女性ホルモンを知る。自然ホルモン治療で健康を維持

女性ホルモンの低下と老化の関係

 

ウェルネスチームは、この困難と言われる女性ホルモン(男性のアンドロポーズや、うつなども含)のエリアを非常に重大な力を7年間アメリカのホルモン名医、名栄養士、ハーバリストなどとこのエリアを徹底してまいりました。日本ではここまでの情報を医師であっても現在シェアできる人はいないと信じております。ホルモン学会に参加して、ホルモンの名医と研修させて頂き、ホルモンに関しての栄養学、ストレスとホルモンの関与、アドレナルの重要性、甲状腺と女性のコネクションなどあらゆる角度から現在も研修をさせていただいています。真剣に女性ホルモンを徹底して研修してきたチームです。その準備がやっと出来て、こうやって皆さんへ学習できるサイトをお持ちすることが可能になりました。

クライアントには、日本の頑張っているD医師もお世話させて頂いたいるチームです。アメリカは、ヨーロッパと並び世界でもトップを行くホルモンの名医が揃います。日本女性の長寿国では有名。しかし寝たきりの長寿ではなくいかに上手く健康を維持してウェルネスを保てるかが綿h氏たちの願うところです。

女性ホルモンの低下と世界汚染の関係

世界の環境汚染が始まり凄い勢いで、生活と栄養素が変化されています。すでに若年性更年期障害も増えたり、年々こういった更年期障害の疾患がひどくなりつつあります。卵巣疾患、子宮筋腫、エストロゲンドミナンス、不妊、生理痛、早閉経などホルモンの乱れで疾患が多くなっています。女児は、7歳で月経になり始め、月経平均33年の計算をしても40才で閉経になればそれだけ成人病のリスクは勿論大きくなります。このサイトでは、女性の母、祖母だけの健康ではなく、貴女の大事なお子さん(女児)が今後生きていくにあたり大事な学習をここで習え、これからの健康維持に生かせ頂きたい。

女性ホルモンの低下は、30歳〜35歳で始まっている

40才を過ぎれば、沢山のアメリカ女性がうつを持っているといわれるぐらい、女性のうつがこの時期に増えます。

女性ホルモンの低下とうつ、アルツハイマー

女性の大事なエストラジオールが減少するとセラトニンが減り、セラトニンとは、ハッピーにさせるホルモンのことです。こういったホルモン低下は、目に見えない。その為に低下をドンドン放置してしまい、気が付けば閉経になって、疾患が始まってすでに10年、その10年後に閉経になって初めて医師にいくというパターンが今までの日本女性の姿でした。しかし今では、その放置が危険であり、アルツハイマーの予防とは、この女性ホルモンのエストロゲンが低下していく、この低下を見逃さないで自然ホルモンで補充をしていけば、アルツハイマーの予防ができるとまで言われています。逆に言えば、アルツハイマーのあの網型の脳を作れば現代、治療は不可能といわれています。組織をズラス薬はあっても完治できないといわれています。

女性ホルモンの低下は自然ホルモンで治療が可能

自然ホルモンの治療とは、バイオアインデンティカルホルモン治療と言う自然のホルモン治療で、アメリカではすでに40%、オーストラリアでは50%以上の女性が40才を過ぎればこういったホルモン治療で成人病、メタボなどをサポートしております。

女性ホルモンの低下が美人脱出になる 

私たちの女性ホルモンには、女性が女性としての健康を保つ上で非常に重要な役割を果たします。アルツハイマーの68%は、女性に起きます。最新のアメリカの情報とは、アルツハイマーは、女性が女性ホルモンの低下を放置しなければ予防できるというっことが研究に挙がっています。私たちの女性には、体内で様々なホルモンが分泌されており、それらが相互に働きあうことにより、初めて心と身体のバランスを健康的に保っていると言えます。女性ホルモンをここで知って、主なホルモンの種類とその働きを学んでください。

