酵素治療l消化酵素lがんと酵素、免疫酵素を知る

 

まず酵素に走る前に、簡単に酵素がどんな働きをしてくれるかを知る。そしてその前に、まず自分の胃相を再確認してみましょう!

 

 

胃腸とは、免疫の80%を作り、ハッピーにさせるセロトニンを75%は、この胃腸で管理されています。ただ酵素が良いから、(もちろ人間は、酵素なしでは生きていけない)、しかしただ体の温度を上げるとか単発で乗るのではなく、酵素摂取の前に胃腸のセルフチェックをしてから酵素を摂取しましょう。

 

 

酵素は、50歳になれば、胃腸博士が言うに20才のときよりも50%減少されるということです。そして、消化の遅滞に気が付けば、甲状腺が低下していないかを調べてみる。

 

 

甲状腺は、メタボの神様です。特にファット、油モノが消化できなくなれば、(トンカツ、フレンチフライなどが胃から腸へ渋滞しているなら、デトックスや食事改善と酵素摂取(植物性酵素膵臓サポートパンクリアティン パンクリアティン植物性があります)、質の良い乳酸菌ベタイン HCLのサプリメントで、胃腸を様子みてみれば良い。ツールは十分にある。また、年齢に関わらず胃カメラは消化不良であれば、粘膜に傷(クスリの副作用、特に痛み止めや、お酒、暴飲など)がついていないかを確認することも1つ。怖い・・・ではなく、自分の体を知って改善を1日でも早くすることが、非常に大事です。人体とは、非常に強く出来ています。

 

 

ココナッツエキストラバージンオイル 胃腸改善に非常に役立ちます。 ココナッツオイルは、RAW,有機のみを使う

 

 

 

HCL Betain ベタインは、ピロリ菌、胃腸障害に非常にプラス リーキーガットで読みましょう

 

 

知らない間に起きている消化不良はないかを知る?→

 

善玉が全死していないかを知ってみる

 

必要は、強力乳酸菌と&酵素の摂取する必要と +HClベタインの摂取で胃腸消化は、相乗効果サポートを求めます。

 

 

消化不良&酵素の詳細を知る → アレルゲンを削除する →

 

方法:エリミネーションダイエットと言い、2週間ほどアレルギーに多い食品→小麦(パン、クッキー、うどん、そば)、コーン、豆腐、大豆、えび類を避けてみる。そしてこの2週間後にこれらの食品を一度に体へ与えるのではなく、徐々に紹介してあげる。そこで、自分の体が何にアレルギーがあるかを知れます。あとは、血液検査でもALCATやIgGなどのアレルギーの抗体を調べてみる。 何の消化に問題があるのかを知ってみることが大事

 

 炎症があるか?良プロテアーゼ

 

検査で知ってみる、CPK、CRPの平均が正常範囲を超えているなら炎症、隠れた炎症が体内にある。まずは、炎症を抑える手段が必要。特に更年期でLDLのコレステロールが高い場合などは、食事、クルクミンなどのサプリと酵素でバランスが出来ます。

 

 

炎症、打撲、打ち身、怪我、手術後のリカバリ-酵素を使う プロテアーゼ酵素

 

 

カンジダには、ドクターズグレードの植物性酵素のカンジダ酵素を使う

 

 

 特にアスリートの酵素は、日ごろの練習、運動の怪我などのサポート酵素は非常に必要になってきます。

 

 

酵素の使い方を知って、自分のコンディションで使い分けましょう。最近の酵素は、コンビで入っている酵素が多いです。

 

例えば、上記のように何の消化不良かを知れば、まずは生活改善とアレルギーあるものは、なるべく避けて良質の酵素(エンザイム)は、消化だけではなく消化でも分別された酵素の種類を知っておく。

 

1.たんぱく質 2.炭水化物 3.油脂分の酵素 4.ラクトース 5.カゼインなど、別に分けて摂取する必要があります。酵素は消化のストレスを補うために使う栄養補充の1つです。

 

 

消化酵素とは、子供が生まれてからすぐに酵素が必要になる場合も少ないないです。酵素は、乳幼児からでも摂取は十分に可能です。しかしいつも安全に摂取で微量から始めましょう。

