ホルモン検査でホルモンバランスをする

 

←をクリック

 

不妊症?ほてり?

絶対にエストロゲンドミナンス(優位性)を見逃さない!

 

* 乳がん、子宮筋腫、子宮がん、前立腺がん
* うつ、バイポーラ、不安、気分のアップダウン、イライラ
* 不眠、疲労、倦怠感が抜けない、利美度低下
* 副腎皮質の叩きすぎ、甲状腺機能障害手足の冷え
* 生理不順やPMS
* 不妊、多嚢胞性卵胞
* 喘息、アレルギー、湿疹、肌あれ、鼻炎
* おなか周りに肉がつく、体重増加
* 高血圧
* ほてり、骨粗鬆症
* 自己免疫疾患

 

どんなホルモンチェックが出来るのか?

     

  • 唾液検査: 女性ホルモン 
    エストロゲン、プロゲステロン、テステステロンは、唾液検査
  • 、尿検査でレベルを計れます。

  • アドレナル検査: 24時間のリズムを測定(副腎皮質ホルモン)
    唾液検査でこのアドレナルコーチゾルのリズムを知る。アドレナルは、リズムが必要

  • 尿検査

  • 副腎皮質 コーチゾルの24時間リズム検査の測定、メタルや重金属 水銀、鉛、アルミニウムなどの比重率、毒性物など計れます。

  • 毛検査
  •  
    メタル、ニュウロトランズミッター、脳の化学物質の割合や総合性を知ることが可能。

  • 血液ブラッドスポット検査
    ブラッドスポットと言って、指から1,2滴落として計れるホルモンは、ビタミンD、甲状腺、DHEA、コーチゾルなど

  • スツール・便検査
  •  
    喉から胃、腸の動き、善玉と悪玉の動き、乳酸菌の動き ビタミン、ミネラルの配合バランス、何が欠陥で何が過多とか

上記にはレベルを測定、リズムを測定できるものまで多種あります。毛は毒素、便はガットと言われるのどから肛門までの腸が持っている悪玉、善玉の様子を調べられるテストなどからニューロトランズミッターと言って、脳の化学物質(鬱の検査に罰愚なテスト)まであります。

ホルモンの値を測定。女性ホルモン、甲状腺(甲状腺ホルモン(T3、T4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)をだけではなく、FREE  T3,FREE T4を必ずチェックする、コーチゾル、黄体化ホルモン通常、LHと言います。卵胞刺激ホルモン(FSH)エストリダイルのE2(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)、成長ホルモン(GH)などを調べる血液と唾液、尿検査などの検査のことです。

ホルモンの働きを知る

人間の加齢とともにホルモンの分泌量は減っていく

 

副腎皮質ホルモンって?


副腎皮質ホルモンは、コレステロールから作られる。

 

副腎皮質を勉強しよう!

 

エストロゲンって?


女性ホルモンの代表選手。 卵巣から分泌される、大事な大事な女性ホルモンのの1つ。

 

エストロゲンの働き

 

エストロゲンの不足、アンバランス?

乳がん、アルツハイマー、子宮がんなど発症するリスクが増加する。PMS,月経障害、動悸、めまい、不眠、睡眠不安定、記憶、動脈硬化、骨祖しょう、うつ、イライラ、関節痛、ほてり、温度調節

 

プロゲステロンって?

 

プロゲステロンの働き

乳癌防止、エネルギーのバランス、骨祖しょう、睡眠障害の緩和、リビドの改善

 

プロゲステロンの不足

乳癌発症リスク増加する

 

フリーテストステロンって?


