自然ホルモン、「バイオアイデンティカルホルモン」を知る

 

 

なるべく、自然ホルモンクリームで過ごしたい
(バイオアイデンティカルホルモン補充を知る)

自然ホルモンとは、合成ホルモンとは違い副作用も少ないことでアメリカのホルモン治療では大流行です。日本でこの手の自然ホルモン治療ができる医師も増えています。アンチエイジグだからと言って、即、乗らない。医師がいったいどんな治療を行っているのか、知ってみる。Wウェルネスは、アメリカで医師と綿密に研究、アンチエイジングを研究している名医からアドバイスをもらっています。その為に、日本の医師もお薦めできます。

女性ホルモンは、100人いれば、100通り。この法則を知る

100人の更年期障害をもった、PMSを持った女性がここにいれば、100通りの分析になる。例え10000人入ても、10000人のホルモン投与やスピードなどがあることを先ず知ってみる。個人、個人のホルモン分泌物、分泌スピード、代謝量、全てが環境でこの自然ホルモンの量、ドースといいます、このドーシングの量が異なること。この自然ホルモンとは、アメリカの抗加齢Drが、「科学ではなく、アートであって、芸術の世界」と答える。正しくこの意味がある。

自然ホルモン治療は、「科学ではなく、芸術」と言う
・・・
アメリカ抗加齢の医師

この芸術、アート的という意味は、この研究を丸6年間も重ねて行ない、自分の疾病、ホルモン不安定、体の悪化からホルモン治療を行って、改善に向かってきた治療方法など、自然ホルモンとの付き合いで量、代謝、自分のホルモン量を経験で知ることが出来た。たとえ、Aさんが、10の量のクリームを受けて上手く元気になったとしても、Bさんは、5で十分、また塗り方、飲み方、代謝でも経名kがあるということ。

だから、医師は、かなり経験あるアメリカでこの自然、バイオアイデンティカルホルモンの経験を行っている医師がどうしても必要であるということです。100人いれば、バイオアイデンティカルホルモン補充とは、100通りの方法が出てくること。こんなスーパーDrが日本に生まれている。

医師とパートナーになるつもりで女性エリアの新たな医師を再選択する

もし貴女がすでに、合成ピルや合成ホルモン治療で、上手くいっているならこのまま上手くホルモン胃腸ができるかもしれない、しかし、危険性が出ているので十分、配慮しておくべき。この合成ホルモン治療にしても、バイオアイデンティカル・ホルモン治療にしても両方、ホルモン治療。あなたが選ぶ医師に、こういう治療がると聞いたが、どう思うか?研究してくれるか?と聞いてみてはどうか?もし拒否されるなら、これは転機が来たということで、この医師から卒業して、あなたを受け入れてくれる医師を自分の足で探しあてること。(Wウエルネスへ連絡ください。セコンドオピニオンの医師探しは、可能。)

自然ホルモン治療は、アメリカ研究、経験が絶対に必要

アメリカのA4Mと言って、抗加齢学会の認定する講習会がある。モジュールは10個。この認定がないと、おそらくこの自然ホルモンに経験がないと見て良いでしょう。A4Mのメンバーだけでは、ダメ。お金を払えば、メンバーにはなれる。A4M、ACAM,A4Mのボード認定所など、大変困難なテストです。このA4M,認定書が必要になってきます。

なぜA4Mが必要か?

このA4Mの認定、修了書があれば、自然ホルモン治療や代替治療の検査なども読めて、ホルモン、うつ、いろんな治療が可能であるということ。東京の一等地、六本木や銀座にクリニックがあるからと言って、上手くごまかされない。通常、A4Mのメンバーとは、日本にアンチエイジングの情報が余りにも不足で、アメリカからアドバイス出来る医師を顧問にして、検査やドースなど、バイオアイデンティカルホルモンの療法事態をアメリカの医師からアドバイスしてもらう。通常、1時間に5万ほど賭けてくることを考えれば、この指導も満足に行えない。そして間接的で直接的な診察ではないので、検査結果、治療、量も判らない、見落としなど、抜けることが多いので器をつけること。

医師のチェックを行う!

最近では、ネットでクリニックの経験や内容、サービアスなど見れる。貴女が選ぶ医師へ連絡して、アシスタントへ聞けば言い。「お宅様の医師は、アメリカの抗加齢の認定書を持っておられますか?」と電話で聞いてみる。「いいえ、A4Mのメンバーだけです。」といえば、さよでございますかと、切る、納得いくはず。(A4Mのメンバーだけはダメ。)

日本で医頑張っている医師が増えている!