 

 

 

アミラーゼ ↓↓↓

 

1)消化、アレルギーをサポートします。アミラーゼ酵素の働きは、炭水化物をサポートすること。2)にグルコース(糖をバランスする働き)、3)ヒスタミンサポートで、アレルギーサポートしてくれます。

 

セルラーゼ ↓↓↓

 

消化サポートで、この酵素は、体内で製造されません。消化サポートは、炭水化物と繊維です。フルーツや野菜です。

 

リパーゼ ↓↓↓

 

ウェイトとコレステロールの管理をしてくれるサポートを持っています。油脂、ファットを脂肪酸に変えてくれます。グリセロールを体内から排除する働きがあります。

 

プロテアーゼ↓↓↓

 

消化、免疫、炎症、サーキュレーションのサポートで酵素では、王様役。たんぱく質をアミノ酸へ変えてくれる非常に大事なロールをしてくれます。特に、この炎症という意味は、細胞の再生とは、ピュアプロテインが、(このピュアプロテインとは、ピュアアミノ酸に変換されます。プロテインは、アミノ酸へ変化されないと意味がない)非常に必要ということです。

 

がん、手術後、こういった際には、このプロテアーゼが、アミノ酸へ変えてくれて非常に再生に役立つ働きをしてくれます。この参考として、Dr.エドワード・ハル、Dr.ウィリアムの酵素治療は、現在でも全米のがん名医がこの方法と食事、コーヒーエネマ(Dr.ガーソンなど)でバイル(胆嚢は、浄化室みたいな役でその肝臓の毒素を排出するサポートなどで、がん治療を行っています。

 

 

 

 

 

 

酵素は、植物性酵素動物性酵素、両方あります。

 

 炎症と酵素の効能の関連

 

ライフサイエンスの研究で、発表されている酵素の研究は、急性炎症を抑制する酵素が薬剤の有力候補というタイトルで、米国のNature Immunology で発表された論文の著者は、UCSF マ研究室で胃腸病学助教授として働いて いるディヴィド・L・ブーンがこのことについて立証しています。

 

 炎症と酵素の効能の関連2


炎症反応止める酵素発見 理化学研究所


異物の侵入から体を守る免疫機構の1つなはずが、過剰の進入は、アレルギー疾患やリウマチ、炎症の自己免疫疾患につながる炎症反応を、正常に終わらせる働きを持つ酵素を理化学研究所などがマウスで発見、米科学誌ネイチャーイムノロジーで発表されています。

 

酵素は薬としても販売されている

 

日本の薬剤でもこういった炎症で 炎症緩解用酵素剤などが販売されています。その内容、成分とは、パイップルから作られるブロメライン酵素が中心である。

 

消化ストレスを先ず、緩和する。その緩和対策を行いながら、体をアルカリ性に変化することが非常に大切です。さらに、体内へ炎症があれば(がんから手術の後色んな炎症、CPKが平常あっても炎症)。こういった炎症や消化でもエリアは、すい臓がしっかり機能しているか確認をすることも大事。ズイは年齢にも衰えるし、免疫低下もこういった消化不良、リーーガット、筋肉、組織の強化まで改善してくれるのが酵素。

 

アメリカのがんの名医が使う、酵素のプロトコールから、ドクターエドワード・ホールの酵素治療、怪我や傷を早く治すサ為のブロメラインを含め、このアメリカは凄くこの酵素に研究をついで居ます。消化には、消化酵素とこういった特別な酵素の効能を持ったもので、ドクターズグレードが相応しい。

 

Dr.エドワード ハウエル 酵素の神と言わる存在

 

彼の酵素に対するアイディアをまず知る。酵素セラピを知ってみる

 

酵素は、消化と代謝という2種類と考えています。消化が忙しくなれば代謝酵素は減少、消化が増す、忙しくなれば代謝酵素は減少する考えです。

 