卵巣、副腎皮質、精巣で分泌される男性ホルモンのひとつ

フリーテストステロンの働き


筋肉をつけてくれる、ひげ、毛、エネルギー増加、皮膚や骨の形成、リビド改善と促進、頻尿が起きるのは、このテステステロンの男性泌尿器と関連がある、前立腺の調整、生殖器の育成

フリーテストステロンの不足

ED、男性機能の低下、意欲低下、うつ症状、集中力の低減

 

甲状腺の働き

温度調整、エネルギー、倦怠感防止、代謝に影響するホルモン。35歳を過ぎると低下。

 

甲状腺の不足


倦怠感、疲労感、免疫力低下、偏頭痛、感情不安定、食欲不振、筋肉低減

 

成長ホルモンHGH,(IGF−1)

脳下垂体から分泌

 

成長ホルモンHGH,(IGF−1)の働き

皮膚、骨、身長など伸ばす。コレステロール代謝のバランス、肌のハリなどを促進、免疫力じょうぞう上強化、心肺機能強化、記憶力の強化


成長ホルモンHGH,(IGF−1)の不足

エネルギー減退、ED, 体脂肪の増加、筋肉減退、骨密度減少、傷痕が長く残る、キズの治りが遅い、免疫低下、感染症に掛かりやすい、運動能力低下、記憶力低下、シワが増加

 

DHEA

男性ホルモンと女性ホルモンなど50種類を超えるホルモンの源。 副腎皮質から分泌される

 

DHEAの働き

免疫力を上昇、心筋梗塞予防。骨粗しょう症防止、血中コレステロール値の低下、肝機能改善、血糖値をバランスとる、コルチゾールの働きを弱める。*DHEAの摂取は、気をつけること。アメリカA4Mの認定医師に診てもらう。あるいはレベル同等の経験者。

DHEAの不足

癌の発症率リスク上昇、筋肉、骨、関節の衰え、リビド機能低下、ED, 骨粗しょう症、神経機能低下、動脈硬化、冠動脈疾患のリスク上昇。体重増加

 

メラトニン

松果体から分泌されるス民をバランス、抗酸化の大切なホルモン

 

メラトニンの働き

睡眠とリズムに関与する大切なホルモン。素晴らしい臨床が出ている、抗酸化作用、活性酸素から予防。免疫力を向上。


メラトニンの不足

不眠、睡眠障害、免疫力低下、コレステロール代謝不安定

通常の結果は、こんな感じです

FSHが高い10mlU/ml以上 卵巣機能の低下 20mlU/ml以上は、不妊要素の1つになってしまします。

LH FSHAが低下 脳下垂体 ピチュリタリーの卵巣と大事な関係のある機能が低下。或いは、視床下部に問題があるかを想定。

FSHは、OK、LHが高い場合 無排卵や排卵障害の要因。多嚢胞性卵巣PCOSの可能性あり。 こういった場合は、即ウルトラサウンドをしましょう!

プロラクチンが高い 無排卵、無月経、黄体機能不全を引き起こす要因がるので、値が異常に高いときは、 MRIで即脳下垂体に腫瘍がないか調べましょう。

甲状腺ホルモン値の異常

通常のそのあたりにいる医師は、きっと総合の甲状腺だけのチェックで終わってるはずです。そうであれば、医師を変える。T3,T4のFREEもチェックすることが大事。甲状腺は、沢山の要因が考えられます。甲状腺は特にセックスホルモンをコントロールする大事な活躍をするホルモンです。少なくても多くても排卵障害や色んな障害が考えられます。チェックすることが大事。急な体重増加、減少、声が枯れる、疲れ、月経過多、減少などいろんなルーツが考えられる大事なホルモンの1つです。

コーチゾルをチェックする 副腎皮質ホルモンとは、ストレスホルモンの大事な大事なホルモンです! 副腎髄質ホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリンがあります)。 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)とは、脳下垂体から分泌されて副腎皮質ホルモンの分泌を刺激する大事なホルモンのことです。このホルモンは、アミノ酸で構造されるポリペプタイドです。コルチゾールなどの糖質コルチコイドを含むすべての副腎皮質ホルモンの分泌を促進しています。