日本の医師で何人か、アメリカへ直接渡米して、大変な試練でこのA4Mの認定書を取るために、苦労して、自費で参加、研究に力注いでいる意思がいる。認定書を取ろうとしている医師がいる。嬉しく感激するほど、患者さんを救いたいと希望ある医師である。渡米を重ねて、中には、若手の医師も頑張っている。こういった頑張っている医師を選んで欲しい。xxxそこの名門、医大を卒業しただけでは、不足。こういった研究をしっかりしている医師こそが、本当に貴女を助けようとしてくれている人間。ビジネスだけではない、いつもこういった姿勢を満っている人間こそが大事と思います。貴女がいく医師のチェックをする。

ホルモン検査、2.16ハイドロクシのエストロゲンの関連を知っているDrが必要

尿中検査から取れる、尿中のエストロゲンの代謝経路を分析する、メタボリックPathwayの、日本語で言えば、尿中2-ヒドロキシエストロゲン(善玉エストロゲン)、16-アルファヒドロキシエストロンの対比をしっかり確認できる医師が必要。この関連は、乳癌に結びつく相互関係があって、このPathwayを知るには、時間、検査の読み方など必要である。次項を読んで欲しい。

女性ホルモンは、3つある。E1は、乳がんと危険性あり??

エストロゲンホルモンには、エストロンをE1、エストラジオールをE2、エストリオールをE3と言います。この中でエストロンはメタボリック、代謝の過程で、2、4、16の尿中、2ハイドロクシレート、2-hydroxylated、 4-hydroxylated、16α-hydroxylatedの形に代謝されます。この水酸化代謝過程には肝臓、腎臓、胸部などの組織細胞が関与してきます。

最近の研究によって、これら3つのメタボリックパスWayで、2-hydroxylatedエストロンと16α-hydroxylatedエストロンが乳がんの危険性を予測するマーカーになると示唆されています。

2-hydroxylatedエストロンとは、エストロゲンでも誘発性がんを抑制する作用があることがわかっていること。現在、沢山の臨床が出ています。16α- hydroxylatedエストロンは、多くの実証研究中で乳がん患者では16α-hydroxylatedエストロンが高値になることが判明されちるということ。

アメリカの医師からアドバイスもらわないと治療や診断の検査も読めない段階。しかし、実際にWウエルネスは、アメリカの抗加齢学会にも出席して名医との交流が深いために日本の情報は、十分に手に入ります。値段が高いところにいかなくても良い。すばらしい医師が育っている、出来る医師を持つことが大事。

*こういった研究は、A4Mでは習うレッスン。A4M認定された出来る医師を選びましょう。もし合成ホルモンを薦められたら、自然ホルモンでいって診たいと自分の希望があればはっきり申し立てることが大事。

日本で医師が探せない?問題ありません。アメリカ渡米で本場の名医から診てもらう

クスリ代金も安し、サプリメントもプロ ホルモン療法のカジリDrにウン十万円かけるなら、渡米で安全に治療することをお勧めいたします。

 

アメリカへ直接きて、自費で支払っても約30万円で治療、薬代、ホテル代、渡米費用、診察費用を入れて治療が出るのが一般的です。アメリカの医師に診てもらうことが、このエリアでは一番安全で格安と考えます。日本での問題は、薬代。ネットで探せば、沢山の日本でカジリDrが出てくる。経験ありそうに書いていますが、実際には、1週間渡米したからと言って、日本人の好きで修了書を出してもらいいかにも出来るという感覚を消費者へ与えてる、おまけに、治療費用とは、銀座や六本木に構え50万円も簡単にでてしまう。

「天然ホルモン治療とは、そんな簡単なものではない」と言う。何十年をかけて、出来上がる独自の代替治療システム、100人いれば、ホルモンは、100通りに異なるといいます。、医が言うのです。バイオアイデンティカルホルモンのクスリは、アメリカ製で、日本にも輸入されていますが、1つのクリームをとっても1月にウン万円です。3つや4つあわせれば、ウン十万円になるということです。メトロにあるクリニックは、1ヶ月約5−6万円安くみても最低はこのぐらいは掛かるはず。x12=60万円。そして治療費用は、安くて30万-50万円が相場でしょう。そんなことを考えると、直接アメリカへ来て、ホルモンの名医に診てもらうほうがずっと安全+格安と考えます。

 

もっと続きを読む

美肌シリーズ

メディカルサプリメント

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード


アルツハイマー予防は30歳から

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下して放置しない。プチ更年期障害、卵巣低下機能などのエストロゲン低下は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然アプローチで管理をする。          


毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン、  がん検査CA125は必須

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康