疾患、炎症、病気で謝酵素が消費された場合は、体内の酵素が減少するという考えで、暴飲暴食、消化の悪い揚げ物、肉かり食べていると、消化酵素が大量に消費され、代謝酵素が減る。そこで出てくる疾患とは、胃腸障害、、肌の荒れ、免疫低下で代謝酵素が病気にアゲインスト→ 競争するために消費量が増えて消化酵素が減るからだになるといわれています。

 


 

 

 

こういった酵素の取り方やアミノ酸の取り方など何処も教えてくれない。しかし、このWウェルネスは、医師や研究者、NDと呼ばれるナチュラルドクターの研究を取り入れ、セラピストやスポーツ名医が使う酵素をここで取り上げておく。

 

貴方にあった酵素をを使って、年齢と共になくなる酵素の不足分を補い、今日の健康には、何が必要なのか?例えば、痛みがあれば、痛みを緩和する酵素。消化がうまくいかない場合は、消化酵素。

 

というように、酵素をうまく使うことが大事。*酵素の使い方や選び方をサイト内で説明しています。最近は、日本でも色んな酵素サプリメントがネットで販売されているが、本当に良質でないと効き目も少なく、貴方が投資する、時間とカラダの炎症をほうっている時間は、本当に無駄になる。Wウェルネスは、この酵素を朝鮮して市販からドクターズグレードへ変換したのは、年齢が桝につれて酵素は、必要であり、質がよくなくては、市販のプロテーアーズを買っても成分が少なすぎる、特に日本人の体にはこの酵素が少ないとアメリカの予防医学の医師が言う。こんなムダを省くためにも、安全で良質なグレードと言われる酵素かをまず自分で試めし、サンプルを使ってみて、効能を経験してみることがベスト。

 

消化酵素を使えば、一発で酵素の質の違いも知れる。体が反応する。効能が利く、これが栄養補充の基本のアイディア。

 

酵素の種類を生理してみましょう。

 

消化酵素

 

1.たんぱく質の消化サポート → Protease = アミラーゼ

2.炭水化物 → Amylase = プロテアーゼ

3.油質 → Lipase = リパーゼ

 

 

消化酵素の使い方

 

食前の30分から15分前に1個。食後に1個というように、使い分ける。

それ以前に自分の体が、何に対して、消化不良を起こしているかをしる。

たとえば、たんぱく質。魚や肉を食べたあとに、もたれやゲップ、お腹が痛い、ゲリなどの障害を起こすのか?

 

ドンブリは最悪な食べ方

 

美味しくてガツガツ食べる日本のドンブリは消化に対しては、最悪です。人間に消化の機械が3つあるとして、たんぱく質を消化させるだけで精一杯のところ、炭水化物のご飯をほうばり、プッシュしてたんぱく質の消化をしているところ、ご飯を入れれば負担も大きい。

 

そこに、豚カツとなれば、たんぱく質にプラス、油脂、アブラを消化しなくてはいけないので、体で消化悪い人には、機械が回りすぎて、負担が掛かりすぎになる。こういった最悪の食べ方になってしまえば、当然、血圧も上がり、シュガーもっ急に上がり、気分は悪い、食べれないー栄養回らない。疾患が始まる。そしてうでに疾患を持っていれば完治が遅くなる。消化は私たちの命です。がん、炎症や、手術後などは、特に一番栄誉がいるのに、栄養失調になれば、勿論直りも遅くなる。

 

日本にあるウン万円のペプチド(サバ酵素)を

 

       使わなくても十分に5000円相場で消化可能

 

  フィラーや添加物無しの酵素の良質の相場 60個〜90個

 

酵素は、当チームは、25社、現在で約70種類を超える酵素を5年以上も試した。これは殆どが市販されている酵素です。年々、環境の汚染が進み、市販のレベルは減少、効能の問題ではなく成分の問題と素材である。実際に治療をしている予防医学のプロ、研究者、胃腸の専門家が、実践している声とは、成分と効能でこの元は、素材である。沢山の抗加齢名医や酵素セラピを使う医師、ハーバリスト、レベル高いプロの栄養士からのStudyや情報も含みます。特にカンジダに使う酵素は、酸性ではなく、植物性でできた酵素でのサポートで、アルカリ性を望む。

 