女性ホルモンと疾患の関係

まず、ここでは女性ホルモンを知ります。そして女性ホルモン治療を知り、更年期障害、プチ更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症、PCOS、生理痛、PMSなどを自然ホルモンで治療ができることも知ります。

女性ホルモンの低下と脳(記憶)の低下

 

女性ホルモンを徹底して知る

 

  

女性ホルモンの役割を知ってみよう

 

成長ホルモン  脳下垂体から分泌
エストロゲン 卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつ
プロゲストロン 副腎と卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつ
テストステロン 卵巣、副腎皮質、 精巣で分泌される男性ホルモンのひとつ
メラトニンとは 松果体から分泌される
DHEAとは 副腎皮質から分泌されるホルモンの源

 

 

これらのホルモンのレベルとは、10〜20代でピークに達し、30歳を過ぎたころ(抗加齢の医師の中には早い人は、25歳でホルモンの低下が見られるとのこと)から低下し始めます。成長ホルモンなどの分泌が減少、性ホルモンの低や不足は、次のような種々です。働きと不足を知ってみましょう。

 

更年期障害については、この章で学びましょう

女性ホルモンの働きを知る

 

人間の加齢とともにホルモンの分泌量は減っていく

 

女性の一番大事なエストロゲン


女性ホルモンの代表選手。 卵巣から分泌される、大事な大事な女性ホルモンのの1つ。

検査の種類は、E1,E2,E3

 

エストロゲンの働き

 

肌、脳、神経、骨、睡眠、感情、排卵、お乳を大きくするなどを支配

 

ジノエストロゲンを知る →これこそが、最も危険な現代、偽装で環境ホルモンが体内へ入り込む

 

子宮筋腫、卵巣低下、子宮内膜症、更年期を早め乳癌のリスクを上げる環境エストロゲンホルモンの危険を今日、知りもし乳癌などを持っていればこういった化学製品を生活から破棄してなるべく、最善を尽くしナチュラルで生きたい・・・


エストロゲンの不足、アンバランス?


乳がん、アルツハイマー、子宮がんなど発症するリスクが増加する。PMS,月経障害、動悸、めまい、不眠、睡眠不安定、記憶、動脈硬化、骨祖しょう、うつ、イライラ、関節痛、ほてり、温度調節

 

プロゲステロン

 

 

プロゲステロンの働き

 

乳癌防止、エネルギーのバランス、骨祖しょう、睡眠障害の緩和、リビドの改善

 

プロゲステロンの不足

 

乳癌発症リスク増加する

 

 

フリーテストステロン(遊離性テストステロン)



卵巣、副腎皮質、精巣で分泌される男性ホルモンのひとつ

 

フリーテストステロンの働き


筋肉をつけてくれる、ひげ、毛、エネルギー増加、皮膚や骨の形成、リビド改善と促進、頻尿が起きるのは、このテステステロンの男性泌尿器と関連がある、前立腺の調整、生殖器の育成

 

フリーテストステロンの不足

 

ED、男性機能の低下 (筋肉やエネルギー)、意欲低下、うつ症状、集中力の低減

 

 

甲状腺の働き

 

温度調整、エネルギー、倦怠感防止、代謝に影響するホルモン。35歳を過ぎると低下。

 

甲状腺の不足


倦怠感、疲労感、免疫力低下、偏頭痛、感情不安定、食欲不振、筋肉低減

 

 

成長ホルモンHGH,(IGF−1)

 

脳下垂体から分泌される

 

成長ホルモンHGH,(IGF−1)の働き

 

皮膚、骨、身長など伸ばす。コレステロール代謝のバランス、肌のハリなどを促進、免疫力じょうぞう上強化、心肺機能強化、記憶力の強化

 


成長ホルモンHGH,(IGF−1)の不足

 

エネルギー減退、ED, 体脂肪の増加、筋肉減退、骨密度減少、傷痕が長く残る、キズの治りが遅い、免疫低下、感染症に掛かりやすい、筋力、運動能力低下、記憶力低下、シワ、皮膚のしわが増加