このリズムは、唾液検査、尿検査から行われます。

疑われる疾患

鬱、アドレナルファティーグ、クッシング症候群、ストレス、うつ病、神経性食欲不振症 低値 アディソン病、下垂体性副腎皮質ディスファンクションなど 副腎皮質が破壊され、副腎皮質ホルモンの分泌が低下してしまうアジソン病以外には、免疫低下、結核菌、HIVの感染、がんの転移による場合もありますのでチェックしましょう。

コーチゾルにはリズムがある。まるでお日様が上がってくる、朝の上昇リズムから、日程リズムがあります。朝、貴方がティーやコーヒーを飲み朝食をとった少しあとあたりから徐々に減少、昼ごはんの後にちょっと上昇、また夕食ごろに低下して、寝る前には最少のリズムとなります。

十分睡眠をとれる場合は、分泌も増加可能。しかし日本で多い、アトピーを持っている患者さんなどはかゆみがあるので寝られないとか、途中で起きたりするとこのコーチゾルが、正常に分泌されないことも多いということです。

ニューヨークへ旅行するときは、アドレナリンががんがん利きコーチゾルを作りすぎという場合もあります。スポーツをやりすぎも同じ、コーチゾルを使いすぎた。あるいは受験勉強や学校のテストで深夜まで起きたり、夜勤、TVゲームに夢中になったり生活が不規則で行われるとこのコーチゾルのリズムが狂うということもあります。

こういったアドレナルがやられてコーチゾルがストレスや疲れなどで爆破した状態で疲れ、疲れた毎日、起きているのも大変、こういった症状をアドレナル・ファティーグと言います。

日本では稀な言い方です。アドレナリンラッシュとと言われることもあり。 コーチゾルは、大事な大事な、ホルモン。これこそホルモンの神と言えるぐらい、大事なメインのホルモン。私は、このアドレナルを爆破した一人です。

まず、日本はガン治療や外科の医師の腕は世界並みトップをリードすると言われています。しかしこのホルモンに関しては、アメリカより20年ほどの遅れがあるという現実的な問題を抱えています。

なぜ今まだ、合成ホルモンを使って、低量ピルが良いなどと患者さんへ訴えているのでしょうか?このサイトのオーナーは、どうしても必要な限り意外、合成ホルモンは恐ろしいと考えます。

日本の医師の大半はこの天然ホルモン、バイオアイデンティカルホルモンの存在を知らないことが現実。

この多くの医師とは、一般にこの薬が良いですよ、あの薬が鬱に効きますと販売に来る製薬会社の情報を頼りにこういった薬という知識を持っています。天然ホルモンのことなど制約会社は販売しません。

エッツ、なぜ?と疑問を持つべきです。なぜなら製薬会社は、薬品。薬の特許が取得できて初めて儲けに繋がるのです。抗がん剤ほど高い治療費用、高価な医薬品はありません。こういった西洋医学の薬が効くということに関して、このサイトのオーナーは誰よりも利くことを知っております。自身が死に掛けた際に薬が合って命助かりました。どうしても必要な時に飲む。こしかし副作用が多いことが合成のこの薬。鬱剤を飲み続け3ヶ月、胃潰瘍になり、便秘になる、便秘で今度は、痔になる。次から次から増える薬です。寝れないので睡眠薬を飲む。

副作用は、例えば睡眠薬を前夜に飲み、その薬の所為で目覚めが悪くなる。或いは、起きれない、動けない、その為に目を覚ますアンフェタミンを飲むというパターンが多いことなどです。

製薬会社がこの自然ホルモン、バイオアイデンティカルホルモンを医師に勧めることが不可能ということは利益に繋がらないので、 一般の医師さんはこういった自然に受けられるナチュラルホルモンで副作用の少ないバイオアイデンティカルホルモンの情報などもらって治療する機会すらないのです。これが日本の悲しい医学でも遅れた現状で御座います。

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康