ウン万円のムダ、市販の酵素

 

チームも実際に、この酵素をウン万では、利かない。ウン十万になるものを試たが、結果とは、市販、アメリカを代表する自然マーケットで販売されている酵素の値段も5000円以下やそれ以上を超えるものを挑戦してもやはり、このドクターズグレードには勝てない。酵素の1つの成分量、配合、製造法、質、素材、やはり雲泥の差があると見る。マーケットのサプリメントの酵素会社と言われる、一般人が、ムダにされる観念にも反感を持ちたくなるが、市販の酵素を使っても無理。効き目ゼロ。特に消化酵素は、まるで子供魂のもので、使った金額の何十万だけではなく、時間とそれに対する期待感、ムダなる体への時間を考えると体に申し訳ない気持ちになった。

 

消化、免疫を求めるには、誰も

 

        ドクターズグレード質か究極を求む

 

これは、私たちがアメリカの抗加齢のリーダーを徹底にリサーチしてきた研究からである。そんな時間のムダ、体は改善しなくては、大事な時間のないときに、これもダメ、あれもダメ、どれを使っていいか、本当にムダを行なった。そこで、一切の市販の酵素もを打ち切った。

 

酵素やサプリメントの効能を求めるのであれば、それなりに真剣に使いたい、その会社だけを選ぶということが現在に至る。

 

ペプチドにウン万にかけなくても良い

 

日本には、サバの高級酵素とうまく伝えた酵素で液体のものがある。弊社もその高級酵素を試したことがある。しかしこのオイル、防腐剤が入っているのか、まずオイルは、ランシドと言って開封すれば、そく酸化状態に入る。

 

2.そして冷蔵庫に入れても、商品の品質を考えた際に酸化を考えればぞっとする。そして、臭くて飲めたものではない。なるべく、勿論アレルギーも少ないほうが良いし製品もきっちり管理されている商品をチームは選ぶ。

 

私たちの大半以上が、植物性の酵素。そしてホメオパイックと言われる、もっとも大切な質と製造法。そして細菌の素材になる動物にはホルモン剤を投与されブクブク太らされるブタとか牛とか、そういったものが素材になる酵素は安全性が低い。

 

Wウェルネスは、質と安全を求めますので、上記の酵素はブランドで売れていても扱っていません。また、酵素には質の上下が大変激しいので、市販を買って、うまくパッケージされていてもおそらく効能はムリとかんがえるべき。特に炎症、免疫、消化の3台には、本当に良質でないと、使っても30日要であれば、1ヶ月ムダ。60個いりであれば、2ヶ月ムダで、お金をドブに捨てるようなことはしたくない。

 

酵素を炎症に使う場合 骨折、脱臼、靭帯損傷、腰痛

 

骨折や打球や靭帯損傷には、勿論素晴らしい外科医の処置やオペが必要になりますが、手術後には、スピーディーに完治をサポートしたいなら、この酵素が絶対大事になる。

 

1.手術後および外傷後の炎症サポート

2.消化酵素は、慢性副鼻腔炎、膀胱炎の消炎炎症を抑える 

3.慢性気管支炎、肺結核、気管支喘息サポート

4.感染症に対して抗菌薬と併用して抑制サポート

5.炎症サポートの酵素種類は、ブロメライン、パペイン

6.痛みをサポート、腫れを抑える

7.血栓の形成と促進

8.炎症の悪化されている組織を保護

 

「炎症」は、すでに起きていて、体の組織を痛めるものはすべて炎症を引き起こします。がんもこの炎症が沢山ある。こういった状態に酵素は、改善、筋肉、炎症サポートに非常に有効的な研究も出ている。タンパク質分解酵素は、炎症の悪いものを排出する働きもあり、改善をサポートする素晴らしい酵素を知って使い方も知ってみる。

 

セラピューティックに使う場合 酵素の量は微量から上げていく

 

空腹で酵素を摂取 直接に血流に入る 

   

   食前の2時間前に摂取する

量を増やして、薬理サポート しかし!常識を超えない!