 

 

DHEA

 

男性ホルモンと女性ホルモンなど50種類を超えるホルモンの源。 副腎皮質から分泌される

 

DHEAの働き


免疫力を上昇、心筋梗塞予防。骨粗しょう症防止、血中コレステロール値の低下、肝機能改善、血糖値をバランスとる、コルチゾールの働きを弱める。*DHEAの摂取は、気をつけること。摂取前に
DHEAホルモン検査でチェックする。アメリカA4Mの認定医師に診てもらう。あるいはレベル同等の経験者。

 

DHEAの不足

 

がんの発症率リスク上昇、筋肉、骨、関節の衰え、リビド機能低下、ED, 骨粗しょう症、神経機能低下、動脈硬化、冠動脈疾患のリスク上昇。体重増加

 

 

メラトニン

 

松果体から分泌されるス民をバランス、抗酸化の大切なホルモン

 

メラトニンの働き

 

睡眠とリズムに関与する大切なホルモン。素晴らしい臨床が出ている、抗酸化作用、活性酸素から予防。免疫力を向上。


メラトニンの不足

 

不眠、睡眠障害、免疫力低下、コレステロール代謝不安定。脳にある松果体から分泌されるホルモン。 睡眠のサイクルを制御する。 筋肉痛や自閉症の治療に役立つ。 また、強力な抗酸化作用がある。

 

バイオアイデンティカルホルモン補充

バイオアイデンティカルホルモン補充とは、ナチュラルホルモン或いは天然のホルモンは人体のホルモンと同じ生理作用をもたらす画期的なホルモンです。昔に使われたピルや合成ホルモンとは違い、人体には危険、副作用も時にはあった馬の化学物質からのホルモンとは異なり、このバイオアイデンティカルホルモン補充療法は副作用が非常に少ないことでいまはアメリカのホルモン治療のトレンドです。いま未だ、合成ピルや低量ピルを勧める医者は避けるべきです。

そしてこのバイオアイデンティカルホルモンだけを補充することだけではなく、総合的な身体のバランスを確認できる医師に治療してもらいましょう。

 

"Bioidentical" is used because these hormones are chemically synthesized to be identical to the naturally occurring hormones of the human body. Bioidentical Hormones are usually made from the components of plants and are custom mixed formulas containing various hormones that are chemically identical to those naturally made by your body.

Bioidentical Hormone Therapy" is The term “Bioidentical Hormones” usually refers to estrogen and progesterone that are chemically identical to what your body produces.

 

卵巣機能低下

 

卵巣低下の発症で、うつの症状、不安定な感情、精神的バランスやこういった障害を持ってくるだけではなく、この卵巣がストップするば、更年期障害が起きること。その更年期障害とは、関節の痛み、セックスの痛み、利美度低下、記憶低下、うつ、ほてり、倦怠感、不妊どころか、無排卵を起こすことにもなるのです。だから、ストレス管理を行って見えないホルモンのバランスを保ってください。これが、本来の女性の美につながる。ヘルシー精神にも、ヘルシーボディーにもつながるのです。

日本で、急激に若い人に急激に増えている若年性更年期障害。30歳でもこういった経験をする可能性が十分にあります。若年性更年期障害は予防できる。絶対に避けてほしいストレスと体を無視して、いたわりのない生活。閉経が40歳で来て、放置しておくと免疫低下だけではなく、成人病になる(乳がん、心筋梗塞など)可能性の率が増える。是非、予防してほしい。

 

卵巣機能が早期に低下する病態で、早期卵巣不全は、この卵巣機能低下と改善のついてのページで勉強しましょう。

 

更年期障害の例

 

は、上記をクリックして勉強しましょう。

 

 

女性ホルモン

女性の脳&神経サポート役オメガ3

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。ドクターズサプリメント


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康