポゾーム化.そして3.に リポゾームのカプセル、あるいはSアセチルグルタチオンフォームとなります。


グルタチオンと相乗効果のビタミンC

市販のマーケットで最も優れたビタミンCの商品です。リポゾームと言われ、従来のビタミンの吸収率ではなく、吸収率が優れている臨床が出ています。このビタミンCは、非常に高い吸収率(体内で約100%)が期待可能。免疫サポート、日ごろの健康、高濃度ビタミンC点滴療法の代替などにお使い下さい。このビタミンCは、ドクターズグレードで添加物や合成は含まれていません。リポゾームC1gは通常のビタミンC8gに相当します。

 

グルタチオン還元型速攻性 

「グルタチオンRNAサポート」無添加、無化学スプレー式のグルタチオンです。3本入り


グルタチオンの前駆役 アルファリポ酸

無添加100% アルファリポ酸は、全身の解毒剤にも使われています。ミトコンドリア、代謝のサポートでもあります

 

 

 

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康








eXTReMe Tracker