 

サプリは、安全に摂取をすることが大事。この量とは、1ボトル摂取しなさいとかそういうことではない。量を急激にバカみたいな摂取法はしない。コーモンセンスという常識の判断で行なうことが大事。

 

 

例えば、外科で手術をした膝の靭帯を損傷や捻挫とかいう場合。術後直後や炎症、打撲などある場合には、ブロメラインサプリメントが、メインになる酵素をアメリカのプロアスリートは絶対に欠かせない。アミノ酸(酵素)を空腹時にセラピューティックと言われる使い方でアミノ酸を使う。

 

***酵素の役割がある*** → それぞれのアミノ酸(酵素)の不足や補いに上手く使うことが大切

 

酵素を免疫低下のサポートに使う場合

     

アミノ酸の使い方とは、セラピューテック的に使う。この場合、食前の2時間前に空腹時にアミノ酸(酵素)を摂取すると。この場合は、酵素を摂取直接、血流に流れる浸透される。消化が必要や日ごろの健康に役立てたいのであれば、食事前の15分とか食間、そして食後と分けて摂取してみることも1つの接種法。

 

がんに使うペプチド・セラピューティック酵素

 

まずは、アルカリ性の体へ持っていくことが大切。がんのサポートは、この頁から。

 

 

ペプチドについて

 

 

酵素を炎症や手術後に使う場合

 

上記に3台酵素の、アミラーゼ、 プロテアーゼ、リパーゼの3つが大変大切であり、質の良い乳酸菌のバランスが必用。自分の食事をした際に、皿を見て、書き出して、自分の胃腸さんが、何を消化されていないのか?何に愛称が合わないのか知ってみることも大事。

 

だいたい、消化不良は、15分から30分食後に起きる。もたれ、ゲップ、胃の膨張、ゲリ。しかし放置せずに即、クスリに走らずに、いつ胃が痛くなり始めるのか、消化不良には何が原因かを知る。

 

例の1つは、天ぷらを食べたときか?肉を食べたときか、ご飯か?1週間観測してわからないようであれば、食事を別にする。ドンブリの食事は、最悪である。というのは、手っ取り早いが、消化のミニなれば、混ざったものを次から次から消化させるのに、余分な力が掛かる。肉であれば、まず肉だけ。あるいは、コンプレックス野菜の、野菜も炭水化物になるが、ご飯の家族と違う。そして、最終に茶漬けでも、食後15分ぐらいすれば、胃がもたれる。これは、たんぱく質で、プロテアーズ Proteaseが必用と見られる。

 

 

 

 

 

 

良質酵素を使う

すい臓酵素、パンクリアティン

「すい臓は、インスリン、ホルモン、消化の王様です。酵素がないと人間生きていけない大切なサプリメンとの1つです。この消化酵素は、主にパンクリアティンと言って膵液、すい臓をサポートします。年齢と共にホルモンも低下します。すいぞうの働きを元気にすることは、肝臓を元気にすることと同じぐらい健康維持には、大事。

消化サポートやセラピサポートでこの酵素は、免疫を上げる場合にも使われる酵素です。酵素セラピとは、空腹時期に使います。Dr.ケリーのプロトコールは、1911年のDr.ベアードが開発した膵臓がんの治療にも使われた1つでバトンタッチされて現代も使われている酵素セラピの典型型。

酵素には、沢山ありますが、良質、防腐剤など一切なしです。酵素の成分も非常に優れています。日ごろの栄養補充にお使いください。

 

野菜、植物性成分のみ消化酵素

アルカリ性を好む、野菜から生まれた酵素。植物性酵素で一切の添加物なし。素晴らしい、全体の野菜出身の消化酵素です。質の良い酵素は、セラピューティックと言われ、痛みや炎症に関しては、1日に3−4回、空腹で使う使い方と食事のサポートで消化サポートの2通りで使われます。

炎症、外傷、免疫を求める場合は、免疫酵素をお薦めします。消化サポートで使う酵素は、1つを食前30前あるいは、食後に1つを摂取という取り方がある。一切のフィラーもなし、素晴らしい商品です。

 

子供の消化酵素 野菜酵素

子供たちの消化は、大変大切です。この消化酵素は、一切の添加物無し、合成無し、素晴らしい良質な酵素です。素材は、管理された野菜、植物から作られています。子供に飲みやすいように、少々フィズという炭酸が軽くきく、飲みやすく、ジュースに入れて飲めて子供が嫌がることのない、カプセルではありません。

子供たちが食べるものになるとアメリカの予防医学のリーダーが言います。本当に大切な食事です。環境が変化しているからこそ、しっかりと栄養ある地元や有機野菜で真の栄養素を身に着けてあげてください。

 

Wウェルネスの消化酵素No.1

Wウェルネスで一番人気ある、ドクターズグレードの全般なる消化酵素です。パンクリアティンも豊富です。1カプセルに純粋なパンクレアチンを500mg含みます。そして、他の消化サポート酵素としては、アミラーゼを 125,000のNFユニット、プロテアーゼを 115,000 NFのユニット、 リパーゼを20,000のNFユニットを配合します。

 

リペーズは、油脂、脂肪酵素

脂肪分解をサポートする酵素です。植物性酵素100% 一切の添加物、フィラーなど入っていません。この酵素は、脂肪分解酵素、LPSは肉やほかの食品の脂分、脂肪の消化や代謝などをサポートしてくれます。製造会社のコメントは、心臓血管系の健康の維持にお勧めするということです。


ラクト−ス酵素

ラクトース、乳糖サポートの消化酵素です。 植物性で一切、添加物は入っておりません。乳製品の糖、 LCS乳糖を含む食品が消化困難の場合に、ラクテーズをベースに他の消化酵素を含んでいます。8つの酵素と高ラクテーズを含んでいます。

 

適応:ラクトースの下痢、胃の膨張、クランプス、ガス、下痢など乳製品とラクトースから受ける障害のサポートです。 胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

グルテン、カゼインの酵素

Gluten あるいは、Caseinをサポートする酵素です。植物性酵素100% 一切の添加物、フィラーなど入っていません。この酵素は、グルテン、カゼイン(牛乳やチーズ)のサポート酵素です。 セリアック症候群のサポートには、この酵素が最適です。GCF酵素は、一切の添加物無し。植物性から出来た酵素です。プロテアーゼとの配合で、グルテンやカゼイン不耐症で苦しんでいる消化不良をサポートします。

 

特に自閉症のお子さんには、この胃腸消化の不良が多く見られています。アレルギーがある食事は避ける。そして、グルテン、白いパン、白いごはん、白いクッキーは避ける。免疫を低下させる余分な消化エネルギーが掛かるということです。消化サポートと強力乳酸菌で腸をサポートしましょう。

 

 

子供消化酵素100%植物性酵素

子供たちの消化は、大変大切です。この消化酵素は、一切の添加物無し、合成無し、素晴らしい良質な酵素です。素材は、管理された野菜、植物から作られています。子供に飲みやすいように、少々フィズという炭酸が軽くきく、飲みやすく、ジュースに入れて飲めて子供が嫌がることのない、カプセルではありません。

子供たちが食べるものになるとアメリカの予防医学のリーダーが言います。本当に大切な食事です。環境が変化しているからこそ、しっかりと栄養ある地元や有機野菜で真の栄養素を身に着けてあげてください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

野菜、植物性成分のみ消化酵素

アルカリ性を好む、野菜からd啓太酵素。植物性酵素で一切の添加物なし。素晴らしい、全体の野菜出身の消化酵素です。質の良い酵素は、セラピューティックと言われ、痛みや炎症に関しては、1日に3−4回、空腹で使う使い方と食事のサポートで消化サポートの2通りで使われる。炎症、外傷、免疫を求める場合は、免疫酵素をお薦めします。消化サポートで使う酵素は、1つを食前30前あるいは、食後に1つを摂取という取り方がある。一切のフィラーもなし、素晴らしい商品です。

 

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

アミノ酸効能と選び方






女性サプリメント 免疫サプリメント ホルモン検査 ハーブとハーブティー コロンデトックス
アスリートのサプリメント l 胃腸消化サプリメント酵素の効能 l オメガ3良質EPA&DHAがんサプリメントサポート